ここから本文です

半田付けよりも、圧着端子派の人へ質問です。 以前、半田付けと圧着端子どちらが...

アバター

質問者

ID非公開さん

2012/6/1812:21:54

半田付けよりも、圧着端子派の人へ質問です。
以前、半田付けと圧着端子どちらが優れているか質問したところ、
圧着端子がいいと力説する回答者がいました。
しかし・・・

この前、自宅で使っているナショナル(松下電器=現パナソニック)製の掃除機が故障したので、
分解したところ、配線の結線に圧着端子が多数使われていました。
で、その圧着端子を手で軽く引っぱったところ、軽い力でスポッと抜けてしまいました。

圧着端子の信頼性って低いと実感しました。

素人が適当に圧着ペンチで圧着したわけではありません。
プロであるメーカーが作った製品なのに、簡単に端子が外れてしまうようでは、
圧着端子の信頼性は低いと言わざるをえません。

さあ!圧着端子派の皆様!反論があるならしてみてくださいww

やっぱり半田付けが一番ですよね?

補足上記の掃除機の軽い力で抜けた端子は、「絶縁被覆付閉端子(CE形)」と思われます。
筒状の金属の上に絶縁被覆が、かぶさった物です。(いわゆる圧着スリーブです。)
着脱が容易なファストン端子ではありません。

閲覧数:
1,637
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_fzr1000さん

編集あり2012/6/2123:30:08

tiebukuro2006さんへ

例に採り上げられた圧着端子は、ファストン端子でしょうかねぇ?
あれも色々在って、一見似た様な外形をしていても、引き抜きに対して抵抗する様に作られた物も在ったりする(専用絶縁ハウジングと組で使う)ので、一概に言えないんじゃないでしょうか?
確かに、保護接地等には適用不可だったりする事も在りますしね。
逆にその意味から、未だにJIS裸圧着端子が標準的に使われていたりします。R型なら緩んでも抜け落ちませんので。

私的には、圧着端子も色々。
経年劣化、特に絶縁被覆内に半田付けの際のフラックスが染み込んでいて、永年の間に導線が腐蝕で断線するというのが拙いと考えます。その点からは、圧着の方が良いですね、問答無用に。
一方で、アマチュアとしてオーディオAmpを自作する際は、結晶粒界面の接触に伴う非直線性発生も考え合わせて、半田付けに軍配を上げます。

で・・・。
圧着端子よりも、バネ式の端子台の方が優れているんじゃないかなぁ〜と思ったりします。日本じゃ実に採用例が少ないのですが。(WAGOとか)

勿論、配線の断続と言う用途については、別の事を考えなきゃ成りませんね。単なる接触と言う意味では、バネ式か圧着か、と言う事に成ると思います、圧接では酸化皮膜を破壊して十分に拡散接合されるか一抹の不安が在るので。


<追加>

>絶縁被覆付閉端子(CE形)
と言う事は、絶縁被覆のチューブから電線がスポット抜けてしまったって事ですよね?
クリンプハイト(で良いのかこの場合 ?)の管理失敗だな。
これが在るから、しっかりした施工・管理が欠かせません。Pro向き、でしょうか。

一方で、一見正常に見えているのに断線が発生し、フラックスが浸透した被覆内部で緑青を吹いてボロボロ、と言うのも大変に困った事象です。隠れた内部だけに、ダメージが大きいです。
経時劣化を恐れるという点、使用環境(湿度)に弱い点からは、圧着が選ばれて当然。

条件によって取捨選択されるべきかと愚考します。(再度書きますが、オーディオを自作するなら信号経路は半田ですね)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iq160overさん

2012/6/2120:37:46

30年少し前に、「圧着の方が良い」と技術者ではないセールスに言われて、ムキになった事を思い出しました。時間が経つとボロが出るのでしょうか? セールスレベルへの洗脳もあったのでしょうか。

