ここから本文です

最小錯乱円について

fatexx_xxxさん

2013/4/2614:00:36

最小錯乱円について

乱視有りでカラーコンタクトを購入するのに、最小錯乱円の計算をしているのですが
うまくいきません。

右 D -2.75 CYL -2.25 AXIS 180
左 D -2,75 CYL -1.25 AXIS 180

なのですが、この場合の度数はどうなるのでしょうか?

補足右 +1.00、左 +0.50という事は、
右が-3.75、左が-3.25ということですか?
間違っていたらすみません

閲覧数:
375
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

seishou1531さん

編集あり2013/4/2823:09:04

等価球面度数の事ですね?
球面度数(近視度数)はどの方向においても度数が同じ状態。
円柱度数(乱視度数)はある方向にのみ度数が入っている状態。
乱視度数を入れられない場合に、その中間値を入れる事により、
近視度数よりは、若干強くなるが、乱視度数の半分を入れる事により、乱視の矯正を半分だけしてあげる処方です。
あなたの場合は、右の乱視度数が-2.25でかなり強い乱視なので、等価球面により、-1.00を上乗せしてしまうと、かなり強めの処方になってしまいます。
左程度の乱視であれば、-0.50を上乗せする程度なので、せいぜいこれ位の処方になるでしょう。

ー度数の上乗せなので、-3.75、-3.25位ですが、右は恐らく強すぎになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する