ここから本文です

交通事故による後遺症害診断書を書いてもらうにあたって注意すること、 過去の失...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

amu0724amuさん

2011/2/2612:48:35

交通事故による後遺症害診断書を書いてもらうにあたって注意すること、
過去の失敗など、ご存知の方切実にお願いいたします。

昨年の7月に交通事故にあいました。
(こちら被害者は原付、相手加害者は自動車)
(過失はこちらに15%の過失があるとされています)

※通院のみですがちょうど100日くらい通っております。

・・・・・・

病院(整形外科)の先生は友好的な感じで、
不安で通院している気持を察してもらえていると
断言は出来ませんが、そんな雰囲気です。

しかし、病院の先生も保険会社の方も
交通事故による患者が完治するまで保険会社が
治療費などをずっと面倒見ることは出来ず
ある一定の期間の経過、症状の治療経過が改善されなく
なったりした場合、以後は後遺症による賠償金を
受け取ることによって通院費などは実費という話を
聞いております。

※現在の症状ですが、左肩が上がらず
首周辺はムチ打ち?(捻挫?)と言われるのか
分かりませんが残っております。

先日、診断書を書いてもらおうと以前から保険会社から
送られてきていた診断書を初めて見ました。

※そこで気になったことが2点あり、質問の内容になるのですが

①添付書類に医師に診断書を書いてもらっても
後遺症の認定を受けれない場合があると書かれていたこと

②診断書の最後の欄に
「障害内容の増悪・緩解の見通しなど記入してください」と
医師が記入する欄があったこと。

※指がなくなっているなど、今後変わらない症状ではなく
もしかしたら3ヵ月後、半年後完治しているかもしれない・・・
しかし現状は肩を痛め、腕を90度も上げれず第10級の10に
該当するようですが、事故から一定期間経過し、保険会社からの
打ち切りのような形で現在書いてもらう診断書に、医師は
「今後数ヵ月後には良くなっているかもしれないが現在はこう」と、
②の欄に書いてしまったり、認定受けるにあたり診断書の文言など
重要な気もしたり、書いてもらって保険会社に提出してから
失敗や後悔は今後のこと考えると不安で仕方がなく、
症状を公平に見ていただくわけですが、その他何か
書いてもらうにあたり気をつけることなどあればと
質問をさせていただきました。ご存知の方、
ご経験の方宜しくお願いいたします。

補足ムチ打ちと言われる症状は首だけです。

肩に関しては脱臼しており、今は何もしていなければ
痛みはなくなりました。

首と肩はMRIを撮って、肩に関しては見て原因が分かるそうですが
「それがおそらく原因でしょう」と医師は言っており、

※骨折、骨の異常は無し、筋が痛めている所見があるとのことです。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
20,533
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kzy131さん

編集あり2011/2/2616:39:19

<後遺障害診断書を書いてもらうときの注意点>
「~の痛みが原因で・・・できない」という書き方が有効(日常生活や仕事に影響を及ぼしていることを訴えること)
頚椎捻挫よりも “可動域制限” の方が数値的に認定されやすく、可動域が健常側と角度を比較して“数字”であらわします。4分の3以下で、“障害”2分の1以下で、“著しい障害” とされる。
可動範囲を検査する際は、健常者の平均値と比べる場合と、自分の健康な方の機能と比べる場合の2通りある。
「予後所見欄」への記入も重要です
「緩解の見通しはない」とか「上記の症状を残し症状固定とする」などと記載されているのが理想的であり、障害が将来、増悪する可能性のある場合には、将来の再評価の必要性についても必ず記載してもらう。
将来の治療費に関しては原則として認められませんが、症状固定時の身体状態を維持し、症状の悪化を防ぐために、治療の必要性があれば、書いてもらえるかもしれません。

自覚症状のみで他覚的所見がないからといってむち打ち症による後遺障害の認定ができないわけではない。一定の症状があり、これにより日常業務に影響があるときは、後遺障害が認められる。
12級以上の精神神経障害は「医学的に証明されたもの」を意味し、14級では「医学的に説明可能」であれば足りる扱いです。

因果関係のある医療行為は全て記載してもらう。医療行為(頻度や日数)も証拠になります。
むち打ち症の後遺障害診断書作成の際、主治医の手により首を上下左右に動かされました。この場合、角度は測ったかな?後遺障害診断書はそもそも、患者の目の前で作成してくれるわけではありませんので、後遺障害診断書を被害者請求で取り寄せたら、上記のチェック項目を確認しておきましょう。

