ここから本文です

fate/extraの名言が思い出せません。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

bukuronokingmanさん

2011/6/1419:43:49

fate/extraの名言が思い出せません。。

ゲーム途中途中の語り手が言っていた言葉なのですが。。。

願望をかなえるために争いが存在するみたいな感じでした。

閲覧数:
614
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaito735さん

2011/6/1510:23:06

トワイス・H・ピースマンの各章の語りを全て載せておきます。


開幕
その聖杯は 熾天の檻
大いなる 虚空の観測者
戦いは今、電子の海へ―――

第一夜
泥濘の日常は燃え尽きた
魔術師による生存競争
運命の車輪は回る
最も弱き者よ、剣を鍛えよ
その命が育んだ、己の価値を示すために

第二夜
目的のない旅
海図を忘れた航海
君の漂流の果てにあるのは
迷った末の無惨な餓死だ
・・・だが
生に執着し、魚を口にし
星の巡りを覚え
名も知らぬ陸地を目指すのならば
あるいは・・・
誰しもは初めは未熟な航海者に過ぎない
骨子のない思想では聖杯には届かない

第三夜
生存の為の搾取
繁栄の為の決断
その行為は野蛮ではあるが―――
否定する事も、またできない
・・・死の淵でこそ、得るものもあるだろう

第四夜
力を持つが故に道を踏み外す
道を踏み外す為に逸脱した力を願う
この矛盾もまた、人間の証である
紛争のない世界
調和に満ちた世界でさえ、特例は表れる
何のために

第五夜
避けようのない死
逃げようのない終わり
結末を前にした時、本質は表れる
祈りも救いも不要
戦いは今日、ここで終わる
その狭間で―――どうか、見せてほしい
かつてそうであったように
人間の全てが
絶望の中で光を見いだせるのかどうかを

第六夜
認めよう
殺し合う事は避けられない
肉親でさえ、隣人でさえ、競い合う相手なのだと
それが人間の本質だ
動物を絶命させ、資源を食い荒らし、消費するだけの命
しかし、ならば―――
彼らの争いには、何の意味があったのか

第七夜
最も弱きものが
最も強きものに挑む
迷いと嘆き
決断と成長に満ちたその道程こそ
人間の証である
聖杯は強きものにのみ与えられる
最後の二人は、ともに性質の違う強者となった
であれば―――
もう一度君に贈ろう
光あれと
―――熾天の玉座にて君を待つ

閉幕
そして閉幕の鐘が鳴る
その目覚めは、誰のものか

質問した人からのコメント

2011/6/17 21:28:55

成功 ありがとうございます!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する