ここから本文です

三相200Vから単相電源

kokezou45さん

2012/1/2800:52:50

三相200Vから単相電源

少し前にも、質問されている方が居ますが、
三相200Vに単相200Vの機器を・・・とか
三相200Vをダウントラで単相100Vにとかの質問すると必ず、バランスが・・・と
回答が付きますが、工作機械等には、ダウントランスが入っていて、
100Vに落として、補助機器を駆動させたり、DC変換したり、単相仕様の補助機器が
ついてたりしますが、これもバランスを壊してる事になりませんか?

負荷契約だと基本的にだめですが、主開閉機契約で、
動力機器+ダウントランスで100Vの同時利用や、
動力機器+単相200V機器の同時使用であれば、問題ないと言うことですか?

補足何人か方は、単相変換し、わすがな電流しか・・・と
ありますが、自分が見た機械では、三相200Vのモーター3.7kw2台搭載、
し、単相200Vに落として2.2kwモーターが搭載してある機械がありました。
何の意味があるのか判りませんが・・・
機械自体は有名メーカーの機械で、改造した物ではありませんでした。

これだとわずかとは言えませんよね?

閲覧数:
21,125
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

niceday1949さん

編集あり2012/1/2918:27:21

工作機械に限らずプラントなどで制御回路用に単相で取り出すことは普通にあります。
これらは機械の制御に必要な電源であり、それ以外の用途には使えないようにしてありますから認められています。
またバランスに影響するほどの電力は使いません。

また三相、単相機器の混同は認められていますが可能な限りバランスを取るように、申し込み時点で注意されます。
電力の配電線が灯動4線式という電灯、動力共用変圧器が設置されている場所では単相負荷がアーク溶接機の場合などの時は動力側トランスから供給するようにとの指示があります。

この理由は電灯側変圧器から供給した場合に、使用時に電圧降下で付近の家庭の電灯電圧が低下するのを防ぐ為です。
昔ですが三相負荷でも市街地で大型コンプレッサーの負荷変動により蛍光灯のフリッカーや瞬間停電が起こって苦労した事があります。

負荷設備契約でも主開閉器契約でも変圧器を設置して100V機器を使うことはいけませんし認められません。
要するに電力会社との約束事なのです、契約以外のものは使ってはいけないし使わないと約束して契約するのですから。

各電力会社では電気供給規定という決まりごとがあります。
工事業者は使用申し込みの時にこの規定に反する物は使用申し込みできません。

よくあるこの手の質問はあくまでも「個人で勝手に使う」場合だと思っています。

補足について
表現方法が悪かったようです、私が言いたいのは機械メーカーが仕様書にそのように表記している物は契約上の問題が無いということです。
質問者さまの「負荷契約だと基本的にだめですが、主開閉機契約で、動力機器+ダウントランスで100Vの同時利用」
この中のダウントランスの同時使用については今書いたように機械が一体化して出来ている場合のみ認められます。
機械と別個にダウントランス使用は出来ないということです。
最後の三相動力機器と単相動力機器は同時使用出来ます。

重複となりますがよくある質問では、個人が勝手にダウントランスを使う場合がとても多いのです。
貴方の質問では技術的な事と契約に関する事の両方が含まれているので私は契約上のことに重点をおいて回答をしています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

グレード

カテゴリマスター

s_arumu_iさん

編集あり2012/1/3009:54:31

すでにいくつかの回答が出ているようです。 詳しく読んでいませんから重複あると思いますが・・

質問者様の問題の捉え方・・にあります。 工作機械など制御盤に使用されるトランス(100vまたは直流電源用)ももちろん三相電源の均衡(バランス崩し)ではあります。 ですが・・その使用量は制御用のわずかな電流でしかありませんし三相動力機にも変動はありますから・・十分な設計計画の範囲内のレベルであるはずです。
そもそも。。三相⇒単相用トランスを使用しての100v常用使用がダメなんです。 こうした三相変換100vトランスが販売または使用されるのは・・三相発電機などでの100v使用の場合を原則としています。 質問中の>動力機器+単相200V機器の同時使用であればxx などという解釈ではないのです。 電力会社との契約により三相契約内容以外の使用は禁止されていますし、限られた使用方法である為、従量制 電灯料金よりは安く設定されています。
※蛇足ですが・・三相電源バランスを効率よく使用するトランスと言えば“スコットトランス”があります。 これは質問者さまが考える単巻きのシンプルなトランスとはまるで違う結線方法と内容です(ネットでしらべてみてください) 病院やホテルの大き目の非常用発電機などで使用されています。 また、三相電源のバランスを崩す理由や構造を学ぶには電柱に載っている大小2つのトランスについて学ぶ必要があります。 シンプルな内容ですが非常によく考えられた安価で合理的な変圧方法です(逆V結線で検索)

