ここから本文です

祖母が入院、心不全は余命のある危険な病気ですか?*長文*

質問者

squarebuzzさん

2011/9/617:39:49

祖母が入院、心不全は余命のある危険な病気ですか?*長文*

82歳の祖母についてです。高齢なので杖をつきながらの生活でしたが、最低限の一人暮らしはできていました。ですが二週間前に転んで右手を折ってしまい、片手ギブスで片手は杖をつくのは危ないし、一人暮らしでまた転んではいけないということで、ショートステイに入ることになりました。
ショートステイでの生活は、ほぼ入院と変わらず、今まで家では杖をついて歩いていたのに、病院では看護婦さんが車椅子を押して、食堂にも検査にも連れて行ってくれます。今までは家の中を一人で動き回っていたのに、ショートステイに入ってからは明らかに動く量も減ったからか、ついに昨日あたりから足がむくみ、息苦しいと言い出し、本日肺に水がたまって心不全だと、本当の入院をすることになりました。
ほんの二週間前まで元気だったのに、骨折と運動量が減ったことでこんな短期間でこうも弱ってしまうのかとショックです。また、更に入院期間延長により、今後どんどん弱ってしまわないかも不安です・・・

ほんの二週間前のことを考えると、心不全といっても急死することはないと信じたい気持ちでいっぱいですが、肺に水がたまっての心不全とはどんな病気なのでしょうか?

私は孫なので、入院に立ち会った叔父から電話で聞いただけで詳細分からず・・今は肺の水を抜いて、酸素マスクはしているけど大丈夫そうだと聞かされました。
でも祖父が2年間くらい体調を悪くし、最終的に亡くなったときに、実は余命宣告されていて、私はそのことを知らされてなかったこともあり(私が特にじいちゃんばあちゃんっ子だったので親切心だったと思ってます)、今回も実は厳しい状態なのではないかと不安でなりません・・・

高齢の心不全だったけどその後元気になった方や、今までどおりの生活に戻られたり、長生きされてる方はいらっしゃいますか?

閲覧数:
4,706
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

horry1976さん

2011/9/618:55:47

心不全は心臓の役割であるポンプ機能が低下して起こる状態です。
今まで心臓が頑張って動いてきたのにそれが弱っていくという
ことで、珍しいことではありません。
しかし、急性心不全で亡くなられる方も多いのは事実です。
詳細はこちらをどうぞ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E4%B8%8D%E5%85%A8

ただ、肺の水をどのように抜いたのでしょうか?
注射器で抜くほどでしたら、よほどの状態でしょうし、他の病気も
あったのかもしれません。

それ以降に関しては、無理に動けば転んでしまい寝たきりになることも
考えられます。動きすぎて心臓に負担をかけると心不全が生じる
ことだってあり得ます。無理なく生活して病気と付き合っていくのが
よい方法だと思います。

質問した人からのコメント

2011/9/13 18:57:01

ありがとうございました!無事一般病棟にうつり酸素チューブはしてますが見たところ元気そうで安心しています!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する