ここから本文です

短歌と和歌の違いを教えてください。 なるべく、詳しく具体的にお願いします。

質問者

yukomata783さん

2007/8/3119:43:04

短歌と和歌の違いを教えてください。
なるべく、詳しく具体的にお願いします。

閲覧数:
11,341
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2007/8/3121:12:51

短歌は和歌のいちジャンルです。
俳句もまた和歌のひとつと云えましょう。
そもそも和歌とは日本の定型詩の総称であり
短歌とはそのなかの57577のスタイルのものを指します。
ご質問はマラソンと陸上競技の違いを問うようなものです。

※あへて近代短歌と和歌の大きな違いをひとつ申し上げるとしたら
近代では枕詞、すなはち「たらちねの」とか「ぬばたまの」とかいった
昔ふうの決まり文句を使わない点があげられるでしょうか。
これは限られた字数をより有効に使おうという合理的考へからのようです

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ainori_dewiさん

2007/9/100:20:20

短歌
短歌(たんか)は、和歌の一形式で、五・七・五・七・七の五句体の歌。記紀歌謡末期・万葉集初期の作品に成立し、古今を通じ広く行われ、長歌が作られることがなくなるにつれて、和歌といえば短歌をさすようになった。
短歌の定義
五・七・五・七・七の五句体(31モーラ)の詩形は、その時代に盛んであった長い詩形との関連で呼び名が変わった。奈良時代には長歌に対して短歌、平安時代以降は漢詩に対して和歌、明治時代後半からは新体詩にたいして再び短歌と呼ばれて現在に至っている。一人称の詩形、私性の詩、と呼ばれるほど、作者の主体性が強い表現形式である。狂歌とは文体を同にするが、定義では全く異なるものである。

和歌
和歌(わか)は、上代から日本で行われた定型の歌。
呼び名
和歌とは漢詩に対する呼称で、やまとうた(大和歌・倭歌)、やまとことば(大和言葉)、あるいは単にうたなどともいう。
長歌・短歌・旋頭歌、片歌の総称だが、狭義には31音を定型とする短歌のことを指すため、三十一文字(みそひともじ)とも言う。奈良時代には倭歌(わか)・倭詩(わし)と言った。
また、日本神話ではスサノオが詠った「八雲立つ出雲八重垣妻ごめに八重垣作るその八重垣を」(『古事記』速須佐之男命「夜久毛多都伊豆毛夜幣賀岐都麻碁微爾夜幣賀岐都久流曾能夜幣賀岐袁」、『日本書紀』素盞嗚尊「夜句茂多菟伊弩毛夜覇餓岐菟磨語昧爾夜覇餓枳都倶盧贈廼夜覇餓岐廻」)が日本初の和歌とされることから、その初めの語句を取って八雲(やくも)ともいう。「八雲の道」といえば「歌道」の事である。
「八雲の道」と同じく「歌道」を表す言葉に大和・日本を現す敷島(しきしま)を使用した「敷島の道」がある。これは直訳すれば「日本の道」という意味になり、歌を詠むことが日本古来の文化であることを示している。
なお、沖縄には琉歌というやや独特の形式がある。
和歌の定義
和歌は、五音と七音を標準とする日本の定型詩(し)、または詩(うた、音楽)である。文学としての解釈と音楽としての解釈との二通りがあるが、一般的には国文学の中の1つとして解釈されるため、学校教育において「うた」の要素は排除されている。
Wikipediaより一部を抜粋

もっと細かく知りたかったらWikipediaで「短歌」「和歌」それぞれの項目を読んで下さい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ayumititiさん

2007/8/3120:41:05

「短歌は和歌の1ジャンルで、文字数が5・7・5・7・7のスタイルのもの。」
基本はこのとおりですが、「短歌と和歌の違い」という場合の「短歌」は「近代短歌」を指す場合が多いです。
和歌・・・・・・・・江戸時代以前の和歌全般を指す。一般に古今集~新古今集の和歌が理想とされた。
(近代)短歌・・・明治以降、特に正岡子規以降の短歌を指す。万葉集を再評価し「客観写生」を主な方法として今日に至る。現在は口語が主流。
より詳しくはWikiなどで。でも、おおむねこの程度でよいように思います。
下に紹介する本がなにやら良さそうです。
http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%AD%E6%AD%8C%E3%82%92%E6%A5%BD%E3%81%...

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

koiratsumeさん

2007/8/3120:38:22

「和歌」の対になる語は「漢詩」です。それぞれ「やまとうた」「からうた」と読む、と言えば分かりやすいかと思います。
「和歌」は一定のリズム(4拍子)のある定型詩で、長歌・短歌・片歌(かたうた)・旋頭歌・仏足石歌・今様・・・・などの種類があります。都々逸もそうです。
平安時代以降、短歌(あえて、みじかうた、と読んで下さい)が主になり、「和歌=短歌」「うた=短歌」と考えられるようになりました。
普通、「和歌」の範疇には、連歌・俳諧・俳句、そして近代(明治以降の)短歌は含めません。
百科事典で「和歌」を引いたら出ています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する