ここから本文です

解決済みのQ&A

バンク角について

kojin6543さん

バンク角について

バイクによって差はあるとおもいますが、ステップのバンクセンサーをするのと、ハングオフで膝すりした時点とでは、どっちがバンク角深いのでしょうか?そもそも膝すりした時ってバンクセンサーもすれてるもんなんですか?自分は膝すりできたことがないんで膝すりできる人教えてください。スッテプはノーマルステップでの話で。

  • 質問日時:
    2007/8/28 09:50:39
  • 解決日時:
    2007/9/3 17:00:40
  • 閲覧数:
    7,194
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

svr1117さん

単純に考えれば、バンクセンサーを擦った時が一番深いわけで、それを擦らないで膝を擦っても浅いと言うことになりませんか?

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

kinta_roadsterさん

結論から言うとノーマルのポジションやセンサー位置に拘らなければバンク角は限界を超えて転倒する寸前まで傾ける事が可能です。

一般的にハングオン(オフ)は膝の出し具合、擦り具合でバンク角を調整(と言うか確認)して限界近くの速度でグリップ力を有効に使いながらコーナリングすると言う事が実現できる可能性が上がり、リーンウィズに比べて重心を低くコーナーの内側に出来るので、コーナリングが安定しタイヤのグリップを有効に使えるので速く走れる(可能性がある)と言う利点があります。

ノーマルステップのバンクセンサーは販売時のノーマルタイヤの性能に合わせ、更に相当余裕を持って危険でない速度でコーナリングする為に必要十分なバンク角を確保する事を想定して設定されています。
ノーマルステップのバンクセンサーは単なる細い鉄の棒なので、車両に慣れてきたり、高性能タイヤを入れたりした後に頻繁に擦る様だと、擦る事自体むしろ危険です。
最悪、路面の継ぎ目や鋭い段差に引っ掛かったりしてバイク急停車し、その場で回転してライダーを投げ出したりします。

また、ステップやハンドル、シート等、人間の体型は千差万別ですし、乗り方も楽しみ方も千差万別なので本来は本人の体型や好みに合わせて調整するのが基本です。ですから、「ステップはノーマルで」に拘る必要は無いと思います。

車のシートやハンドルは体型に合わせて調整できる事が一般的ですが、コストや強度の問題でバイクでは調整式のペダルやハンドルは付いていないのが一般的です、そのため社外品が数多くでていますので、ポジションが不満なら積極的に変えていくのも良いことだと思います。

基本的に車体の一部が走行中に路面に激突するのは危険な事なので、必要であればバックステップ等を導入して、ステップが接地しないようにして膝の角度と出し具合で適切なバンク角が確認できればそれに越したことはありません。
また、バイクによってはセンタースタンドやサイドスタンドが接地したり、稀にマフラーの太鼓やフレームが接地するようなバイクもあります。殆どの場合、その手の障害はメーカー側がそんな使い方を想定していない為に起こるのですが、バイクはどう乗ろうとオーナーの自由なので危険であれば社外品等に交換、調整して接地しないようにする人もいます。

レースの世界だともちろん路面の違いやタイヤの違いなどはありますが、肘まで擦りそうな勢いです。

私も現役時代は膝どころか脛の外側や爪先まで擦ってしまいブーツがボロになるので爪先センサーやブーツセンサー(主に樹脂製でブーツの革の保護用)が設定できるブーツを好んで使ったくらいです。もちろんバックステップでステップを擦ると危険なので極力ステップが接地しないポジションにしていました、更に以前の2サイクルレプリカ全盛の頃は低速コーナーが続く峠道等でコーナリング中に爪先がシフトペダルの下に入らず、立ち上がり加速とシフトアップが遅れるので「逆シフト」にしていたほどです。

ステップのバンクセンサーを外すだけで、相当バンク角は深くなりますので、頻繁に擦る様なら、まずはノーマルステップのバンクセンサーを外して走ってみる所から始めましょう。
事故・転倒に気をつけて、楽しく練習してください。

sittakariderさん

バイク自体のバンク角はハングオフのほうが浅いです。
当たり前ですね、負荷がおおきくてサスがより沈み込んでるはずなのにステップを擦らないんですから。

ひざスリは、バンク角を検知するためにおこなうものなので、ステップのセンサーがすれているかいないかは、走る人の勝手です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する