ここから本文です

国際教養大学について、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

dunk_kurata_hさん

2012/2/2420:33:06

国際教養大学について、、、

今年、浪人が決定して来年の進路選択をしているものです。
今、とても国際教養大学に興味を持っています。
国際教養大学の入学後の半年~一年で英語を学習し
その後、その学んだ英語をツールとして専門教養を学ぶという点、
また一年の海外留学が必須という点に魅力を感じています。


しかし、英語力にまったく自信がありません。
もし国際教養大学を目指すことになったら、
この一年間で必死に英語を勉強するつもりです。

一年間英語を勉強しただけのような奴に
入学は可能なのでしょうか?
また入学後、ついていけるのでしょうか。

また入試のためにこれだけはやっておけ、
というようなおすすめの勉強法(参考書)等があったら教えてください。

本気で悩んでいます。
解答よろしくお願いします。

長文失礼しました。

この質問は、link18_remio_dsさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,131
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

link18_remio_dsさん

リクエストマッチ

編集あり2012/2/2823:01:21

ご指名ありがとうございます。

まずはじめに。

「ダメかもしれない」と思うのではなく、「受かるかもしれない」と思って受験勉強に励んで下さい。これは大学1年の時に、TOEFLで点が取れなくて悩んでいた何人かの友人に相談された際によく使っていたフレーズです。常に気持ちを強く持って勉強に励んで下さい。落ちたらその時はその時。落ちてから次どうするかを考えれば良いんです。「めちゃくちゃやな」とお思いになるかもしれませんが、これぐらいの覚悟が必要です。自分自身もそうでした。C日程の発表が終わるまで、「AIUに受かるかもしれない」ということだけが頭の中にあり、落ちた時のことなんて全く考えてなかったです。

英語力ですが、まずはセンター英語対策からですね。これは高校3年生の時にも対策しているだろうから、コンスタントに勉強すれば問題無いでしょう。目標は筆記&リスニング合わせて200点です。満点を目指しましょう。他の受験生もそれ相当の英語力を持ってますからね。TOEICの教材も使って勉強すれば効果が出ると思います(特に文法とリーディング)。TOEICで私がよくお世話になっているのは、安河内という人が書いている「スピードマスター」シリーズの問題集です。一度解いてみて下さい。

センター英語よりも大事になってくるのが、2次の英語小論文。本をたくさん読むと回答して下さっている回答者もいらっしゃいますが、私はひたすら書きまくることが一番確実な方法だと考えます。流れとしては、他大学で「国際的な分野に関する」日本語の小論文を課している赤本を見つけ出し、そこに記載されている例題を「英語で」書きます。一通り書き終えたら、英語が得意な人(高校のALTや予備校にいる先生)に必ず添削してもらって下さい。どこが良かったのか、そしてどこが悪かったのかを必ず復習して下さい。でないと書く意味が全くありません。冬になり、ある程度の英語力が身について来たと実感出来たら、1週間に英語小論文を4~5つ書き上げるペースで進めて下さい。かなりきついですよ。最初は辞書を見ながらで構いません。時間も気にしなくていいです。自分が得意とする言い回しや段落構成の組み方が分かって来たら、辞書をしまい、90分間で500語書くようにして下さい。

参考書ですが、私はZ会の「英作文トレーニング実践編」みたいなタイトルのものしか使いませんでした。100語レベルの英作文まで対応しています。なので、最初にいきなり300語以上ではなく、この本に沿って100語ぐらいから始めても良いかもしれませんね。この本の良いところは、後ろの方に場面ごとに使えるさまざまな言い回しが記載されていること(論理を展開していく上で非常に大事なってくるフレーズ)。これらをマスターすることによって、英語小論文の完成度がかなり上がります。

あとね、普段添削してもらっている人に何度か英語小論文を書かせてみるのも面白いですよ。自分がやったのと全く同じテーマで英語小論文を書かせてみて、その人がどういう風に論理を展開したり結論を導いたりするかを見て、吸収出来るところは吸収する。「この言いまわし良いな!」とか「この展開方法良いな!」と思ったら、次のテーマを書く際に導入してみると良いでしょう。そうして色々なテーマを書いていくうちに知識も同時に増え、何かが一つの線で繋がるはずです。言い換えれば、「どんなテーマが来ても、この展開を使えば自分の言いたい結論へと導ける」ことが可能になります。私はそうでした。もちろん、書くだけではなく、空いた時間に本や新聞、テレビなどを見ることもお勧めします。

あの大学は素晴らしいですよ。つい30分ぐらい前にも「大学楽し過ぎたなー」と、昔を思い出してツイートしたところです(笑)入って後悔しない大学ですよ。最後まで諦めずに頑張って下さいね。

物事、気持ちの持ち様でどうにでも変えられます。


追記

sadao3da0さん

合格おめでとうございます!TOEFLでも何でも、気軽にご相談下さい。可能な限りお答えします^^
社会人になると生活が平凡になります。特に東京から離れた職場に配属されると、どこに楽しみを見出せばいいのか分からなくなります。そんなことになってしまう前に、大学4年間で思いっきり非凡な生活を送って下さい。これが私からのアドバイスです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sadao3da0さん

編集あり2012/2/2609:30:51

私は昨日国際教養大学に一浪から合格しました。
センターリサーチはE判定だったので、番号を見つけたときの喜びはとてつもなかったです><
だから質問者様も絶対挑戦すべきだと思います。

私は留学経験もないし、英語も飛びぬけて出来るというわけではありません。
きっとこれから国際教養大学に入ってすごく大変だ思います。
でも私は、ここで自分の限界に挑戦したい、そう思っています。


浪人するに当たっては、
赤本がいっちばん大事です。
二次は現代文と英語になっていますが
実質は小論文と英語の意見論述250字以上なので
知っておかないと、かなり焦ると思います

それから小論文は
読むだけ小論文(基礎編)をざっとよんで
国際関係のものを中心にいろいろな分野にわたる本を読んでおくと良いと思います。(今年は福沢諭吉の学問のススメがでたため、できなかった受験生も多かったようです。)
私は、池上彰の世界を救う七人の日本人?みたいなタイトルの本(ここから得られる知識は過去問で独裁者の交渉術というのがでたときに、かなり役立ちました。とく前に一回読んでみてください。)や、
クラスメイトは外国人という漫画をよんだりしました。
あと先生方に諸問題に対するいろいろな意見を聞いて
それに対して自分も考え意見をぶつけたりしていました。
本を読んだり、小論の問題を解いたりしていると世界史の知識や政治経済の知識も絡んできて
とても楽しいです^^

英語はあまりいい参考書がないのですが、
・英検一級の英作のページ
・英作文ハイパートレーニング
・もと担任が作成してくれた赤本の問題の模範解答
を使ってました(特に三番目)

使えそうな表現はどんどん暗記していって
引き出しを増やしていくことが大切だと思います。


とはいえもっとも大切なことは添削してもらうことです。
なのでどこかの予備校には入るべきだと思います。
私は河合塾でしたが、
最近は国際教養大学コースを置いている予備校も首都圏ではみられるようです。
トフルゼミナールはよく聞きます。

えらそうなことを書いていますが、私はほんとうに国際教養大学にかろうじてひっかかったようなものなので
さらっときいておいてください^^;

心から応援しています。


追記
上の方の話を伺って国際教養大学にいくことがますます楽しみになりました!
私もTOEFL対策についてなど質問させていただくかもしれません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する