ここから本文です

大阪府茨木市の女性連続監禁事件で被害者の女性は救急搬送され、病院で保護された...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

dgyijuojua_2さん

2008/3/216:17:57

大阪府茨木市の女性連続監禁事件で被害者の女性は救急搬送され、病院で保護されたが、あばら骨が浮き上がるほどやせて衰弱していた。 腹部にアイロンを押し当てられたとみられる跡など全身に多数の傷があった とありますが、殺されるかもしれないと悟っていたにも関わらず なぜ自力で逃げようとしなかったのでしょうか?アイロンを腹に押し付けられたとの記述がありますが再びそのようなことをされるのは殺される事より恐ろしいのではないでしょうか?(逃げると殺されるかもしれないから逃げないと言う意見があったので)

http://shadow99.blog116.fc2.com/blog-entry-61.html

補足逃げると捕まった時に何をされるかわからないからの間違いでした

閲覧数:
1,676
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alicedoorさん

2008/3/220:35:47

下記のサイトがとてもよくまとまっているので、そのまま引用させていただきますね。私も北九州市監禁殺人事件を知って同様のことを思ったことがあります。でも、暴力によるマインドコントロールは、非常に根深いのだと思います。

「これら暴力の被害者は、実質的に軟禁されてはいるものの、完全には監禁されておらず、逃げようと思えば幾らでも逃げられる状況が見られる。しかし実際にはこれら被害者は、公的な保護の手が差し伸べられるまでは、逃げ出すことができない。
これらの被害者は、加害者より絶えず暴行と平行して、逃げ出せば殺すと脅迫されていたり、世間は絶対助けてくれないとするイメージを絶えず与えられ、この精神的な暴行により精神活動を、ひいては実質的な行動を制限されてしまっている事情が伺える。
このような虐待行為による精神支配では、その本質においてマインドコントロールに類似する事例も見られ、過去の児童虐待事件や誘拐監禁事件においても、PTSDにも関連して、「より支配されやすくなっていた」状態の見られる事例が報告されている。」

(引用)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E...

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する