ここから本文です

東京都民で自民党に投票した人は原発再稼働賛成で、東京に原発を置くのには反対で...

komasaramさん

2013/6/2500:45:10

東京都民で自民党に投票した人は原発再稼働賛成で、東京に原発を置くのには反対ですか?
ずっと東京都民の電気の為に福島の人に犠牲になってもらってい平気ですか?

ある人がFacebookで都議選に関して「原発再稼働には反対していても自民党には入れちゃうんだね、大半が。東京に原発が出来るわけないとでも思ってるのかな?」と書いていたようです。自民党に投票した人は原発再稼働に賛成ですか?

補足訂正
ずっと東京都民の電気の為に福島の人に犠牲になってもらってい平気ですか?

ずっと東京都民の電気の為に福島の人に犠牲になってもらって平気ですか?
or
ずっと東京都民の電気の為に福島の人に犠牲になってもらっていて平気ですか?

閲覧数:
527
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アップロード写真

カテゴリマスター

riewseygoさん

編集あり2013/6/2905:09:39

そのFacebookコメントもそうですが、全国新聞でさえ全く選挙結果を読み間違えていますね。
「大半」などとは片腹痛い。
選挙の朝日出口調査でも、自民党に投票したのは37%だけですよ。それで40何%かの議席を得ている。しかも、それはたった43%の投票率しかない中でのことです。

ようするに自民党に投票したのは全有権者のうち、たった 16% でしかない。

毎回東京都議会選挙の投票率は決して高くはありませんが、今回は特に低かった。以前なら「政治に無関心」とか言われたところですが、決してその中で勝った政党が支持を得たという評価はされなかった。

しかも今回は政治が特に注目された中で、格段に低い投票率です。しかも原発即時ゼロを前面に押し出した共産党が躍進しています。

もう明らかでしょう。自民党は得票数を減らしたのです。大部分の人は自民党にも「否」を突き付け、しかし野党でもダメだという意思表示を棄権によって表したのです。一部の人は共産党支持に移動した。

自民党に投票した人はほとんどがアベノミクスに期待したものです。なぜなら、いつでも自民党に投票する人しか今回も投票しておらず、それらの人々はいわゆる「組織的固定票」として自民党の票田になっている人々であり、財界産業界に連なって組織票を投じる人々です。
これらの人々でもほとんどは原発が危険だと考え、半分は脱原発ですが、表面上、組織票として再稼働には賛成します。

公明党は再稼働に慎重姿勢です。

こうしたことどもをちゃんと見れば、自民党勢力は衆院選時よりかえって勢いを失っていると見るのが妥当でしょう。組織的固定票のカラクリのおかげで議席を確保しただけです。ちなみに共産党にも組織票があります。

大半の有権者は今の政治を拒否したと見なければならないでしょう。

補足

他の回答者さんの回答を眺めていましたが、やはりちゃんと選挙結果を見ていない観念論ですね。
選挙の議席数だけを見過ぎです。衆院選でも自民党得票率は低かったのです。

民主主義制度は高い投票率と低い死票率を前提に設計されています。投票率が低ければ、あるいは死票率が高ければ結果に民意は反映されないのです。そのことは世の常識です。学術的にも確定しています。簡単な統計の問題ですからね。

そして、それゆえにどの世界の民主国家であっても、同じ問題を抱えたところは民主制度の危機と捉え、改革に余念がありません。なぜなら、低投票率と高死票率では少数独裁が可能になってしまい、民主主義制度が崩壊しかねないからです。
過去から変化し続けている国情、世情の変化に合わせて、いかに民意を政治に反映させるか、その方法論を研究することに余念が無いのです。完全な選挙制度は存在しないし、それだけが民意をくみ取る手段ではないし、それだけでは汲みとれないことがはっきりしているからです。

