ここから本文です

脳内物質について

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

wecrdseさん

2007/5/2521:49:03

脳内物質について

人間はカッとなった時、眠くなった時などは脳からどのような物質が分泌されているのでしょうか?また、その分泌されている物質を意識的に抑制したり増やしたりするは可能でしょうか?(カッとなった時にはカッとならないように、眠くならない時には眠くなるようにといった具合に)

閲覧数:
8,522
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bangrixさん

編集あり2007/5/2803:14:56

【訂正】「眠り」に関係する脳内物質について訂正しました。

カッとなった時=アドレナリン分泌ですから、その抑制にはセロトニンの分泌を促す
必要があります。
また、セロトニンは、睡眠導入作用のあるメラトニンというホルモンの分泌を促進します。
「orexin(オレキシン)」の欠乏によって「narcolepsy(ナルコレプシー)」という日中に
強い睡眠発作に襲われて、突然眠りに陥るという疾患が引き起こされることも最近
分かってきたそうです。
眠りに関係する脳内物質は30種類以上あるとされています。
そこで、主に「感情」に係わる4大脳内物質について説明します。
【セロトニン】
ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの効果を適度に抑える働きをする。
平常心をもたらす脳内物質。この分泌が多いと、ストレスに対して動じない心をもたらし、
頭のさえた、冷静な状態を保ちます。
セロトニンの分泌が少ないと、ストレス刺激が加わったとき、すぐに平常心をなくして
しまいます。
その結果、ちょっといやなことがあっても我慢できず、すぐにパニック(「キレる」症状)になって
しまったり、落ち込んでしまったり(うつ症状)します。
分泌を増やす方法:セロトニン神経は、一定のリズム運動によって活性化されます。
したがって、リズムが繰り返される行動ならどんなものでもよいそうです。
例)ガムをかむ、自転車をこぐ、歩くなど
【ドーパミン】
行動の動機付けに関連して活動を増やします。(ポジティブな気持ち)
我々は周囲の環境にに適応し、学習しながら、生活するすべを会得していきますが、
ドーパミンはそのような学習の強化因子として働いています。
また「快」に関わる脳内物質でもあります。
この分泌が多いと、食欲や性欲がわき、やる気がみなぎります。
たとえば『恋愛中』などの俗に言う「ハマる」という状況を作る効果があります。
ドーパミンは人間の生存に関わる問題では常にご褒美を放出する快感物質です。
人間の存在に関わる問題、それは食欲と性欲です。
とりあえずこれが満たされればドーパミンが放出されます。
ドーパミンの分泌が減ると、運動・行動に障害がでたり、物覚えが悪くなったり、
忘れっぽくなったり、万事がゆっくりになって反応が鈍くなり、集中力や注意力も失われ、
無力感、無気力になったりします。(パーキンソン病)
逆に多すぎると、幻覚やパラノイア(精神分裂病の陽性症状)が起こったり、発話や運動
をコントロールできずチック症などの原因になります。
【ノルアドレナリン】
ネガティブな気持ちを引き起こす脳内物質。
この分泌が多いと、不安や恐怖などストレスが増します。(ネガティブな感情)
ノルアドレナリンは覚醒や興奮に大きく関係しています。
 神経伝達物質で、交感神経を活性化させ、心拍数や血圧を高めるといった変化
をひきおこします。
また「不安」や「恐怖」とも大きなかかわりがあり、 「恋をしたときの胸のドキドキ・ハラハラ」
もこのせいです。
ノルアドレナリンの分泌が多いと、 「あがったとき」と同じような状態になることもあり、「好きな人の前だとしゃべれない。顔が赤くなって恥ずかしい」
となることもあります。
【アドレナリン】
「怒り」を感じたときにノルアドレナリンが出ます。
ノルアドレナリンの前駆体でも有る。興奮すると出ます。
アドレナリンが分泌されて集中力が高まります。

以上が感情系の脳内物質です。
セロトニン以外は意識的に増減させる方法は無いようです。
アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン・セロトニン、いずれもアミン系の伝達物質
(ホルモン)で、猛毒だそうです。

質問した人からのコメント

2007/5/30 05:32:01

降参 大変参考になるとともにとても勉強にもなりました。どうもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する