ここから本文です

「大政奉還」と「王政復古の大号令」 ってどう違うのでしょうか? 同じ意味です...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

tikkys530さん

2006/11/417:24:47

「大政奉還」と「王政復古の大号令」

ってどう違うのでしょうか? 同じ意味ですか?
ウィキペデアとか読んだりしているのですが、いまいち違いが解らないんです。

こんなお馬鹿を助けて頂けないでしょうか? 宜しくお願いします。

閲覧数:
23,373
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/11/423:47:14

「大政奉還」とは、徳川慶喜が将軍の位を返上したこと。これで、江戸幕府は名目上は滅んだのですが、朝廷(天皇)だって、それまで長いこと政治をやっていなかったわけですから、いきなり政権を返上されても、どうしていいかわかりません。ですから、大政奉還後の政治の流れの中には、徳川慶喜(および旧幕府)も含めた新しい政治のしくみを作って行こうとする動きもありました。何といっても「元将軍」である上、将軍でなくなってからも、「最大の大名」であるわかですから、徳川慶喜の影響力は否定できない。

これに対して、幕府を倒そうとしていた人々が巻き返しをはかって「これからは天皇中心の政治で行く」と宣言したのが「王政復古の大号令」。これは、天皇中心の政治で行くことを宣言しただけでなく、徳川慶喜だけに「辞官・納地(じかん・のうち=将軍以外の役職もすべて返上し、領地も差し出すこと)」を要求しています。つまり、「徳川慶喜(&旧幕府)を除いた新しい政府を作ろう」という宣言。
このため、これに刺激された旧幕府側の勢力と後の新政府側の間で「戊辰戦争」が始まるのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tkmasuさん

2006/11/617:23:38

大政奉還は将軍慶喜が「もうこれからは朝廷で政治やんなよ」と、政治面のすべてを朝廷に渡したこと。
王政復古の大号令は天皇が「もうこれからは私天皇が政治をするわ!」と、大政奉還の受諾、決定を宣言したこと。
大政奉還はあくまで慶喜が決意を表明しただけ。これを朝廷が受諾しなければ、王政復古はなかったわけです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

abare34さん

2006/11/514:20:30

維新は実質上維新(これあらた)なる事はなく
末期幕府が総力を挙げて改革した近代軍備と内閣的政務機関を
明治新政府がそのまま引き継いだにすぎない。
革命(revolution)ではなく、復位(restoration)である。

杉浦日向子さんの「合葬(がっそう)」という彰義隊の話に載っていました。
どなたか高名な方の文言かもしれませんが(もしくは杉浦さんの言かも)、言い得ていると思います。
大政奉還と王政復古の大号令の、事象の流れですけど。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aegeanyamatoさん

編集あり2006/11/514:49:54

大政奉還を簡単に言えば、国政の政治的権限(司法・行政・立法)を徳川から朝廷に戻します。という意味。
王政復古は、国政の政治的権限(司法・行政・立法)を朝廷が執行するということです。つまり、それを広く国内に宣言したことが王政復古ということになります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

winoyagi_15さん

2006/11/417:37:36

まず行為者が違います。
「大政奉還」は、徳川幕府が、朝廷に政権を返しますよと伝えた。
ウィキペディアの説明をよく見てください。実権が移っただけで新たな役職ができるような政治制度の改革があったわけではありません。

「王政復古の大号令」は、朝廷が、これからは新政府を作り、我々が日本の政治を行いますと宣言した。
ウィキペディアにもありますが、摂関制度廃止、幕府の廃止など具体策が行われているのがわかります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

y0528sさん

2006/11/417:33:30

自分もよく分かんないんですが聞いてください!
元治元年(1864)
陰謀を企てた尊攘派志士を新選組が捕縛した池田屋騒動をきっかけに、長州藩が京都に攻め入った(禁門の変)。会津・桑名・薩摩藩により長州藩は撤退、降伏した。
この半年後、長州は米英仏蘭連合艦隊に下関を攻撃され、攘夷論が衰退、翌年には高杉晋作らが挙兵し、倒幕派が主導権を握った。そのため幕府は再び長州藩征伐に乗りだしたが、幕府軍は各地で敗戦、将軍家茂も死去したため休戦に持ち込んだ。この戦いに参加しなかった薩摩藩は、土佐藩士坂本龍馬の仲介で長州藩と同盟を結んで倒幕路線に変更。さらに徳川慶喜が将軍に就任すると同時に、公武合体派の孝明天皇が死去してしまう。

明治天皇が即位すると朝廷内では岩倉具視を中心とした倒幕派の暗躍が始まり、薩摩藩西郷隆盛・大久保利通と共に天皇からの「倒幕の密勅」を入手して倒幕の大義名分を得た。この動きを察知した徳川慶喜は幕藩体制の限界を悟り、朝廷に政権を返還した(大政奉還)。

朝敵を逃れた慶喜だったが、明治天皇の名において「王政復古の大号令」が発せられ、慶喜の官位はく奪と領地返上が岩倉具視らにより強引に決定された。在京の会津・桑名などの諸藩はこの陰謀に怒りをあらわにしたが、朝敵になるのを恐れた慶喜は容保と定敬をつれて大阪に下った。
だそうです! こんなのでよければ役にしてください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する