ここから本文です

航空機に乗る時、リチウムイオン電池を機内に持ち込めないそうですが、

shwyc469さん

2011/11/2417:50:03

航空機に乗る時、リチウムイオン電池を機内に持ち込めないそうですが、

携帯電話機の電池は、リチウムイオン電池ですので、「予備用の電池」、または「補助充電アダプター」も持込はいけないのでしょうか?・・・・検査官に見せれば、持ち込めるますか? それとも携帯電話内臓の電池1個だけなら良いと言うことなのでしょうか?
もし補助電池を持ち込み禁止ならどのような理由で、危険物なのでしょうか? 国内線と国際線で見解が異なるようでしたらその事も教えてください。

閲覧数:
132,300
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

win00315さん

2011/11/2418:15:13

リチウム電池に関しては、この表が分かりやすいと思います。

https://www.ana.co.jp/dom/checkin/rules/popup/lithium-battery.html

携帯電話に関しては、本体は電池が入っている状態で持ち込み、預け共に可能です。
予備バッテリーは、持ち込みに関しては個数制限が有りませんが、持ち込むに際してケースに入れたり端子を絶縁物で覆う等の、短絡防止措置が必要です。
また予備バッテリーは、預ける荷物の中に入れることはできません。
充電アダプターに関しては、電池本体ではありませんので、持ち込み・預け共に制限はありません。

制限を受けているのは、かつてショートして自然発火した事があるからです。
ですから貨物室に入れるのは制限を受けています。
ショートしないようにして手元に置いておけば、万一の場合でもすぐに消火する事が出来ます。
これは一応ミニマムの国際基準です。
これ以上の制限を設けている国は、世界中を見渡せばある事はあります。

質問した人からのコメント

2011/11/29 21:11:29

降参 大変良くわかりました。飛行機に乗るにはいろいろな制限がありますが、安全のためには乗客も出来る限り協力しなけらばなりませんネ。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/11/2419:56:41

kenkenbo2003さん

2011/11/2418:00:35

リチウムイオン電池は爆発の危険がある電池ですから、国内でも規制がありますよ。宅急便など航空便を使う可能性がある荷物でも規制があります。

ただ、電池の容量で規制内容が異なり、一定の容量以下なら機内持ち込みや手荷物扱いで預託小荷物に入れられます。合計しても規制値以下なら予備の電池も大丈夫ですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。