ここから本文です

解決済みのQ&A

離別した親への扶養義務はあるのか? 私が中学の時に親が離婚し実父と離別しまし...

alliance_buzzさん

離別した親への扶養義務はあるのか?

私が中学の時に親が離婚し実父と離別しました。
その実父(現在64歳)が生活保護の申請をしたようですが、
役所から私の扶養に入れられないかと連絡がありました。

私の親は実母だけで身勝手な生き方をしてきた彼(実父)を
許すつもりにはなれません。
扶養も精神的なバックアップもするつもりは全くありません。

質問ですが
金銭面でも精神面でも彼と関わりたくないのです、
扶養など拒否した場合、何か問題になるでしょうか?
また、私や実母の現住所など彼に知られたくない情報が
彼に伝わるような事はありますか?

  • 質問日時:
    2007/7/9 02:53:45
  • 解決日時:
    2007/7/9 03:29:12
  • 閲覧数:
    4,636
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

shino_r_2519さん

質問者さまは、離別された元お父様が、親権や養育権をお持ちだったんでしょうか?
生活保護の申請…との事ですが、どうして質問者さまに連絡が来たのか分かりません。
正式に離婚されているのであれば、子供のところに連絡が来ないと思うのです。(親権などの行き先にもよりますが…)
扶養の拒否は出来ますが、オンラインで繋がっている以上、元お父様は執拗に役所に出向き、質問者さまの身辺を聞き出そうとするはずです。
既に、質問者さまに連絡が来ているという事は、質問者さまの扶養に入れば生活保護は受けなくてもいい…と、元お父様に説明されている可能性もあります。
早急に、役所に断りの連絡をしたほうがいいですね。

質問した人からのお礼

  • ご回答をくださった方々、ありがとうございます。
    皆様のご意見を参考のさせていただきます。
  • コメント日時:2007/7/9 03:29:12

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

birdbirdmenさん

>離別した親への扶養義務はあるのか?
親同士が離婚しても親子関係はなくなりません。

第八百七十七条 【 扶養義務者 】
第一項 直系血族及び兄弟姉妹は、互に扶養をする義務がある。
第二項 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合の外、三親等
内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
第三項 前項の規定による審判があつた後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所
は、その審判を取り消すことができる。

>扶養など拒否した場合、何か問題になるでしょうか?
民法で義務と定められていますが、罰則はありません。
生活保護に関しては、扶養できませんと申述すれば、それ以上は特に何も起こりません。

>私や実母の現住所など彼に知られたくない情報が彼に伝わるような事はありますか?
生活保護の手続で伝わることはありません。
ただ、戸籍の附票や除住民票等で調べようと思えば、調べることはできます。

miyako_in_kyotoさん

どういう許しかがい事情があっても「親子」の縁は切れないものなのです。
ですので、「扶養義務はない・しなくていい」とか言いきれません

ただ「生活保護」なので、あなたが「自分の家のことで手一杯なので、たとえ親でも援助したり生活手助けできる余裕はありません」と回答なさればいいと思います。

彼に伝わるような事はありますか?>>
行ってきた役所のほうの人が「個人情報」の取り扱いについて熟知してるかどうかでしょうねえ。
でも役所には生活保護の申請があった場合はその子供に扶養できるかどうかを聞くのは仕事なので、仕方ないのです

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する