ここから本文です

解決済みのQ&A

バイクの暖機運転はどのくらいすればいいのですか? 友人から、夏では3分、冬なら...

beagle_parisさん

バイクの暖機運転はどのくらいすればいいのですか?
友人から、夏では3分、冬ならもっとすべきと言われました。

夜、どうしてもバイクに乗らなくてはならないときに暖機運転をするのは非常に近所の方に申し訳ありません。しかし以前バイクが壊れたときバイク屋に「暖機をしなさすぎが原因」と言われたことがあります。私の家は住宅街で大きな道路まで押すのはちょっと無理なのです。
・昼間にあたためておけば夜は暖機しなくても平気ですか?
・アクセルをまわしてすぐもどするより、2500くらいになるようにアクセルをひねり続けるほうが、私が近所の住民だったら耳障りではないと思い、そうしています。この方法の暖機はあまりよくないのでしょうか?多くの方がまわして、すぐもどして、とやっているように思います。なにか違う点でもあるのでしょうか?
・チョークレバーを使ってエンジンを始動していますが、エンジンがかかったらすぐにもどすべきですか?それとも、発車する時にもどせばいいのでしょうか?
・スクーターは暖機運転はいらないのですか?
いろいろ質問していますが、ひとつでもおわかりになる方教えてください。基本すぎで今更だれかに聞けません。よろしくお願いいたします。

  • 質問日時:
    2007/5/10 19:17:50
  • 解決日時:
    2007/5/13 18:22:14
  • 閲覧数:
    15,811
    回答数:
    9
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

mk32naganoさん

普通、エンジンを始動してエンジンオイルが各部に回りきるのには、せいぜい数秒から十数秒で充分です。
というわけで私の場合のエンジン冷間時の始動について言えば、チョークを引いて始動し様子を見ながら少しずつ戻して(完全に戻す必要は有りません)、スムーズにローギアにシフトできる回転数ぐらいで落ち着いたら(その段階ですでに十数秒以上経過しているはずです)走り始めてよいでしょう。

その後は走りながらの暖機運転に成りますから、始めはあまり回転数を上げず(レッドゾーンの始まる回転数の1/3位まででしょうか)チョークを戻しきった後エンジンが暖まり、正規のアイドリング回転数で安定するようになったら暖気完了と考えて(水冷車はテンプメーターの表示が通常の位置に来たら)アクセル全開の準備OKと判断しています。

そこまでの段階で駆動系、ブレーキ系、タイヤ、前後サス、そして自分自身まで充分にウォームアップするつもりで走っています。

一番いけないのは、エンジンがきちんと暖まる前の高回転高負荷運転です、走り出した直後の全開・レッドゾーン突入など最たるものでしょう。

それからスクーターでももちろん暖機運転は必要です。
オートチョークの車輌でも普通のバイクと同じ位暖気をし、走り出してもしばらくはゆっくり走るよう心がけたいですね。

質問した人からのお礼

  • みなさんありがとうございます。走りながらの暖機やってみますね。スクーターも暖機運転が必要なんですね。スクーターに買い換えれば・・・なんて甘い考えしていたのですが。とても参考になりました。
  • コメント日時:2007/5/13 18:22:14

グレード

ベストアンサー以外の回答

(8件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

hellbentforleathersさん

停車状態で3~5分は長すぎです。低速で行うのが一般的です。

スクーターはものにもよりますが、オートチョークが付いているので、冬場でもエンジンがかかり易いですが、内燃機の仕組みは同じですから暖機は必要です。

mikhailsgorbachevさん

私のは水冷なので、水温計の針が動き始めるとチョークを戻して走り出します。

hierophant_02さん

暖機運転はやった方が良いですが、何も停止した状態でやる必要はありません。暖気が必要なのはエンジンだけでは無いですから。

0、長期間乗らなかった時限定。キルスイッチをオフ、もしくはチョークを引かないなど意図的にエンジンを掛からなくした状態でセルを2~3回回す(オイルがオイルパンに落ちているので、オイルを軽く回し、金属同士の摩擦を最小限にする為)。
1、キャブ車の場合、エンジンを掛けて様子を見ながら徐々にチョークを戻す。アイドリングが安定したら静かに発進。インジェクション車の場合、エンジン全体にオイルが回った頃に静かに発進。
2、時速30~40キロくらいの速度で2~3キロ走り、チェーンやサスペンション、タイヤの暖気も行う


私は上記のような方法です。

・アクセルをまわしてすぐもどするより、2500くらいになるようにアクセルをひねり続けるほうが、私が近所の住民だったら耳障りではないと思い、そうしています。この方法の暖機はあまりよくないのでしょうか?多くの方がまわして、すぐもどして、とやっているように思います。なにか違う点でもあるのでしょうか?
>早くアイドリングは安定しますが、エンジンに負担がかかります。エンジンオイルがスムーズにエンジン内部を回るまでは空ぶかしは禁物です。よってスロットルは空けないでください。

many806さん

エンジンは熱を持った状態を正規状態として設計されています。
ですからその温度に達するまでは無理をしてはいけません。

そういう意味ではエンジンにとって「暖機」は必用です。
しかし、これを出発前に止まってする必用は全くありません。


暖機運転にはメリットもありますが、デメリットもあります。
まず低回転というのは油圧が上がらなく、カム周りなどは特に潤滑不足になりやすい。
かといって始動直後から高回転に上げるのも、もちろん良くない。
チョークを引きっぱなしは以ての外で、燃料を濃い状態を続けることですからカブらせる。
しかも始動直後は温度が低い=カーボンが焼けきらないわけですから、これで短時間しか走らせないと燃焼室にはどんどんカーボンが堆積します。


始動時にチョークを使うのは正常です。
逆にチョークの必要なくかかるようならそっちが異常。
(本来濃い混合気を必用とする冷間始動にチョークが不要ということはセッティングが濃くなっている。つまり正規温度になっても濃い混合気を送り続ける)


で、始動後は上記のようにできるだけ早く戻した方が良いですが、冬場はそれでエンストするようなら数秒は待っても良いでしょう。
「アクセルをまわしてすぐもどす」
これは「ウォンウォン」と軽く空ぶかしすることだと思いますが、暖機するためならチョークを戻してアクセルで2000〜3000rpmをキープする方が良いです。

多くのスクーターは、オートチョーク機構を採用しています。
このためチョークの操作は必要なく、暖まると自然に戻ります。
それまでは濃い混合気を供給していることは同じです。


因みに私の通勤車(250のオフ車)は、真冬でも始動から発進まで10秒です。
今の時期なら5秒もしません。
これは通勤=毎日乗っているのもあって、始動が楽だからというのもあるかもしれません。

しかし、もう一台の滅多に乗らない750(改造エンジンです)でも1分以下です。
それ以上の暖機はトラブルの元ですよ。
愛情のつもりの暖機でエンジンを壊したらシャレにもなりません。


その代わり発進後は負荷を掛けないようにゆっくりと走ります。(これはスクーターでも同じ。でもスクーターでしてる人はあまりいないと思う)
私の場合、通勤車で約3〜5分。
750は、冬場は20分近くかかりました。(固いオイルの温度が上がらないため)
これをやらずにいきなり全開なんかすると、バイク屋さんのいう「暖機しなさすぎ」です。

ycqxj220さん

同じバイクに25年乗ってるが暖気などしたことがない
車も同様

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する