ここから本文です

解決済みのQ&A

一般的なばね座金、座金の使い方についてですが、 たとえば2枚の鉄板をM16ボルト...

jis_g_3451_1987さん

一般的なばね座金、座金の使い方についてですが、
たとえば2枚の鉄板をM16ボルトで接合する場合に、ばね座金を使用するものとして
必要な材料は2枚の鉄板、M16ボルト、ナットは分かるのですが、座金、ばね座金はそれぞれ何枚ひつようなのでしょうか。
またナットを2重にする時はばね座金は使用不可なのでしょうか、2重にする時の座金の使用方法を教えてください。

  • 質問日時:
    2006/11/14 14:22:53
  • 解決日時:
    2006/11/21 15:39:53
  • 閲覧数:
    13,188
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

boccadilidoさん

平座金、ばね座金とも、一般にはボルト側は座金なし、ナット側に座金1枚を使います。
二重ナットを使う場合はナット側に1枚の平座金です。
ボルト側にも座金を入れても技術的には問題ありませんが、ボルト本数が多くなると面倒だしコスト高になります。ではなぜナット側に座金を挟むのかと言えば、ナットを回すときナット底面の摩擦係数を一定にすることと鉄板を傷つけないためです。だから、ボルトナットを締めるときは、ボルトの頭を押さえておいてナットを回すのが常識です。
接合するものが木材のような柔らかい材料の場合はまた別で、締め付け荷重を分散させるために角座金をボルト側にもナット側にも挟みます。
位置調整用に大きめに開けられている鉄板の穴(バカ穴という)の場合も、両側に平座金や角座金を入れることはあります。
ばね座金は、確実なゆるみ止めは期待できません。ゆるみ止めは平座金よりはましな程度です。二重ナットは確実なゆるみ止めが期待できますので、さらにバネ座金を入れる必要はありません(入れて困ることはありませんが)。

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/11/19 20:12:14
  • 回答日時:2006/11/18 16:04:42

質問した人からのお礼

  • ありがとうございました。とても助かりました。
  • コメント日時:2006/11/21 15:42:10

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

sonicf883さん

座金2枚・ばね座金1枚じゃないですか?2重ナットの場合座金、ナット、ばね座金、ナットの順番だと緩む事はないです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する