ここから本文です

中2の国語の質問です。 平家物語の論語についてなのですが、途中の『おごれる...

質問者

toorudaisuki33さん

2011/7/317:26:09

中2の国語の質問です。

平家物語の論語についてなのですが、途中の『おごれる人も久しからず、ただ春の夢のごとし』というところのただ春の夢のごとしの表現技法が、擬人法というのですが、それはどうしてですか?

擬人法はひとではないものを人のように表す表現技法とありますが、春の夢のごとし、が人のように表しているのでしょうか??

文章力が無くてすいません、ですがわからないので・・・回答お願いします!

閲覧数:
342
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fffishnmmさん

2011/7/317:30:26

人間に例えているのが擬人法です。
なかには、人の世の中や、暮らしに例えているものがあります。

質問者様がいっている、春の夜の夢のごとし は人間の繁栄のはかなさをたとえた擬人法ですよ。

質問した人からのコメント

2011/7/3 17:34:01

笑う 早い回答ありがとうございます!!

そうだったんですか、シンプルな答え方ありがとうございました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する