ここから本文です

不動産取得税は、免除されますか? 叔母が亡くなり遺言でマンションを相続し、名...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

konta88さん

2011/5/2800:10:08

不動産取得税は、免除されますか?
叔母が亡くなり遺言でマンションを相続し、名義変更しました。
所在地の県税事務所より不動産取得税課税の連絡がきました。
調べた限りでは、相続は非課税と思うのですが違いますか?

以下、ウィキペディア<不動産取得税>より抜粋

承継取得とは、既に存在する不動産を譲り受けることを指す。
土地・家屋の売買・交換・贈与・財産分与等
但し、例外として以下のような非課税規定がある。
非課税団体:国・地方公共団体などによる不動産の取得は課税の対象外である(地方税法第73条の3)。
形式的取得の非課税:相続(包括遺贈を含む)・法人の合併・共有物分割などによる不動産の取得は、形式的な取得として課税の対象とはならない(地方税法第73条の7)。
用途による非課税:公共用道路・保安林・墓地・公共用運河・水道用地・用悪水路・ため池・堤とう・井溝の用に供するために取得した土地は、課税の対象とならない(地方税法第73条の4第3項)。
区画整理による換地の取得は、非課税である。
そのほか、政策的な理由による非課税規定が多数ある。

閲覧数:
903
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

グレード

カテゴリマスター

2011/5/2802:40:26

あなたは法定相続人ですか?
遺言がなくても、遺産を受けられる立場だったでしょうか?

甥姪が法定相続人になるのは、死亡時点で、故人に子孫や親・祖父母……がおらず、さらに兄弟姉妹であるあなたの親がいなかった場合ですが。


法定相続人でない人が、遺言により財産を受けるのは「遺贈」です。「相続」ではありません。
法定相続人でも、遺言の内容が「遺贈」である場合もあります。

また、「遺産のうち1/3を遺贈する」などという場合(包括遺贈)なら非課税ですが、「マンションを遺贈する」なら「特定遺贈」ですので、課税対象です。

質問した人からのコメント

2011/5/28 23:32:53

降参 分かりやすい説明ありがとうございました。
小生は、法定相続人では、ありません。
初めての体験で相続と遺贈の区別もつかなかったので勉強になりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する