ここから本文です

解決済みのQ&A

醸造酒、蒸留酒の違いを簡単に教えて下さい。私の場合ビール、ワイン、日本酒より ...

tonyandreijpさん

醸造酒、蒸留酒の違いを簡単に教えて下さい。私の場合ビール、ワイン、日本酒より ブランデー、ウイスキー、焼酎(芋)の方が体に合ってるような気がするのですが、どちらがが蒸留か醸造か判りませんが?

  • 質問日時:
    2005/12/2 11:20:21
  • 解決日時:
    2005/12/2 13:56:48
  • 閲覧数:
    67,494
    回答数:
    5

ベストアンサーに選ばれた回答

zuberabonさん

醸造酒、蒸留酒のもっとも大きな違いはアルコールの種類が違います。

醸造酒は酵母による発酵のあと処理をしませんので
含まれるアルコールの種類が1種類でなく
量の違いはありますが数十種のアルコール成分が含まれています。
この種類の多さが味の複雑さを出します。

それに対して蒸留酒は醸造酒を一定の温度で温めることで
その温度で揮発するアルコールのみを摘出しています。
ですからウイスキー、焼酎に含まれるアルコールはほぼ1種類しかありません

肝臓の処理能力は摂取したアルコールが1種類であれば
非常に効率よくアルコールを分解してくれますが
数種類のアルコールを一度に摂取すると処理能力が落ち、分解が間に合わなくなってしまいます。
これが醸造酒が二日酔いになりやすい原因となってます。

貴方の体質にあってるのはすべて蒸留酒ですから
もともとアルコールには弱い体質なんでしょうね。
今からの時期、飲酒の機会が増えますから注意してくださいね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2005/12/2 12:13:50
  • 回答日時:2005/12/2 11:54:20

ベストアンサー以外の回答

(4件中1〜4件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

az200kaさん

蒸留したものが蒸留酒、蒸留していないものが醸造酒、ですから、ビール、ワイン、日本酒が醸造酒、ブランデー、ウイスキーが蒸留酒です。
芋焼酎は乙類ですので、醸造酒に、それを蒸留したものを加えてアルコール分を高めてあるわけです。甲類焼酎は完全な蒸留酒です。
なお、日本酒でも「醸造用アルコール(所謂カストリ焼酎)」で水増ししたものがあります。

savoochichiさん

あなたの好きなブランデー、ウイスキー、焼酎は全て蒸留酒です。
醸造(発酵)されたものを加熱冷却してアルコール分を取り出したものが蒸留酒です。
荒っぽくいえば、醸造酒であるビールを蒸留するとウイスキー、ワインはブランデー、日本酒は米焼酎になります。

qqqzzzvvvさん

醸造つまり醗酵によってアルコールを作ったものをフィルターで濾したら醸造酒、濾さないで一度気体にして再び冷ましてアルコールを取り出すのが蒸留酒。

o_p_andersonさん

醸造酒は、糖分を酵母で醗酵させただけのお酒を言います
ここではビール、ワイン、日本酒が該当します

蒸留酒は醸造酒を蒸留したお酒を言います
ここではブランデー、ウィスキー、焼酎です

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する