ここから本文です

こちらは韓国です。最近、青木玉さんのエッセーを教材にして、翻訳の勉強をしてま...

joeune12000さん

2006/3/722:45:53

こちらは韓国です。最近、青木玉さんのエッセーを教材にして、翻訳の勉強をしてます。その中に、「庭の隅の日陰で茂った葉の根元に、もっくりほうが顔を出す。.........これは咲かせてはいけない。茗荷の子といわれるほうは腑抜けになって味も香りもなしである。」という文章がありますが、この場合’腑抜け’は’ふぬけ’と読みますか、あるいは’はらわたぬけ’と読みますか。

閲覧数:
260
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dendenko123さん

2006/3/801:54:11

「腑抜け」:「ふぬけ」間抜け。中身がないこと。つまり、味も香もないことを指しています。
<田子>

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ojiipon2006さん

2006/3/722:59:32

「ふぬけ」でいいと思いますが。。。。。。。。。。。。。。。。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。