ここから本文です

NHKのトンイで世子の病が「痿疾」とでてきますが・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

goldeneagle_888さん

2013/2/1619:13:39

NHKのトンイで世子の病が「痿疾」とでてきますが・・

性機能障害、いわゆる「勃起不全」という病気でしょうか?

補足このドラマで病気といえば「煎じ薬」のみですが、
痿疾には、鹿の角、高麗人参、オットセイのぺ○○とか強精剤も?
しかし、「チャングムの誓い」で登場した「鍼灸師」も既にいた
であろうに出てきませんね。
この病には、神経治療の「鍼灸」も良かったのかもと・・?
内密に治療することでそれも無理だったのかな?

閲覧数:
78,877
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アップロード写真

カテゴリマスター

ineedyou55さん

編集あり2013/2/1700:39:18

トンイ第50話「兄と弟」で、世子の病の名前が「痿疾(いしつ)」であるとテロップ入りで放送されましたが、どんな病気かまでは説明されていませんでした。検索したところgoo辞書では、
手足などがしびれて感覚を失い、動作が自由にならない病気。しびれやまい。
とあります。なぜ、世継ぎをもうけることができないのかはこの説明ではわかりませんね。
ほぼ訳!晋書によると、
睡みを喜び,痿疾したため,婦人を御すこと能わなかった.」
という記述があります。なんだかはっきりしませんね。

高密文献王・司馬泰によると、
【喜睡(睡眠を好む?)・痿疾(性不能?)のために、婦人を御することができなかった。】
とあり性不能?とありますね。この解釈なら世継ぎをもうけられないというのは頷けます。

そうそう、ドラマ「張禧嬪(チャン・ヒビン)」(キム・ヘス主演)で、息子世子と引き裂かれる時に泣き叫んで、思わず世子が気絶するほど股間を握ってしまいそれが原因で子供が出来ない身体にくなった、と解説して居ました。

質問した人からのコメント

2013/2/17 09:45:27

もし、張禧嬪が悪女でなかったなら世子の病を王に相談しただろう。
だったら、清国から最高の鍼の名師を王は呼べたかも?
やはり悪因は悪果、という因果の法則なんでしょうね・・。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

emili338さん

2013/2/1621:41:00

トンイでは、「痿疾」と出てましたが、母親チャン・ヒビンの
賜薬シーンを見て以来、うつ病になり、父の粛王からも、
疎んじられ、ますます、病は深くなり、性機能障害も
併発したといわれています。

また、他の説では、ヒビンの悪事がばれ、幽閉される際、
世子に、しがみつき、その際、局部を強く、引っ張ってしまって、
子供が出来ない身体になったとも。。。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する