ここから本文です

高齢化社会の問題点をできるだけ多くあげてもらえませんか? 少子高齢化の問題...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

tomomi_1tuさん

2006/10/3023:16:41

高齢化社会の問題点をできるだけ多くあげてもらえませんか?

少子高齢化の問題はよくわかります。
しかし、高齢化社会だけになってしまうと、いまいち何が問題なのかわかりません。わかっても年金くらいです。

2日がレポート提出期限なんです。
どうかみなさまよろしくお願いいたします。

閲覧数:
108,992
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/10/3023:28:12

社会保障制度の持続可能性
先進諸国の老人福祉制度は長らく人口安定的な少産少子社会の到来を予測して設計されてきた。そのため一定程度までの高齢化は織り込んできたが、少子化による高齢化率の急上昇は福祉制度の持続可能性を揺るがす問題となっている。

また、高齢化は、一般歳出にしめる社会保障関係費も大きく増大させており、財政赤字の大きな原因となっている。


年金制度
少子高齢化により、扶養者数に対する被扶養者数の比率が上昇し、現役世代の年金負担が増加する。少子化により次世代育成負担は減少するが、教育欲の高まりにより一部相殺される。また公的支援が補助的役割にとどまる次世代育成負担を、公的支援が中心的役割を担う老人福祉へ付け替える際には、名目上の可処分所得減少が生じるため、国民の反発が強い。そのため年金負担の増加は抑制的となり、年金給付の減額が必要となる。すると過渡的に年金負担額が高く年金受給額が低い世代が生じ、年金制度への不信感が醸成される。こうしたことから年金の未加入・未払いが増加しており、世代間の扶養体制の維持が不安視される。

負担の抑制と給付の維持を両立するためには、現役世代を増やし引退世代を減らせばよい。そこで給付開始年齢の引き上げ、定年の延長、安定した雇用環境の構築、失業率の改善などが検討・実施されている。


医療保険制度
医療保険制度は一般に被扶養世代である年少世代と高齢世代に手厚い保障を行っているが、一般に高齢化による医療費増大は少子化による医療費減少を大きく上回る。

そのため高齢世代の自己負担割合の増加、生活習慣病の予防推進などの医療費削減策が検討・実施され、制度の維持可能性を保持する努力が続けられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BD%A2%E5%8C%96%E7%A4%BE%E...

質問した人からのコメント

2006/10/31 23:39:47

降参 みなさまご協力どうもありがとうございました!本当に参考になりました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gutti46さん

2006/10/3023:27:01

「高齢化」という言葉の中に「少子化」という意味を
含んでいる場合が、先ず一点。
子供も多いのに高齢化が進むという意味なら、
多くの人が長生きをするということですから、
問題というより、大変おめでたいことです。
ただし、
定年が、55歳という、実情に合わない就業規則の
会社がまだ多いとか、60過ぎたら社会の何の役にも
立たない、というような現実からかけ離れた議論が
ある点が、「問題点」となっている気がします。
ちなみに後者の意見は、政権党のそれこそ70以上の
人から出されたりしています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sakataka20さん

2006/10/3023:26:15

高齢化社会の問題は、高齢者の増加という人口問題を中心に、社会、経済、政治など全般にわたって、いろいろな変化が起こるのに対応する問題です。具体的には、老人医療、年金問題、定年退職や再就職という雇用問題、老人施設など幅広い問題があります。そのことの社会全体にとっての最も大きな問題は、

①公的年金制度の財勢の破綻という点、
きわめて高い可能性が、予測されていることで、対応策としては保険料 の引き上げと、給付の引下げで解決の道が考えられています。
②扶養層の社会負担額(税とか、社会保険料など)が増大するという点、
高齢化社会は、養ってもらう人口が増え、養う人口(生産年齢人口)が 減る社会である限り、扶養者層の負担増加の問題は、悲観的なほど解決 法方が見当たらないようです。要するに、高齢化社会の問題は経済問題 が中心になっていると言えます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2006/10/3023:23:37

かいとう:高齢化は、医療費や介護支援費を
発生させます。

社会保険が上がったこともこれが一因でしょう。

そしてそれをまかなう若者がいなくなっている。
高齢化で医療費があがってもそれを補う納税率
が得られれば、たいしたダメージではありませんが、
医療費のかかる高齢者は増加。

納税をする若者は減少。

その相互関係が特に社会問題となっているのです。

かいとうころんでした。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する