ここから本文です

解決済みのQ&A

太宰治の「人間失格」は傑作ですか?駄作ですか?

catwingsreturnさん

太宰治の「人間失格」は傑作ですか?駄作ですか?

「人間失格」を駄作だと言う人がいたので皆さんに伺いたいです。
人それぞれ感性が違うので評価が分かれるとしても、駄作と言われるぐらいの作品なんでしょうか?

  • 質問日時:
    2007/6/10 02:36:12
  • 解決日時:
    2007/6/12 13:20:58
  • 閲覧数:
    6,023
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

chiebukurono1さん

「人間失格」は、太宰治の作品の中では面白くない作品の一つです。
太宰治は、昭和10年代半ばから終戦までに傑作を書いています。

質問した人からのお礼

  • 降参皆さんありがとうございました。
    やっぱり人それぞれ感じ方は違いますね。
  • コメント日時:2007/6/12 13:20:58

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

alllllllllllllllllllllllll_aさん

「人間の劣等感や汚さは、小説を書くのは邪魔だ。だけど、その負のエネルギーも、ただならないほど大きければ、美しい小説を生み出す。ただ、賛否両論の評価を得る」

ある小説家の言葉です。

この言葉を読んだとき、太宰治のこと言ってるんだろーなーと、思っちゃいました。

meisakurakugoさん

戦後の喪失感を描いているという点で傑作でしょう。現代にそのまま通じないので、戦前から戦中の作品の方が好きですが。大傑作と思うのは「水仙」「トカトントン」……戦後か!

eichibiさん

仰る通り、人それぞれ感性が違いますからね、駄作と評価する方もいるでしょう。
 しかし、駄作と評価する以上、完読されているということですよね。
 つまり、「人間失格」は太宰好きや読書家は勿論、日本の近代文学を語るうえで避けては通れない重要作品であることは間違いないでしょうね。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する