ここから本文です

取引先・下請け業者の社長宛に出す依頼書の宛名についての質問です。 法人の場...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

lipton_milk_e_miraiさん

2012/3/416:55:00

取引先・下請け業者の社長宛に出す依頼書の宛名についての質問です。

法人の場合
有限会社〇〇 代表取締役〇〇様
〇〇株式会社 代表取締役〇〇様

個人事業主の場合
〇〇(屋号) 御中

〇〇様

法人と個人事業主の宛名の書き方は違いがありますか?
上記の書き方は正しいですか?

また間違いであれば正しい書き方を教えて下さい。

初めて使う業者に対して依頼書を出す時に、以来先の経営者の名字しかわからない場合は名字だけの依頼書でもよろしいものでしょうか?

有限会社〇〇 代表取締役〇〇(名字だけ)様

ご指導よろしくお願い致します。

補足皆様ご回答ありがとうございます。
2点新たに疑問が生じたので追記させて頂きます。
1、自分が例としてあげた御中の使い方。
→昔ながらの使い方で間違いではない。
現在多くの企業やビジネス文書では他の使い方として教えてるため間違いと思われがちだが、実際間違いではない。
2、有限会社に代表取締役は存在しない。
→株式会社と違って代表取締役を置く必要はないが、登記する場合はある。
いかがでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,072
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

グレード

カテゴリマスター

hisanori4142さん

編集あり2012/3/423:22:50

「御中」の解釈が違います。

「御中」とは「中の人へ」を表す「中」に丁寧語の「御」がついたもので「そちらの組織に所属する人=中の人なら誰でもいいから読んでください」ということを表しています。

複数のスタッフ、職員が所属する何らかの団体に宛て、読む人を特定しない場合に用います。
従って会社組織、個人事業主というかたちで使い分ける訳ではありません。

〇〇(屋号) 御中 〇〇様

宛先となる個人を指定していますから御中は使えません。
会社組織と同じように、

〇〇(屋号)  〇〇様

が妥当です。

余談ながらこの様なビジネスメールの場合、本来なら個人に付ける敬称としては「殿」が妥当です。
最近では「様」を使う人も多く、許容されてはいますので「決して使ってはならない」というほどの禁忌ではありませんが。

☆☆☆☆☆

補足の1についてですが、表現というものは全て意味を持っています。

「総務部御中」=「総務部に所属する人なら誰でもいいから開封して読んでください」
「山田屋御中」=「個人商店である山田屋の従業員の方なら誰でもいいから読んでください」

これ以外の意味はありません。
「昔ながらの使い方」とか「他の使い方」と表現されていますが、その具体的な使い方や言葉の意味、ソースを示さずにご質問されてもなんとも答えようがありません。
言葉の意味に立ち返るなら「会社組織には使えないが個人事業主には使える」という解釈も不自然です。

先様がどのような形態の団体であろうが、個人名を指定して送付する場合に御中を付けるのは明らかな間違いです。

補足の2については質問者さまの文章の中に既に答えがあります。

「代表取締役を置く必要はないが、登記する場合はある」

要するに「代表取締役がいないケースもある」ということです。
代取がいるのならその方個人に宛てて送ればよろしい。
既についているご回答の中にも「相手の名刺に肩書としてあれば」と記載されています。
「有限会社に送る場合には代表取締役宛てで送ってはならない」との表現にはなっていません。

質問した人からのコメント

2012/3/5 18:41:02

わかりやすくご説明頂きありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

choi_aboutさん

リクエストマッチ

編集あり2012/3/423:31:52

補足拝見

1.について
組織・グループ内(xx商店などの屋号を含む)の特定の者を名指しにした宛名の場合、もはや御中は不要です。巷間、あれこれと講釈が飛び交っていて煩わしいくらいですし、これらの用法は個々人のセンス・感性にお任せしたいところです。

2.について
今となっては新規の設立が出来ない有限会社のことについてあれこれ言及しても詮の無いことですが、代表取締役は「取締役会」の互選で決められる訳で(会社法362条)、また有限会社の取締役にはそもそも代表権が付与されていることを考えれば、わざわざ代表取締役を登記する必然性があるのか疑問に思います。


************************************************

>法人と個人事業主の宛名の書き方は違いがありますか?上記の書き方は正しいですか?

法人はあなたが書いておられる通りで結構です。
個人事業主は、あくまで個人宛で、

〇〇(屋号)
〇〇様

とします。


>初めて使う業者に対して依頼書を出す時に、以来先の経営者の名字しかわからない場合は名字だけの依頼書でもよろしいものでしょうか?


確認しようが無ければそれでも宜しいでしょうが、信用保全等の都合で、成るべく承知しておいた方が良いと思います。
尚、余談ですが、有限会社には基本的に「代表取締役」は存在しません。相手の名刺に肩書としてあれば、それはそれで尊重しても、大した問題ではありませんが。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wyddt840さん

2012/3/417:06:29

基本的に質問欄に記載された内容で問題有りません。

有限会社〇〇 代表取締役〇〇(名字だけ)様…質問者様と先方が大変、親しい場合に使う方法と考えます。

以上

QASIQOTI

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する