その意味では日本の多くの人はマスコミも含めて非常に勉強不足ですし、国家の主権者としては非常識に過ぎ、怠慢であると言えます。そして自民党は過去20年間、そのことにつけ込むように、選挙制度の改悪をやり、今では改憲手続きの改悪までやろうとしています。なぜなら、20年前以前とは異なり、この20年間は自民党分裂などにより固定支持層が激減し、今では固定支持者層が20%内外の小党になってしまっているからです。大政党に見えるのは支持基盤が財界にあるため資金が潤沢であるからに過ぎません。

最も基本的に理解しておかねばならないことは、民主主義は、完全な制度というものは存在しないし、それゆえに絶えず制度改革を伴わなければならない、という理解を基礎の一つとして出発しているということです。
それゆえ多数決を基本的な(すべてではないが)決定手段としていながらも、少数意見の尊重をも重要視し、基本理念の一つにしています。完全な制度が無い以上、絶えず改革しなければならず、そのための英知を捨て去ることなく活かすためにです。
その方法論は、絶対君主制や独裁制、あるいは経済統制主義に名を借りた国家統制社会の方法論とは、完全に一線を画するものなのです。

原発の問題は、地域社会の崩壊だけではなく日本全体に巨大な損害インパクトを与えるものであって、通常の「社会にはリスクが伴う」という「平均的にならした考え方」はそもそも馴染まないものです。それゆえ既存原発を補強すれば何とかなるという姿勢は基本から誤っています。

世界には貿易赤字国はいくらでもあり、日本より高い生活水準を誇る先進国の中にさえあります。黒字を長年続ける国はむしろ珍しい。つまり、経済などはいくらでも調整が利くものなのです。トップの政治家財界人が判断を誤っても、日本では兵隊が頑張って高度の生活水準改善を達成し、ほぼ飽和しています。しかしそれを維持するために世界一の貿易黒字は必要もありません。それが維持できなくとも社会が滅ぶ訳でもありません。
しかも、いまだに日本は貿易赤字ではあっても経常黒字国です。つまり儲けているのです。
一方の原発事故は、一度に巨大な損害インパクトを与え、その波及効果は何十年も続きます。トップの政治家財界人はどんな責任も取れず、すべての被害は国民がかぶります。原理的に事故を完全に防ぐ方法はありませんから、兵隊がどんなに頑張っても無意味になるわけです。

福島事故では、たまたま日本社会や経済の崩壊には至りませんでしたが、それは過去30年間の巨額な対外黒字と、ゆえに国民預貯金および企業内部留保の莫大な積み重ねがあったからです。それを担保にして国家財政出動を行うことができた。
しかし、数十年後にはどうなるかわかりません。もはや世界には日本が過去30年間も大きく貯蓄できたような条件は無いからです。たとえば関東大震災時には復興のためのお金が日本には無く、海外に多大な借金をし、それがために第二次大戦に突入する要因を作った無理な海外進出と対外戦争を招きました。

福島事故では溶けた燃料内部にあったセシウムのうちたかだか数%が大気放出されただけで済みました。もっと大きな被害になった可能性も指摘されているからには、もっと小さくて済んだ可能性だけを後生大事に抱え込むのは賢いこととは全く言えません。
また、規制委が行っている対策は、大過酷事故の可能性を減らすものではあっても大地震の可能性を減らすことは出来ず、ゆえに大過酷事故が無くなることはありません。そしてなによりも肝心なのは、放射性物質を放出させないかあるいは減少させるための方策がほとんどないことです。現行原発の補強では不可能だからです。フィルターを設置するベントは既存配管から放出するものですが、福島事故ではそれ以外の破損部から大きな放出が起こっています。今後もそれが起こらないと保証するためのどんな方法も存在しません。
ゆえに規制委も自民党も、「事故は起こり得る」と明言しています。規制委は原子力政策の下に設置されていますから、事故があり得るのに推進することの是非を判断する権限はありませんが、政権党である自民党には議論を行いそれを説明する責任と義務があります。しかしこれまでは何もありません。すべては電力会社と財界の経済的都合だけでなし崩しに物事を進めています。福島事故は無かったかのようにです。

