ここから本文です

解決済みのQ&A

日本語を勉強してる外国人の間違いやすいところを教えて下さい!

coldarcticfoxさん

日本語を勉強してる外国人の間違いやすいところを教えて下さい!

このごろ、日本語を勉強している外国人が増えていますよね。しかし、こういう方はよく言葉を間違うんです。間違いやすいところは何ですか。

例えば、他動詞と自動詞・受身動詞と使役動詞・話し言葉と書き言葉などを考えましょうね。

外国人の文法の間違い、また文法的に間違いなくておかしい言い方を教えてください。できれば、例を挙げて説明して下さい。


よろしくお願いします!

  • 質問日時:
    2007/7/11 14:48:49
  • 解決日時:
    2007/7/26 03:12:46
  • 閲覧数:
    1,682
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

motidukimonさん

ひとことで外国人といってもその人の母語によって間違うところが異なります。
中国語を母語とする人にとっては形容詞が過去形になることが理解しにくいようです。

(例)昨日は暖かかったです。
*昨日は天気が暖かかったです。
(気温について説明するとき、「天気が」は言わない)

*昨日は暖かいです。
(「暖かい」が過去形になっていない)

*昨日は暖かいでした。
(「です」のほうを過去形にしてしまった)

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

carintitoさん

母語によって「間違えやすい点」がそれぞれ変わるので一概には言えませんが、全体的にいえることは助詞(特に終助詞)、自動詞他動詞の別、敬語表現(尊敬語・謙譲語が混ざる)、でしょうね。

終助詞(~ね、~よ、~よねetc)は決まり文句になっているもの(「そうですね」、「だめですよ」etc)以外は、日本語が上手な人でもなかなか適切なところで適切なだけ言う、というのは難しいようです。逆に言えば、終助詞が上手に使える人は、それだけでとても上手に聞こえます。

自動詞他動詞や敬語は説明不要ですね。覚えてもついつい迷ってしまったり反対に言ってしまったりするようです。

文法的には間違いではないけれどおかしい言い方、は、教授表現(~てくれる、~てあげる)や「から/ので/て」の使い分けでしょう。「~んです」も難しいもののひとつです。質問者さんがお書きになった「こういう方はよく言葉を間違うんです。」に、私は違和感を覚えます。もしよければ、何がおかしいか考えてみてくださいね!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する