ここから本文です

解決済みのQ&A

絶滅危惧種を保護する理由は?

symcbmさん

絶滅危惧種を保護する理由は?

今世界中で生物を絶滅させない努力が続けられているのはなぜでしょうか?
絶滅危惧種を心配するサイトなどでも”生物を保護する理由”については詳しく書かれているところは無いようです。

私が思うにはあらゆる生物の絶滅回避をする最も大きい目的は人類への安全保障ではないかなと思います。
生物の絶滅が続くと地球環境に何が起こるかわからず、絶滅は不可逆なので安全策として絶滅を防いでいるのではないかという解釈です。
皆さんの考えもお聞かせください。

  • 質問日時:
    2006/12/23 20:45:40
  • 解決日時:
    2006/12/30 14:45:03
  • 閲覧数:
    16,390
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

reine_apperzeptionさん

自然保護の一つとして、絶滅危機種の保護が行われるのですが、
自然保護にも、いくつかの考え方があります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=149...
上記のとおりなのですが、現在の自然保護は、①の観点から行われています。
学説などは、②を支持しています。

①人間中心主義的立場…人間の資源として、どれだけ役立つかという尺度で自然の価値を図り、その観点から保全を行う。地球サミットのリオ宣言も、これに該当します。
②自然中心主義的立場…①の批判から誕生し、人間の役に立つかではなく、人間も自然の一構成員であり、自然そのものに価値を認め、人間と自然の調和の観点で保全する。動物を原告とする「自然の権利」は、この観点からの訴訟です。
③デープエコロジー…②の一種だが、自然を守るのに科学を用いるのではなく、むしろ経済・技術を改め、人口抑制も自然の為なら必要と考える。

よって自然保護は、
①によると人間の為であり、②は人間中心主義の批判から、自然も人間と同様に大切だからであり、③は一動物の人間よりも、自然の方が大切だから
という理由で行います。


生物の絶滅回避をする理由は、
自然保護の理由と同じで、2つの考えがあります。

 学説は、②を支持していますので、以下の考えが占めています。
 自然界では絶えず競争が繰り返されています。生物どうしの争いに破れて滅びた動物も沢山います。ところが現在問題になっている絶滅は、自然界で起こる絶滅とは根本的に異なります。その違いとは、私たち人間が絶滅させているという事です。羽根が美しいから、肉がおいしいから、形が珍しいからという理由で乱獲され、絶滅した動物もいます。100年前までの絶滅の主な理由は、こうした人間の乱獲でした。
 しかし今では、この乱獲とも比較にならない程のスピードで絶滅が進行しています。それは「大規模な地球環境の破壊」、つまり生物が棲息する生態系そのものの破壊によるものなのです。沢山の生き物がすんでいた裏山の雑木林や海辺の砂浜、魚釣りを楽しんだ小川。これらの多くは今や「安全」で管理しやすい様にコンクリートやアスファルトで固められています。ところが、護岸工事された川や海からは多くの生物が消えていきました。アスファルトの下では、モグラ、ミミズ、セミの幼虫などは生きられないからです。 山を切り開いて道路を作ったり、ゴルフ場を建設したり、私たちの便利で快適な生活のために、生態系はどんどん破壊され、生物が静かに消えているのです。
 生態学者のロバート・メイは、各地での絶滅率がこのまま続けば、今後50年間で生息する種は、半分まで減るだろうと推定しています。

 この様な自然破壊は、人間に責任があります。そしてまた、人間だけが特別な存在とは言えなくなったという思想の転換もあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=109...
上記のとおりですが、
「人間は自然から区別されて他の生物に優越し、自然を治める役割を担わされた存在である」
という人間中心主義の思想は否定され、「自然にも人間同様の価値があり、人間も自然も、地球の一構成員であり、人間と自然が共に生きる事が必要なんだ」と考える思想に変わったわけです。

 ①の立場にいる方は、質問者様の考え方で保全をしています。リオ宣言には、『持続可能な開発』という言葉があり、開発を続ける為に、御指摘の「生物の絶滅が続くと地球環境に何が起こるか分からない」を避けているわけです。
 他方で②の立場にいる方は、自然と共に生きるという点から、破壊した責任として、また両者がよく生きられる様にという事から、保全すると考えます。

 あとサイトについてですが、自然保護の出発点は、ストックホルム宣言、リオ宣言にありますので、その条文が載ったサイトを載せておきます
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/ninngennkannkyousenngenn.ht...
http://www.erc.pref.fukui.jp/info/rio.html
「人間環境を保護し、改善することは、世界中の人々の福祉と経済発展に影響を及ぼす主要な課題である。これは、全世界の人々が緊急に望むところであり、すべての政府の義務である」
①の立場ですから、その条文も、人間の幸福の為に保全すると明言しています。

質問した人からのお礼

  • 詳しいお答えありがとうございました。やはりいつでも人間中心ですね。それがいいか悪いかの決着はつけにくいですが、趨勢上はやはり人類の利益を追うということになろうかと思います。動物に人権がないのはたぶん彼らが自分の利益を主張できないからです。
  • コメント日時:2006/12/30 14:45:03

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

shiroazisashiさん

ぶっちゃけ、淋しいからです。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

otaking_otakuさん

質問者さんの解釈で正しいのではないでしょうか。
生物を保護する理由は、人類を未知なる恐怖から守るためです。
地球上には様々な生物が生息し、それらによって複雑な生態系が形成されています。
人類はこの生態系を完全に把握していません。
そのため、生物が絶滅し生態系に乱れが生じると、どのような影響が人類に及ぶか予測が
難しいのです。

また、生物は人間の食糧、燃料、装飾品、医薬品、衣料品、など様々な形で人類の
支えとなっています。これらの生物が絶滅してしまえば人類が生存していくことは難しくなるでしょう。

さらに、生物絶滅の問題は森林破壊や砂漠化、温暖化など様々な地球環境問題と少なからずリンクしています。
そのため、様々な生物が生息できるということは、地球環境の健全性を示す一つの指標といえると思います。

manga_ookokuさん

難しい問題です。人間のせいでこういう問題が起きると思います。
保護する理由は単純に生き物だからです。もちろん植物も。
生態系もかわるでしょうし。。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する