各種マスコミ調査からは、日本人の大多数は脱原発を支持し、再稼働反対で、自民党の原発積極姿勢に反対しています。自民党が積極姿勢を強めるのとは裏腹に、世論の原発反対の趨勢に変化が無いのは、漠然とではあっても、上記のようなことへの理解がますます浸透してきている結果だと言えるでしょう。つまり、国の原発政策への批判はますます強固になってきているわけです。でなければもっと早く原発世論は逆転していたでしょう。

賛成派は結局のところ、原発立地自治体ではないことから、電気や経済のことばかり過剰に考え過ぎているのだろうと思われます。あるテレビ番組の街頭インタビューで、電力会社の株主総会に出入りしていたある高齢者が「電気が無くなったら困るから原発賛成」と答えていましたが、結局、その程度の理解しかないということだと思われます。財界つながりの固定票と言えるでしょうから、組織に任せて考えることを止めているわけです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gentenbowさん

2013/6/2913:04:38

難しいところですね。
得票率でも、緑の風が0,1%ですから、たたかい方を間違えてますね。

都民自身に、国勢レベルの前哨線の意味合いを押し付けるのは酷かも知れませんが、そうならそうの宣伝が有るだろうにと思います。
ただ、東京に原発をということはどの党も言えないことなんですよね。

スッキリしませんね。

低投票率はなぜ問題に、しないのでしょうね?
その責任は何処にありましょうか?

ヤッパリ公明党が一番悪いのではないでしょうか。

公明党のポスターには「安定が、いちばん」なんて書いています。

こんな波瀾含みの世の中で、何故それが言えるのか?

波瀾の仕組を作ったのは、公明党です。
この党は脱原発の看板を外していない筈なのに、この30年、自民党の友党です。
ボロボロになって得票率じり貧の自民党を助けて、
低投票率に強い組織票を提供して来ました。

バブルでの低投票率時代にも、自民党を立ち直らせ、
今回も、高投票率の申し子民主党がポシャった後の混乱の低投票率選挙でも、バーター相手自民党を助けています。
これで、財界ベッタリの自民党が原発推進のスローガンのまま、選挙に勝てたのです。

公明党は云うでしょう。
公明党がついていたから、自民党が暴走しなかったのだと。

それが、公明党の「安定が、いちばん。」の正体です。

その背景が有ってこそ、
自党つぶしの小泉政権が成立したし、反自民の脱原発リップサービスの親子丼でも、党違反を問われなかったのです。
これで、都民は何処に入れたらいいのか分からなくなるばかりか、投票所に行かなくなりましたよ。

嵌められ選挙です。
秋までに立て直してほしいものですね。

===低投票率が、「愚民」連呼の「悪劣推進派」を調子付かせただけなのです。
周章てることはありませんよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ajioh1993さん

編集あり2013/6/3000:30:18

私は原発は現状では必要だと思っていますが、自民党には入れてません。
元々自民党の支持者ではないし、どうせ自民党が勝つだろうと思っていたので、一人勝ちみたいな状況は結局同じことの繰り返しになるだろうから、嫌だったからです。
まあ、私がどこに入れようが結果は変わりませんでしたけどね。

都議選と原発は本当は関係ないとは思いますが、選挙となれば私は関係あると思っています。
結果として自民党が大きく勝ったわけで、原発反対論者が大騒ぎしても、都民はそれほど原発を重視していないか、反対論者はそれほど多くないんだなと私は判断してます。
自民党は間違いなく原発推進しようとしてると思いますので、投票した人間や放棄した人間は、反対する気持ちはその程度だという事です。
もちろん、私は、原発を積極的に推進すべしとまでは思っては居ませんが、今すぐ止めろ、何年後に止めると言う事は、現状では言えないでしょうと考えています。
よって、原発に関してはどちらかといえば自民党に近いと思いますが、自民党には入れていないので、投票のポイントはそれだけではないでしょうが、あなたの様な原発反対論者は間違いなく自民党には入れないでしょう。
そういう意味では、あなたの様な原発反対論者が、どこの政党に入れたのか、とても気になります。
やはり共産党なんでしょうか?

