ここから本文です

仲村みうさんは、仲村トオルさんの娘ですか?

質問者

jpjpjpqqqdfgさん

2007/11/2111:26:29

仲村みうさんは、仲村トオルさんの娘ですか?

閲覧数:
8,257
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bear20070802さん

2007/11/2112:01:39

違います。

仲村みう
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

仲村 みう プロフィール
愛称: みうみう
生年月日: 1991年3月14日
現年齢: 16歳
出身地: 日本・岩手県(青森県)
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 156 cm / 48 kg
BMI: 19.7(普通体重)
スリーサイズ: 87 - 57 - 87 cm
ブラのサイズ: D
靴のサイズ: 24.5 cm
単位系換算:[表示]
身長 / 体重: 5′ 2″ / 106 lb
スリーサイズ: 34 - 22 - 34 in

活動
デビュー: 2005年
ジャンル: グラビア
モデル内容: 水着・ブルマー・メイド
他の活動: Tax House大学ビジネスマナー講座の講師
その他の記録
ミスマガジン2006 ミスヤングマガジン受賞
モデル: テンプレート | カテゴリ
仲村 みう(なかむら みう、1991年3月14日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。岩手県出身(生まれたのは青森県)。スタイルエージェンシー(有限会社アイアップ)所属。血液型B型。

[編集] 来歴
2005年、現所属事務所スタイルエージェンシーの地方アイドル発掘オーディションの携帯サイトに応募したことで芸能界入り。当初は岩手県から東京都へ通うのが難しいということで、ブログを始める。その後、夏休みに上京し撮影会アシスタントなどを経験し撮影モデルに。それからは岩手県から毎週東京まで通って活動を続ける。
2005年、『Beppin-School』10月号でグラビア初登場し正式な芸能界デビューを飾る。しばらくはお菓子系雑誌で人気を獲得していた。
2006年、3月以降は正統派グラビアへ路線転換。講談社主宰のミスマガジン2006にてミスヤングマガジンに選出される。
2007年、正統派グラビア&アイドル路線を続けつつもお菓子系雑誌にも復帰。従来の過激グラビア路線と並行して活動するようになる。4月に、足の裏しか写らない変わったCMに出演した。その時に、素足の裏にペンで顔をかいて、本人はくすぐったがっていた。
2007年11月13日から持病のぜんそくと風邪を併発し緊急入院のため、無期限活動休止となる。

[編集] プロフィール
デビュー当初はローティーンとは思えないほどの際どい水着で多数の過激なポーズを披露し、同年代のローティーンモデルを押しのけ話題となり支持される。趣味はカラオケ、イラストを描くこと、ビリヤード。特技は似てないモノマネ。
アイドルファクトリー専属契約モデル。
清純いもうと倶楽部看板モデル。
Tax Houseイメージガールグランプリ。
一時期ミスマガジンフットサルチームのメンバーだったが、現在は退団。

[編集] 人物・エピソード
ブログによると、家族構成は、母、父、大学生の兄一人、仲村、ハンサムな弟一人となっており、仲村はその中の長女である。
小学校3年生の頃にモーニング娘。の影響を受け、アイドルを目指すようになった。またその過程で様々なアイドルに興味を持つようになり、自他共に認める「アイドルマニア」になる。なお、本人の「尊敬するアイドル」の中にはお菓子系アイドルの先輩にあたるしほの涼や木嶋のりこ、みひろも含まれている。
中学1年生の頃にパンクロックやヴィジュアル系バンドに傾倒したことがあった。ハロプロ系に惹かれたものの、自分のカラーとは明らかに違い、尚且つ「人と同じことをやりたくない」という信念からである。またその頃テレビで見たNHKのしゃべり場で大槻ケンヂが発した「批判はされても俺は俺だ」との言葉に「自分を持っていてかっこいい」と感化されて、ファンになる。
中学生の頃、友人たちと共にヴィジュアル系バンドを組んでいた、グラビアアイドルとしては異色の経歴を持っている。
そのためか音楽の好みに関しては、本人によるとヴィジュアル系やハードロックなどはよく聴いているが、ジャンル毎の好き嫌いはなくどんなジャンルの曲でもよく聞き、(カラオケで)歌うとのこと。
自身が受賞する前年のミスマガジン2005に当時Hana★chu→モデルとして活躍していた北乃きいがエントリーしているのを見て一読者として投票していた。しかし自分が翌年同じ立場になるとは全く思っていなかった。
自身の最終的な目標は女優かタレントになることであるが、グラビアアイドルであることに相当のこだわりがあり、年齢にそぐわない水着での過激なショットやゴスロリ調のコスプレ、笑わない表情など、その殆どがひらめきによる自己プロデュースによるものである。
※以上、QuickJapanVol.68「特集・グラビアアイドル」のインタビュー記事より。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する