ここから本文です

解決済みのQ&A

ベンゾジアゼピン系の降圧剤(アムロジン)などは「抗不安作用」もあるのでしょう...

akkrk10さん

ベンゾジアゼピン系の降圧剤(アムロジン)などは「抗不安作用」もあるのでしょうか?

  • 質問日時:
    2008/1/19 18:45:35
  • 解決日時:
    2008/1/23 19:40:05
  • 閲覧数:
    5,001
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

bernie_williams2002さん

一般にベンゾジアゼピン系薬といった場合は、不安や興奮、けいれん発作を抑制する薬を指します。
これらの薬名は語尾が似てます。

ベンゾジアゼピン系向精神薬
一般名 (商品名)
ジアゼパム (セルシン)
ロラゼパム (ワイパックス)
クロナゼパム (リボトリール)
ブロチゾラム (レンドルミン)
トリアゾラム (ハルシオン)

しかし、降圧剤のなかにもベンゾジアゼピン系といわれる薬があります。
Ca拮抗薬というものです。
これには、ジヒドロピリジン系とベンゾジアゼピン系、フェニルアルキルアミン系などがあります。
これらは薬品の構造の違いによるものです。そしてCa拮抗薬のほとんどがジヒドロピリジン系です。

ジヒドロピリジン系
ニフェジピン (アダラート)
アムロジピン (アムロジン)
ニカルジピン (ペルジピン)

ベンゾジアゼピン系
ジルチアゼム (ヘルベッサー)

フェニルアルキルアミン系
ベラパミル (ワソラン)

したがってアムロジンはジヒドロピリジン系の降圧剤であり、抗不安作用はありません。

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

aoipharma7211さん

薬剤師です。

アムロジンは、カルシウム拮抗剤の降圧薬です。当然ながらアムロジンに抗不安作用はありません。ベンゾジアゼピン系という
のは、抗不安薬です。何か勘違いをされています。

なお、ベンゾジアゼピン系抗不安薬には、ホリゾン、ソラナックス、コンスタン、ワイパックス、レキソタン、レスタスなどがあります。

追伸

ジルチアゼムがベンゾジアゼピン系であるとの回答がありますが、これはベンゾチアゼピン系薬物の間違いです。

カルシウム拮抗薬は、ジルチアゼムも含めて細胞膜電位依存型L型カルシウムチャネルに結合しますが、ベンゾジアゼピン系
薬物はシナプス膜のベンゾジアゼピン受容体に結合するものであり、まったく作用が異なります。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/1/20 14:48:46
  • 回答日時:2008/1/19 22:20:51

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する