ただ、原発反対論者がよく言う、あなたの様な発言っていうのは間違っていると思っています。
世の中の行動にリスクが.無いなんて事はないし、原発にリスクがあるのは誰もが分かっていたわけで、だからこそたくさんの金が福島ないし、ほかの原発のある場所に落ちているし、誘致する人間が居る訳です。
今原発が有る地域に住んでいる人間だって、何パーセントが原発に反対しているか分かりませんよ。
福島だって、東京の為に電力を作るなんて考えるより前に、自分の生活の為に原発を運営していたはずなのですから。

もちろん恩恵を受けられない人は居るでしょうが、民主主義っていうのはそもそもそういう物で、みんなが満足する結果なんてありえないんです。
福島では事故が起こり、そりゃ被害に遭った人間は被害者として声を大きくするだろうとは思いますし、東電は絶対安全と安易に口にしていたわけだから、責められて当然だとは思いますが、東京都民が悪いみたいな物言いは本質を捉えていないと思います。

ちなみに東京に原発が・・ですけど、私は東京に原発をつくるというなら反対はしません。
もちろんたくさんの人間が住んでいるという理由から原発を作る事はふさわしくないと思いますが、反対論者がそういう物言いをするなら、反対はしないと言いきります。
使う人がリスクを負えと言うのは私は間違っているとは思いますけどね。
結局のところ、なんだってリスクを他の人に投げてその対価を金銭で支払っている事なんて当たり前だし、それが仕事ってものでもあります。
原発反対論者が偉そうにそういうことを言ったとしても、絶対にあなたの生活は誰かにリスクを投げて成り立っていますよ。
それが社会という物だからです。

まあ、私は自民党には投票していませんが、原発再稼働はするべきだと思います。
ただし、最低限、今回と同じ津波が来ても、同じ事故を起こさない対策をしたうえでという事です。
防波堤もそうですが、電源の点もそう。
東電の仕事が足りなかったのは間違いないでしょう。
社会の問題がどこにあるかといえば、大きな既得権益を握った東京電力の体質があんなだという事が一番大きいと私は思っています。
そういう意味では国家の責任も重いと思いますが、それを選んできた国民にも責任は有るのです。


投票率が低いとごちゃごちゃ抜かしている人が居ますけど、私は投票に行かなかった人間が原発推進派だなんて言っていませんからね。
都議選が国政の前哨戦かどうかは参院選の結果を見れば分かるでしょうが、投票率が低いのも、原発に対してその程度の意識しか持っていないだけだし、質問者さんや、前の回答者さんの様な反原発原理主義みたいな人はそれほど多くないんだよと私は言いたいだけです。
もしも、そうした人間が多いならそれこそ、こんなに投票率が低いわけがないでしょうし、自民党ではなく、反原発を掲げる政党が勝利していたんじゃないですか?
今の政党で自民党以外はみんな原発は廃止するって言ってますからね。
それにしても、投票に行かなかった人間や自民党に入れた人間の大半は反対派だみたいな事を言ってますけどその論拠はどこにあるんでしょうか。
だいたい、共産党なんて与党になる気も無いような政党に入れて悦に浸ってるからこの国の原発行政ができたんだとも思いますよ。
原発の無い社会を本気で作りたいなら与党になる気のある政党を応援して、選挙で勝てばいいんです。
そうすりゃ原発は無くなるんじゃありませんか?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mr_rom_jpさん

2013/6/2600:46:38

所詮は自分さえよければ良いって事でしょう

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sisonagaseさん

2013/6/2523:20:51

これだけ大きな問題なのに、貴方の言うとおりで、何考えてるといいたいですね。考えていないんじゃないですかね。いい加減ですね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sea2ibis1000さん

2013/6/2521:49:15

所詮は東京のローカル選挙で、原発を争点に捉えた人は少ないでしょうね。
民主は駄目だし、維新は胡散臭い他もちょっとねという点で
批判票が共産党に集まっただけでしょうね。
第一共産党に主張を全面的に支持してる人なんか党員位でしょう。
東京に原発なんか出来るわけないから、そんなこと考える人はいないでしょうね

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する