ここから本文です

解決済みのQ&A

充電池はコンデンサと考えていいですか?

sologakuensenmuさん

充電池はコンデンサと考えていいですか?

  • 質問日時:
    2007/7/9 12:57:53
  • 解決日時:
    2007/7/9 19:12:59
  • 閲覧数:
    13,394
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

hiroringさん

コンデンサやキャパシタなど、電荷を静電気力で蓄えるものと、

二次電池(充電電池)のように、化学反応などで電気を蓄えるものとは、

電気的な性質が全く違いますので、質問文のような誤った知識じゃダメですよ。

高校の物理でコンデンサを習うはずです。(大学受験にも出てきます)

コンデンサに電荷を蓄えていくと、コンデンサの電極間の電圧(電位差)が、
どんどん上がっていきます。
逆に、コンデンサを放電すると、電圧が、どんどん下がっていきます。
(原理的には、コンデンサやキャパシタは、電気量と電圧が比例…だったはず)

このあたりは、物理や電気関係の教科書や資料や解説書を探してください。

最近は、携帯電話やノートパソコンなど、充電式電池(二次電池)を使う製品も
多くなっています。(ニッケル水素電池やリチウムイオン電池など、ハイテクな電池です)
自動車のバッテリーも、昔から使われている鉛蓄電池です。
鉛蓄電池は、第二次大戦以前からの潜水艦の電源など、昔から使われています。

二次電池(充電電池、蓄電池)の場合は、電気を使っていっても、
わりと長時間の間、電気が無くなるまでは、あまり電圧が下がらないという性質があります。
上で書いた、コンデンサやキャパシタとは、全く性質の違う部分です。

乾電池などは一次電池(充電できず、1回だけ使う化学電池)ですが、
一次電池の場合は、コンデンサほど極端ではないですが、
二次電池と比べると、使っていると電圧が下がりやすいです。
(一次電池の場合は、電圧が下がったら休ませて電池内部を回復させるほうがいいです)

電圧の下がり方の性質が全く違っているので、
キャパシタ(ものすごく大容量のコンデンサのようなもの)を、
従来の充電式電池(二次電池)を使っていた回路と置き換える場合には、
電圧制御の回路を工夫して変更しないと使えません。

実際の電気製品だと、ビデオのタイマーのバックアップ電池などは、
昔は充電式電池が使われていました。
ゆっくりと充電して、長時間に放電するような用途でした。

昔のコンデンサは電池より容量がずっと小さかったので、
電子回路内では、交流や高周波を使う所など、ごく短時間に電気を蓄えるだけの物でした。

電気二重層コンデンサやキャパシタなど、電池並みの大容量コンデンサが登場したのは、
まだ、ここ何年かの最近のことです。

質問者の方は、様々な充電式電池(二次電池)や、コンデンサについて、
もっとよく勉強したほうがいいでしょう。
たいていの場合は、用途が違うという基本的な違いがあります。

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/7/9 16:25:37
  • 回答日時:2007/7/9 16:25:00

質問した人からのお礼

  • 驚くありがとうございます。さすが、レベル7ですね。
  • コメント日時:2007/7/9 19:12:59

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

imuzak532000さん

充電池とは化学的に電気を溜める装置、間に化学変化が介在します
コンデンサとは電気的に電気を溜める装置、化学変化はありません

この両者は全く別の物です

dentou3さん

コンデンサーは蓄電器と云います。コンデンサーは、自ら電気エネルギーを発生させる事はありませんので、充電池の表現には無理があります。

napajapnさん

充電池 = 電解(電気)二重層コンデンサー ≠ キャパシタ = コンデンサの別名

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/7/9 18:41:57
  • 回答日時:2007/7/9 12:59:18

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する