ここから本文です

解決済みのQ&A

垂乳根の母とは、乳が垂れた母親のことを言うのですか? なんて下品で卑わいなので...

yodotti20066さん

垂乳根の母とは、乳が垂れた母親のことを言うのですか?
なんて下品で卑わいなのでしょうか?

※2段目の日本語は間違っているかも知れません。

  • 質問日時:
    2006/9/18 11:11:55
  • 解決日時:
    2006/9/23 13:23:23
  • 閲覧数:
    17,961
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

kanariakajinさん

万葉集の訓仮名表記には「垂乳根乃」「足乳根乃」が多く、乳房が垂れた、
乳の満ち足りたなどの語源解釈がされていたようです。
しかし「垂る」「足る」ともに四段活用動詞であり、未然形に名詞の接続
する「たら乳」という語構成は考えにくい。
一説に、「たらち」は「たらし」の転で、満ち足りたの意を表すほめ言葉
「ね」は女性に対する親愛の気持ちを表す接尾語ともいいますが、未詳。

枕詞の「垂乳根の」は「母」また、中古以降は「親」にかかります。

名詞の「垂乳根」は①、母の意。②、父の意。③、親。両親の意。

【参考】「たらちね」は、もと母の意。のちに母を「たらちめ」、父を
「たらちを」と分け、やがて両親を「たらちね」と呼ぶようになりました。

以上の内容を考えるに「垂乳根」は母に限定して付く語ではありません。
従って質問者さんのように考える必要はないと思います。

参照「古語大辞典」「古語辞典」旺文社

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/9/21 07:35:53
  • 回答日時:2006/9/18 18:50:35

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

sarutahiko52さん

確かに「垂乳根の」を、「垂れた乳房の」と解釈されることもあります。

しかし「足乳根の」は「満ち足りた母乳の」からきたという説もあり、必ずしも乳が垂れているわけではないという見解もあるのです。

そして、前者の説にたったとしても、
ご存じのようにこれは具体的な乳の垂れた人を表す言葉ではなく
「母」にかかる枕言葉ですね。

zenichiro2001さん

いいえ、母親(親)全てを表す枕詞です。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する