<後遺障害診断書の書き方>
後遺障害診断書には、傷病名と自覚症状と他覚症状及び検査結果を書いてもらうい、その症状を医学的に証明する以下のような材料を用意すること。

医学的根拠となるもの
・レントゲンやMRIなどの画像
・血液成分などの検査結果
・その他、可動域を調べた結果など

<後遺障害診断書」における注意点>

●症状固定日
後遺障害診断書の交付時を記入してもらうのが絶対ではないですが、一般的でしょう。

●傷病名
受傷時の傷病名、症状固定時の傷病名を記載してもらいます(後遺障害の認定に影響がありそうなものを記載してもらう)。
後遺障害が認定されない可能性があるNGワードに注意する必要があります(「特発性」など。なお、「特発性」は原因不明の場合につけられます)。

●自覚症状
詳細に書いてもらう必要があります。自分でこう書いて欲しいというものをメモ書きして渡すのがいい場合もあります。但し、傷病名欄や他覚所見欄と矛盾する記載は駄目ですので、医師の他に弁護士と相談する必要があります。

●他覚症状及び検査結果、精神・神経の障害・・・最も重要な欄です。
後遺障害は、各種の検査によって得られる他覚所見がないと原則として認定してもらえません。そのため、被害者は、怪我から予想される後遺障害の認定にどのような検査が必要か、交通事故に詳しい弁護士(特に後遺障害の認定基準に詳しい弁護士)に相談する必要があります。

なお、医師は、治療してケガを直すことを目的としているので、治しきれなかったケガ(後遺障害)がどの程度の後遺障害等級に該当するか、そのための必要な検査は何かということに通じていない場合が多い(通じている医師も勿論多くいらっしゃいます)ですので、被害者側から必要な検査の受検を申し出る必要があります。
また、痺れや痛みがある場合には、全身図の該当箇所に斜線を記入してもらう必要があります。

肩関節を脱臼して、その付近の関節が曲がりにくくなったという場合、後遺障害の認定基準に定められた測定方法に従って、どの関節がどの方向にどの程度曲がらないのか、それが後遺障害として評価されるほどの曲がりにくさなのかを客観的に明らかにしなければなりません。
また、関節を曲がりにくくした医学的原因をしっかりと説明できなければ、いくら関節が曲がりにくくなったことを明らかにしても、後遺障害として認められることすら覚束ないのです。
可動域とは、肩関節が、どの程度挙がったり、曲がったりするかを測定し、数値化したものです。
可動域制限があったとしても、それだけで後遺障害として認められるわけではありません。その可動域制限が後遺障害として認められるには、その可動域制限の原因となる関節それ自体の破壊や強直、関節外の軟部組織の変化や神経麻痺といった可動域制限の医学的原因を明らかにしなければなりません。
可動域制限の医学的原因が明らかとならない場合には、可動域制限自体は後遺障害として評価されず、痛みや痺れといった神経症状が後遺障害として評価されることになり、後遺障害の賠償額が低くなるおそれがあります。

質問した人からのコメント

2011/3/5 12:58:22

感謝 ご丁寧な回答をいただきまして有難うございました。
医師からは原因の所見?があるとは先日聞きましたが、
このままケガが改善されなければ医師に書いていただこうと思っております。

有難うございました><

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

zorozoro610さん

編集あり2011/2/2617:04:10

①医師は後遺症障害診断書を記入するだけで、認定するわけでは
ありません。その診断書を申請し認定されるか非該当になるかは分
かりません。

②医師が記入してくれますよ!自覚症状なども伝えて下さいね!

第10級の10?偽関節を入れたレベルですよ!鞭打ちでそんな上
の等級はありえませんね!
画像所見などはあるのでしょうか?無いなら14級取れるかどうか?
というところではないでしょうか…

【補足について】
脱臼で後遺症障害は難しいと思いますが…
腕が上がらない原因をもう一度検査してもらった方がいいと思います。
鞭打ちの方は画像所見が無いけど、整形外科へ100日通院と言う
事なので14級認定の可能性はあります。
仮に脱臼の方が14級の認定がされたとしても併合して14級で変わり
ません。(14級のみ併合されても等級が上がる事はありません。)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する