ここから本文です

アメリカの低所得者向け医療制度(メディケイド)についてわからないことがありま...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

oshiete_valueさん

2013/4/909:57:22

アメリカの低所得者向け医療制度(メディケイド)についてわからないことがあります。

メディケイドは、一定の条件を満たせば、医療費を公費で負担してくれる制度ということです。

一方で、中間所得層の中には毎月の医療保険料が支払えなくて、大病を煩った際に無保険なので実費で払うことで破産する人もいると聞いたことがあります。仕事をしてある一定程度の所得を得ているにもかかわらず、破産することがあるのです。

そう考えると、アメリカではわざと低所得になった方が医療も受けれていいような気がするのですが、どうなんでしょうか?
ちゃんと仕事をしていても、高い保険料を払えないなら、低所得になった方が得なことがあるというのは不条理な感じもしますが。

どなたか教えて頂けますでしょうか?

閲覧数:
432
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gom716さん

2013/4/911:09:11

そうはイカのキン…、失礼しました。 品が無いですよね。

ところが最低な医療しか受けられないし、使い勝手も悪い。
一律価格(自由診療を除く)の日本とは違い、アメリカは基本的に金額によって医療程度に差が有ります。 だから民間の保険会社に加入していても、そのグレードが低いと治療を拒否されるケースも少なくない。
だから早期に治療をすれば簡単に治る病気でも、診療を受けた時には既に手遅れって場合も多い。

質問した人からのコメント

2013/4/9 15:08:02

感謝 ありがとうございます!大変参考になりました☆

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する