「芋ハンダ、天麩羅ハンダ」云々は論外とします。私達はプロですし、それは別の話です。

接触面積からもハンダ付けが有利と思います。互いの材質も重要な要素ですし、酸化もして行きます、接触面積も少な過ぎます。更に、金メッキでも、それは表面の為、圧着では有利ではありません。

要は、圧着は素人向けの大量生産の工法と思います。製品寿命を超えた経時変化は、別の議論です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

maxtockdvdrさん

2012/6/1817:19:32

半田付け始めて50年以上です。
半田付けの信頼性は低いです、芋ハンダ、天麩羅ハンダとかいろんな言葉が有ります。
私もウオークマンのハンダ不良を修理した事が有ります。
圧着工具は圧力が一定以上かからないとフリーにならないのが正規の工具です。
怪しげな単に握るだけの工具も有ります。
普通工場では電動の圧着器でカシメます、質問者の様な話は信じられません、たぶん外注がいい加減な作業をした物と思われます。
パナに言った方が良いですよ、クレームと言う事では無く製品の信頼性向上のサジェッションです

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

onebrain1001さん

2012/6/1815:50:48

最低でも
圧着不良率

ハンダ付け不良率
を比較しないとまるで科学的ではない

率ですよ、率。
1件の不良を引き合いに出して即断しているようでは小学生レベルです。
出直しをお願いします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tomorroww27さん

編集あり2012/6/2200:44:18

どっち派なんて言ってるうちは素人です。

それぞれの特色や、使用条件それに、どの程度の信頼性が要求されているかによります。


えっとですね、経年変化とか、作業スキルや工具の話とかいろいろありますけど、総合的に信頼性高く作れば何十年でも持ちます。

航空機搭載ものや、ロケットに使うものなどは、非常に高い信頼性が必要です。
逆に、100円で買える玩具みたいなものは、そうでもないです。
しかしコストは桁違いになります。
宇宙ものだと半田一ヶ所に安くて数百円ですが後者なら数銭です。

またどちらにも、圧着端子は使うし、半田も使います。

ですから、どちらがいいかと言う質問には、どんな条件で使うのか限定されないと、答えようがありません。


まあ、掃除機位ならパートのお姉さんが、ちょこっと教わってやってるんじゃないですか。

ロケット用なら半田付けも、圧着工事もそれなりの資格をもつ人がやりますからね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gurunpa_40さん

2012/6/1812:42:12

どっち派をかたるほどプロじゃないですが。私見を書いてみました。

基板や部品に外部より電線を接続する場合、どの様な方法があるでしょう。

コネクタによる接続
圧着端子による接続
半田付けによる接続

コネクタのコンタクト部分の接続方法も圧着と、半田付け両方ありますね。


さて、民生品(家電品)は、コストが重要なので、作業が簡単で尚且つ安く実現出来る方法が一番です。

一番コストがかかりそうなのが、直接半田付けを行う方法でしょう。
コネクタのコンタクトに半田付けする方法が若干コスト下がるかな。
コネクタのコンタクトに圧着する方法が次にコストが低いと思われます。
最後に直接圧着した電極を、基板上の電極つなぐ方法がコネクタの部品がない分多少コストが低いと思います。

こんな感じで方法を決めていると思います。

ちなみに、どの方法も適切に工程(工法)を管理しないと、品質が悪くなるのは当然だと思います。
質問者さんが発見した故障原因が圧着端子の不良のようですが、運が悪いと行っちゃうと怒られそうですが、外れを引いちゃったと考えるのが妥当だと思います。

私はインバータの照明器具が突然(10年ぐらい使用)故障し、単純に寿命かとあきらめて分解してみたら、コネクタで接続する基板部分の半田に亀裂が入っていたのが原因でした。
当然半田を盛り直したら回復しました。
半田も経年変化(品質の問題があるかも)で劣化すると言う典型例だと思いました。

参考にして下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する