ここから本文です

【6】イエス・キリストはどのように再来するのか?

質問者

yangmask_yangmaskさん

2012/12/1914:36:46

【6】イエス・キリストはどのように再来するのか?

-
mutenkaplaceさん

>聖霊が教える組織こそ人間の組織ではなく、イエスの体である霊の教会なのです、イエスはこの教会に集まり会うように勧めているのです。

その教会は現在、どのように機能していますか? 目に見える形で。
-


>それから「イエス様」ですが・・・、「様」付けで呼ぶのは如何なものでしょうか?、かえって失礼になりませんか?。

私はイエスのことを王、または先生(教師)だと考えています。イエスが地上に来た時、やはり使徒たちも同じだったでしょう。イエスについてどのように呼ぶべきかは個人の自由だと思います。ただ、私がもしイエス・キリストと面と向かって話すとしたら、何と呼びかけるのか?と真剣に考えた結果です。日本人的に呼び捨てはないかな~と思いまして。もし、面と向かってイエスと会話することができたとした場合、mutenkaplaceさんなら何と呼びかけますか? 呼び捨て?
-


acoustic_bass_2403さん

>直接「主イエスよ」と本当に呼びかけ、自分からお願いしている動作は、祈りそのものだと思いますよ。もしこれを祈りではなく「普通の人間に呼びかけるのと同じ」と見なせるのであれば、キリスト教徒が「母マリアよ」とか、「大天使ガブリエルよ」と呼び求めるのも何ら差し支えないのではないでしょうか。

だれに呼びかけるのも自由だと思いますが、その目的が問われますし、その呼びかけに何の意味が?という問題もあります。イエスもマリア(恐らく天で復活した)もガブリエルも実在者ですが、彼らに祈るとしたら、「それは神に対して祈るべきことです。神に求めなさい」というのが彼らの返答でしょう。(啓示22:9)。しかし、それを直接答えたのでは、元も子もないので、直接返答はしない、しかし、聖書によって正しい答えに導くということはするでしょう。

イエス個人に特定の用事があるならそれを聞き届けてもいるかもしれません。しかし、何の用がある?

補足acoustic_bass_2403さん

全能の神は大勢の人々の祈りを同時に聞く能力がありますが、イエスにはないかもしれません。「祈りを聞かれる方」は全能のエホバ神のみでは?
-


mutenkaplaceさん

全世界の人々はまだ「エホバを知れ」と教えられなければならない状況にあります。最終的な形態にまでは現在まだ至っていないのでは? 1世紀にそうであったように、クリスチャン会衆、神の学校、人々の集まり、組織が必要なのでは?

この質問は、mutenkaplaceさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
165
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/12/2014:45:54

>イエス個人に特定の用事があるならそれを聞き届けてもいるかもしれません。しかし、何の用がある?

父なる神に祈り求めるべきことがあるように、イエス・キリストにも祈り求めるべきことがあります。
助けや恵みや執り成しなどです。
ステファノが主イエスに祈った時、主は「それは神に対して祈るべきことです。神に求めなさい」と返したりはなさいませんでした。

「主を呼ぶ」あるいは「主の名を呼び求める」というのは、「主イエスよ」とか「イエス様よ」と言うこと抜きにはほぼできません。
実のところ、エホバの証人の教えはこのことに否定的です。



補足します。

>全能の神は大勢の人々の祈りを同時に聞く能力がありますが、イエスにはないかもしれません。「祈りを聞かれる方」は全能のエホバ神のみでは?

なるほどですね。これはわたし個人の信仰体験による考えですが、主イエスの力はそのようには限定されないと思います。
ただ一人で万人の主であり、助けと救済を求めてご自分を呼ぶ者たちに必ず答えてくださる、それも十二分の恵みをもって答えてくださる力をお持ちです(ローマ10:11-13)。

質問した人からのコメント

2012/12/21 09:33:38

私も主イエスを呼び求める者の一人です。ゆえに、イエス・キリストの再来が近づいたことをふれ告げます。「アーメン! 主イエスよ、来てください」(啓示22:20)。

本当に、イエスはまもなく来られます。その用意を整えておいてください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mutenkaplaceさん

リクエストマッチ

編集あり2012/12/2020:49:00

イエス・キリストの体である霊の教会は、迷いの霊の肉の目では見えず、聞いても理解出来ないと思います。
ですから、人間の造り主である神YHWH(キリスト)を求め続け、探し続け、叩き続け、イエスが父から取って分け与える聖霊を求め続ける事をお勧めします。

「様」に関してですが、イエスは「私の母、私の兄弟たちとは、神の言葉を聞き、それらを行う者たちの事です」。と言われているように、イエスの兄弟また母と言う近親者は、我が子や兄弟を「様」付けで呼ぶでしょうか?。イエスはこの世的な上下関係を最も嫌われたのではありませんか?。
補足に関して。
確かに、「ある者は宣教者、ある者は使徒、ある者は教える者」となりますが、これは全くパン種の混入されていない聖書のみ(イエスが直接語った言葉及び、後に聖霊によって知らせた言葉)を教える者で無くてはならないと思います。
つまり、聖書は使徒たちの時代に完成されたもので、JWのように年代計算、イエス・キリストの再来日予測などの付け加えの教義は全く不必要であり、人を躓かせるものとなるだけと思います。
そして、霊(聖霊)によって記された言葉は聖霊の導きによってこそ全体を把握する事が可能となるのではないでしょうか。

キリスト教世界もJWも真の残りの者(偽りの教義に心を割き聖霊による割礼を施される)者たちを生み出す土壌となって来たのは事実と思いますが、だからと言って「神の御意志を行っている」訳では無いと思います。
ハルマゲドンで火の池に投げ込まれる獣と偽預言者と言う組織宗教から出る必要があると思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

odsnqさん

2012/12/1916:28:14

マタイ福音24章23節ー44節、
マルコ福音13章21節ー27節
ルカ福音 21章25節ー34節
に載っていますので読んでください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する