ここから本文です

ヤマハグレード9級を受けましたが、出来が悪かったみたいで帰って来た六歳の娘は、...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

smilemargarineさん

2012/3/2522:19:13

ヤマハグレード9級を受けましたが、出来が悪かったみたいで帰って来た六歳の娘は、思わず泣いてしまいました。おうちに帰って来ても何もする気になれないらしく、ボォーっとテレビを見ています


ただ、初見演奏が、全然難しかったとしか言わないんです。
どうやら、間違えてばかりの初見だったようです。
9級の合格基準はどのようなものですか?

閲覧数:
5,918
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nanamimiimiさん

編集あり2012/3/2611:57:17

お子様の発言を別の観点から考えてみたらいかがですか?
つまり「初見演奏以外」はそれなりにできたと言うことです。
100%ではありませんが、合格していると思いますよ。
他の回答者様も書かれていますが、9級で不合格になるケースはかなり珍しいのです。
実は私は10~6級のグレード試験官をしていたことがあります(笑)

あと、ご質問の内容とは関係はないのですが・・・・。
『全然難しかった』という表現にとても違和感を感じました。
全然には否定形を持ってきた方が自然です。
つまり『全然難しくなかった』ですね。
どうですか? 自然じゃないですか?
なのでこの場合は『とても難しかった』、『すごく難しかった』、『超難しかった』がしっくりきます。
余計なお世話ですね・・・。失礼しましたm(_ _)m

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/3/2615:15:06

誰でも合格なので気に病む必用はありません~
8級までは全員受かりますよ。
7級までは誰でも大丈夫と言う人もいます。
落とすためにやっているのではなく、音楽の普及のためにやっているので。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zukachanmanさん

2012/3/2609:52:27

一般的に9~6級ではよほどでなければ、不合格になる子はいない…といわれています。
『よほど』というのは、テスト中に泣いてしまって、演奏ができなかった…とかみたいです。
9級なら一生懸命やったのであれば、大丈夫だと思いますよ。
既に回答されているとおり、9~6級まではおかしければ試験官の先生が少しアドバイスをくれてやり直しをさせてくれます。
A~Eまでありますが、Eがついたとしても合格します。(しかもCより下は滅多につきませんね。)
6級でもAがひとつだけで後はCばかりで合格したという子もいますから大丈夫だと思います。
ただ、初見演奏などの即興演奏は今後もありますし、やはり級が上がるごとに難しくなっていきます。
初見も聴奏も伴奏付けなども慣れが肝心ですので、今後のためにも、練習書などを買って数をこなすと良いかと思います。
Bが付こうが、Cが付こうが合格には違いないので、合格したときにはたくさん褒めてあげてくださいね。次回にAを増やしていくことを目標に頑張れます。また、仮に不合格だとしても(ないと思いますが)、グレードはただの目安なので、やっぱり頑張ったことを褒めてあげてください。
早くにどんどん上の級をとる子もいますが、一般的にみて6歳で9級は早いほうだと思いますよ。
合格を心からお祈りしています(^^)V

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goyacoopさん

編集あり2012/4/122:14:03

9級が不合格だった子は、私は今まで見たことはないです。

初見演奏は、決して易しいものではないです。
ましてや9級さんで、受けられたばかりですもの、
グレード試験というだけでビックリしちゃいますよね。
グレード試験当日のために、事前に講師の先生が練習してくださったかと思いますが、
レッスンの進度もあるし、そんなに完璧には時間は取れなかったかと。


ご質問に戻りますと……

多分、合格はできると思います。

ですが、合格通知の中に書いてある「ABC」評価がポイントだ、とよく言われます。
私の娘もグレード試験を受けていますが、毎年受験する時には、講師の先生に
「合格するかしないかよりも、その内容をよく見てね。全部Aになることを目指して。」
と言われています。

話を戻しますが、グレード試験の最中にボロボロな演奏をしたとします。
たとえば、1オクターブ間違えて弾いてしまったとか。
その時には、試験官の先生は
「音の高さに気をつけて、もう一度弾いてみましょう」とかアドバイスをくれて、
もう一度弾かせてくれると思います。
そこで気付いて、そこそこ直せれば、Aはもらえなくてもその下の方の評価はもらえると思います。

たぶん、これから定期的に上の級を受けていくことと思いますが、
級が上がるたびに驚くほど内容が難しくなってきます。
でも、それは受験者=お子さんが一番よく分かってくると思います。
だから、おそらく次回からは自主的に練習するようになりますよ。

余談ですが、ウチの子も来月末に7級を受けます。
問題集を3冊買って、初見演奏・メロディ聴奏・ハーモニー聴奏・伴奏づけなど、
毎日それぞれ何曲かずつ練習しています。
私は見守る程度にしていますが、内心はハラハラです……

お子さんにいい結果が出ますように。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する