ここから本文です

反復横跳びと立ち幅跳びの練習方法を教えてください

質問者

jdhii845さん

2012/4/2823:41:48

反復横跳びと立ち幅跳びの練習方法を教えてください

中3 女子です

あと2週間ほどで体力テストがあり、

反復横跳びと立ち幅跳びが全然できないのです

今は 反復横跳び→40、立ち幅跳び→170 ぐらいなのですが

反復横跳び→48、立ち幅跳び→190 はいきたいです

ネットでいろいろ見て、実際に何度もやってみたのですが

あまり変わらず・・・。

どなかた、練習方法を教えていただけませんか

みなさまの経験等で教えていただけたらと思います

閲覧数:
9,420
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rockman_atomさん

2012/4/3021:36:13

・反復横跳び
1.基本の反復横跳び20秒間で1メートル間隔の三本のラインを何回またぐかが測定方法の基準となっているが、身長や脚の長さの差もあるので適当でよい。まずは20秒間60ステップをめざそう。脚を動かすというよりは、体幹を安定させた状態で脚が振り子のよう左右に揺れている状態をイメージしてみよう。

2.重心移動
両サイドで足が着地する直前に、反対方向に重心を移動してみよう。足が着地する直前に肩、あるいは頭を進行方向と反対方向に持っていくような意識だ。そうすると、足が地面についたときはすでに体は反対方向に重心移動しているので足に体重があまりかからず素早いターンが可能だ。筋力に頼らない方向転換技術である。SFのようだが必ずできる。


・立ち幅跳び
バランスポジション昔の野球選手を思い出してもらいたい。以前のバッティングフォームは王も長嶋もみんな背中が丸まっていた。内野の守備体勢もそうだった。しかし今のアスリート達の姿勢を良く見てほしい。バッターに限らずサッカーでもバスケットでもゴルフの石川遼でも、みなスクワットの時のように骨盤が前傾し背筋がピンと立っている。

右のイラストのように股関節を屈曲させ骨盤を前傾、拇指球→ひざ→肩を一直線上に乗せる。このポジション=パワーポジションとも言う、が動作構えの基本である。この体勢が最もバランスがとれ、神経の反応もよく視界もよい。だからスクワットが重要なのである。


さあ跳べ
立ち幅跳びももちろんパワーポジションから構える。手を大きく、特に後ろへ大きく振り出し、反動をつけて前上方へ振り上げる勢いで飛び出そう。いわゆる「バネ」で跳ぼうと思ってはならない。スクワットと同様体幹を使うのダ! ケツと股関節で跳べ!! 股関節だ!!! そして空中で背中の筋肉を最大限に使って背を大きく反らし、その反動で今度は大胸筋や腹筋、大腰筋を使って大きく体を前にくの字に曲げるのダ。これだけで飛翔距離が大きく伸びる。これが全身を使った体幹ジャンプである。そして最後はもちろんパワーポジションでバランよく着地である。

瞬発力と伸張反射を使え筋肉には、伸ばされた瞬間縮もうとする反射作用がある。これを伸張反射というのダ。手を大きく振り上げて背を反らす事によって大胸筋や腹筋群、大腰筋等の前側の筋肉が伸長される→伸ばされた前側の筋肉に伸張反射が働き瞬間的に収縮する。この伸張→収縮の切り返し反応スピードの速さがいわゆる瞬発力の事なのダ!

背中の反らしからの前方くの字に曲げへのすばやい切り返しが重要ダ。

1.パワーポジション
2.手の振り上げ+股関節を使って離陸
3.背中を大きく反らし
4.前方にくの字に曲げ
5.パワーポジションで着地

さあどうだ。伸張反射の事はよく覚えておこう。立ち幅跳びだけで、腕立て伏せからスクワットまで、基本の体幹筋肉を全て動員してのバランストレーニングができるのダ。もちろん子供世代に最も発達しやすい瞬発力も向上できる優れたトレーニングダ。このパワーポジションからの動作開始を十分マスターしよう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する