ここから本文です

電池の並列接続はタブー … 凄い誤解!

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

ike2zuさん

2012/8/811:57:24

電池の並列接続はタブー … 凄い誤解!

電気・電子に知識がある方はほとんど間違いなく、電池の並列接続は
破損、液漏れ、場合により発火、爆発、火災の原因になると言います。
大きな誤解、ウソがあります。
よく使う 1.5 V 電池で説明します。

まず、充電式電池の場合 → 全く問題ありません。 並列接続OKです。
電圧が落ちたものが、残量のある電池で充電されるだけです。
電圧差は大きくても 0.5 V 程度で、しかも、接続されればすぐに
電圧は上がり、電池から電池に流れる電流は急激に小さくなります。

次に、乾電池の場合。
新しい電池 A は 1.6 V 前後です。 一方、パワーがなくなり交換
する頃、電池 B の電圧は 1.4 V 程度でしょう。 このとき、内部抵抗も
大分増えて、10 Ω ~ 100 Ω くらいです。

この 電池 A と B を並列に接続すると、電位差 0.2 V で、
20 mA ~ 2 mA 程度の電流が流れます。

いかがですか? 0.2 V で 20 mA … LED 1個点灯の 1/10
程度の電力です。 しかも 電池 B の電圧は、充電式電池の場合と
同様に、接続されればすぐに電圧は上がり、電流は急激に小さくなります。
どうしてこれで、破損、液漏れ、場合により発火、爆発、…が起こるでしょうか。
液漏れは使わなくても、古くなれば起こります

… よって電池の並列接続はタブー でも何でもありません。
識者の思いこみ、 凄い誤解があるだけのことです!
『 どうしても並列にするなら、 個々の電池に保護抵抗を入れましょう』
などといい加減なアドバイスも止めましょう。

なお、付け足しですが、 乾電池も充電すると、電圧はある程度回復します。
しかし、内部抵抗はあまり回復しません。 だから、乾電池は充電しても
パワーは出ません。 しかし、並列接続のときは、電圧はかなり回復し、
内部抵抗が大きいということで、他の電池に対する負荷にはならない、
ということが分かります。 悪さはしません。

補足この考えは合ってますか?
(で、質問は何? と言われないため)

閲覧数:
6,707
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/8/816:09:30

>電池の並列接続はタブー … 凄い誤解!

まるで大発見のような記述ですね。

大昔から知られている事を今更......何故?
並列接続は昔から平気で使われています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜4件/4件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuki24cさん

編集あり2012/8/906:37:51

あえて非肯定意見をすこしだけ申し上げさせて頂きます

消耗交換が前提の一次電池の場合はまったくそのとおりですね
並列接続の使用も多く見られますし、それ自体NGと言われるほうが疑問を感じます
(新品と消耗品の並列は危険ではありませんが効率の面で適さないのはご存知の通り)
ですが、充電サイクルを有する二次電池になってくると並列接続はNGとなる場合が多いものです

これは電池セルのバラツキや製造過程におけるバランスの関係で寿命に大きな差異があらわれる為です
また寿命に至るまでも充電特性の偏りにより均等に充放電されない場合が多くあります
劣化した電池の為そうでない電池の充電が満充電できない、放電時も劣化側が負荷となる為全体として満足な性能を発揮できない等々
この為、電池システムでは容量が必要な場合はより容量の大きいものを選定し並列は避ける方式をとります
非常用電源やバックアップ電源等はトリクル用途が多く特にこの規定が重要となります
特にニッカド系はメモリー効果が電池個別に大きく異なり相互に影響し合う為特に避ける必要があります

保守点検についても並列接続の場合は個別のセル又はブロックごとに切り離して電池の状態を把握する必要があります
非並列の場合は単位ごとの電圧チェックが可能で劣化電池の発生も全体の充放電特性を監視するだけで発見が容易です
また不良ブロックの交換もその部分だけの取替えで対応可能となります
経験上同一製品同一配置の鉛蓄電池でも2倍程度の劣化差異があったりします
また初稼動より時間が経過するにつれブロック単位の交換履歴が順次異なり電池の交換時期が個別に大きく異なってくる為並列は極めて不利となります

しかし、汎用電池の大容量を上回る容量を必要となる場合は並列接続を行うしかなく
この場合放電は合成ダイオード等による逆流防止とバランス化を行い充電時は並列回路を切り離し、直列単位で充電するシステムにて対応するのが一般的だと考えます
大型船舶、潜行艦艇、プラント用補助電源、マイクロ波中継局等はこの方式です

以上電池と言う括りでしたので一次、二次電池の違いを指摘させて頂きました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ddnanaraさん

2012/8/819:54:05

誰が言ったか知らないが、バカに釘さすために話盛ってるだけでは?

おっしゃる通り並列に接続したからといって、乾電池が破損することはまずありません。
ただ、常に循環電流が流れてしまいの両方の期待寿命が減るので、良い使い方とは言えないだけです。
ですから大抵の場合、乾電池は直列に使われる事が多いんですね。
意図的に並列を採用している例もありますが。

ちなみにですが、乾電池を逆充填した場合に直列のほうが安全ということもあります。
直列の場合機器が作動しないか、作動したとしても乾電池に発生する異常は、液漏れ等で緩やかです。
並列だと逆装填した時点で短絡状態となり、爆発・発火の危険があります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

m_taka2さん

2012/8/812:53:43

乾電池の終止電圧は0.9Vぐらいです。
参考:パナソニックの乾電池情報 http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/AAC4000/AAC4000PJ1.pdf

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hspmonookiさん

2012/8/812:31:06

いや、並列接続も普通に使っています。

で、終わりですか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する