参考:http://www.pulse-denshi.co.jp/parts/pulse/doroper.html

補足へ:>何人か方は、単相変換し、わすがな電流しか・・・とあります。この部分に関しては、三相動力電源200v機器とはいえ、制御部の切り替えやタイマースイッチなどにおいて使用される数百ワット程度の部分をみなさん指していると思います。
ご質問内の『機械自体は有名メーカーの機械で、改造した物ではありませんでした。』 について・・ですが
基本的に三相動力電源の単相部分を単独で使う事は、良いとされていませんし、これを部分的に認めてしまうと・・各自の解釈の度合いによって収集が付かなくなってしまうのでダメなものはダメ・・と決めるしかないのでは?と思います。
三相電源を正しく三相機器だけで使用していても起動時や負荷変動時にわずかに均衡の狂いは発生するモノですし・・・三相動力電源を使用している事業所では高圧受電を自社のキュービクル(遮断器、断路器、計器用変成器、変流器などの装置の集合体) で使用される事や、 一部の機器で単相200vを取り出しても・・その合計電流の使用が元電源側で許容範囲内の均衡が取れていれば問題ないと考えます。 一般家庭での単相200v回路でも同じことが言えますよ?赤/白/黒の赤白が100vで白黒が同じく100vですよね? 赤白がすべて照明回路で白/黒がすべてコンセント回路であれば、昼と夜でも均衡が大きくズレテしまいます。
そのため各家庭の電気配線においても、バランスのとれた状態で使用されるように・・照明回路とコンセント回路は均等に配置されます(もちろんそれでも確実ではありませんがやらないよりはずっと効率とよく電気を使用できます)それによって・・各家庭~各電柱において不均衡が出ていても電力会社がわの変圧器では平均化されるのでしょう。
※※ここまで来ると契約内容と各自のモラルの問題です、実際に三相電源から2~3kwの単相モーターを使用したところですぐに問題が出る事もありません。 ただ・・バレなければ良い!と考えるのは大人な考えではないと思いますが

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sa25374さん

編集あり2012/1/3007:17:56

先の回答者様は質問者様の意図とは少し外れているように思えます。
最近の三相の動力機器にはほとんど電子機器が組み込まれており
すべて三相200Vのうちから2本線から単相200Vを100Vや24Vに落して
単相100Vの回路や直流を作って、細かい操作をしています。
これらの機構で使う単相電流は電力会社との契約違反になりません。
確かに一説としては三相のバランスを崩していますが、
一つの変電所の管轄の中で、たくさんの三相機器が動いているわけですから
みんなすべて同じ極で使われているわけではありません。
大元の変電所の赤黒で落している機器があれば、白黒で使っている機器も
あります。当然赤白で使っているところもあります。
ですから、広い地域で見ればそんなに偏ることはありません。
ただ、電灯線の電気を直接三相から落すことは契約違反になりますので、
くれぐれもご注意ください。

補足に付いて
大工さんが使う三相のホゾ取りは4枚のノコ刃に対して独立モーターで
回転しておりますが、それぞれが角度を変えるためです。
メーカーとしては移動時のことを考え軽量化のために単相200Vの
カーボンモーターを4基使っています。
でも、入力電源は三相200Vです。
電気取締法の基準をクリアすれば、どんなモーターを使っていようが
入力が三相200Vなら電力会社との契約は関係ありません。
あくまでも、契約違反になるのは直接ダウントランスを使ったり
単相使用をすることです。
入力三相200V の表示がある完成された装置は問題ないようです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

onbuzuhantoさん

編集あり2012/1/3009:46:21

各電力会社の電気供給約款で低圧電力(3相200v)の中に
変圧器,発電設備等を介して,電灯または小型機器を使用することはできません。
と歌われています。

動力機器以外の電灯または小型機器を使用すれば契約違反になります。

バランスの問題ではありません

補足
三相200Vのバランスの問題ですが
電力会社の高圧送電線で柱上変圧器の問題でバランスが問われます
バランスが偏ると各相の電圧の差が発生します
電力供給電圧の範囲を超えることは出来ないので偏った負荷が多いと
柱上変圧器の容量を増やして対応することになります。

負荷に見合った変圧器以上になれば電力会社の過剰設備って感じになり
経費が増えてくると言うのでしょうね。

6600v高圧配電で変電所の変圧器で
家庭の引込の単相3線は三相電力の1相取りで行っています
なので各単相柱上変圧器の結線でバランスを取って調整しています

内線規程の設備不平衡率
高圧受電設備の場合の設備不平衡率は原則30%以下となっています

2.2kwで言えば7.4kw以上の変圧器ですと問題無い範囲です。

電力会社の引込の柱上変圧器の容量が10kw以上が多いので
問題無いでしょう
その機械を設置して動力契約する時に負荷の明細リストを電力会社に提出しています
バランスが基準内になるように変圧器を設定していますので問題は無いです。

違法に単相負荷を付けたらバランスが基準外になって色々な弊害が出て来ます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する