ここから本文です

皮膚化軟膏処置と創傷処置の具体的な算定方法の違い チップ500枚!!

質問者

origamaniaさん

2011/10/2815:58:50

皮膚化軟膏処置と創傷処置の具体的な算定方法の違い
チップ500枚!!

よろしくお願い致します。

当方は皮膚科勤務ですがレセプト提出時にいつも皮膚科軟膏処置なのか創傷処置なのかが分からない時がございます。

具体的例としては

伝染性膿痂疹の場合、皮膚科軟膏処置?創傷処置なのか。
蜂窩織炎の場合は、皮膚科軟膏処置?創傷処置?
リバ湿布を使用した場合は皮膚科軟膏処置に変更になりますよね?

外傷は創傷で
体の中からの湿疹は皮膚科軟膏処置なのは分かるのですが

グレーな部分が分かりません。

どうかよろしくお願い致します。

閲覧数:
2,246
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsukimisonoさん

2011/10/2900:45:34

ウチでは伝染性膿痂疹の場合は皮膚科軟膏処置
蜂窩織炎の場合は創傷処置でとってます。

それが正しいのかどうかと言われると自信がないのですが
ウチには皮膚科と外科があり、膿痂疹の病名は皮膚科、蜂窩織炎の病名は外科でつく事が多いので、単純にそういう分け方になっています。

リバ湿布(アクリノール)も創傷処置で算定しています。

確実な答えが出せずにスミマセン。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する