ここから本文です

高価なエレキギターと安いエレキギターって、音がどのように違うんでしょうか?

nextaudiosさん

2015/11/2808:46:07

高価なエレキギターと安いエレキギターって、音がどのように違うんでしょうか?

マグネットピックアップ(以下PU)で拾っているだけなので、極端な話、PUが同じなら本体は別物でも、音変わらないと思うんですが・・・(ブラインドテストして、PUが同じ高級ギターと安いギターを聞き分けられるかどうか疑問)

ピアノであればスタインウェイとヤマハ、ボルドウィンなど、ピアノをある程度弾いたことがある人ならブラインドテストでも余裕で聞き分けられます
アコギであれば、Martinのアディロンダックスプルースとハカランダを使ったモデルと、ヤマハ、モーリスなどの音もブラインドテストで余裕で聞き分けられるでしょう

しかし・・・エレキギターはどうなのでしょう?
PUが同じでも聞き分けられるのか、そこが疑問です
意見お願いします

補足予想より多くの回答をいただき嬉しいです。確かにアコギでもサウンドホールからの音によって振動した弦の音をマグネットピックアップ(サンライズとか)が拾うため、音が木材によって変わることはあるので、そういった方面の意見にも納得です。
共鳴のためのサウンドホールがないエレキギターなどでも同様の現象が起きることがわかり(できれば動画があると嬉しかったですが!)、また何より実際に音が変わるという多方面からの意見を多くいただけて勉強になりました。

BAは投票によって決めたいと思います。

この補足投稿後も多くの回答をいただけたらと思います。

閲覧数:
13,564
回答数:
25
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/12/311:15:15

こんにちは、nextaudiosさん。

良い/悪いは別にして、たとえばエレキギターのサスティンについて考えてみると、エレキギターでも音に違いが出て来ることは明白です。
どんな高性能でセンシティブなピックアップでも、弦の振動が止まってしまったらアンプからは音は出ません。 音(電気信号)の源泉が無くなってしまった訳ですから。
サスティンは様々な要因でその長い/短いが決まりますが、すごくシンプルに考えれば2つの支点(ギターの場合はナットとサドル)が振動を吸収してしまうと弦振動の減衰は早くなり、結果サスティンは短くなります。 ナットの固定が甘かったり、ネック材の強度が足りなくてナットを介してネック自体に余計な振動をさせてしまったり、サドルの構造や物性や組み付けが適切でなければやはり弦振動の減衰は促進されてしまいます。

上記サスティンに関しては、言ってみればギターの音についてのマクロ的な視点です。
もっとミクロ的に見ると、高価なギターと安価なギターの音の差について説明が付きます。

エレキギターは弦振動をピックアップが電磁誘導によって電気信号に換えることによってアンプから音となって出ます。 その弦振動はナットとサドルが2つの支点となっていることは上述した通りです。
サスティンはシンプルな弦振動の減衰で決まりますが、どんなギターであってもナットとサドルが完全な支点(全く振動を吸収しない支点)にはなりません。 必ず弦振動は支点を介してギターのボディやネックに吸収されるぶんが発生します。
すなわち、『ボディやネックを必ず振動させます』。

たとえば、ギターのネックやボディがゴムのように柔らかい素材だったらどうでしょう。 もちろんそんなことは非現実的ですが、当然ながらサスティンは一瞬で失われますし、ボディやネックも振動はしません。

逆にボディやネックが鋼鉄のような素材だったらどうでしょう。 当然重くて抱えられませんけど、サスティンは伸びるでしょうが、弦振動程度の軽微なエネルギーでは鋼鉄ボディ(^^;)を振動させられません。

更に、ボディやネックが適度な硬度がある軽量な木材だったらどうでしょう。
ナットとサドルは支点として役割を果たすと同時に、ボディやネックにもその振動を伝えます。
弦振動によってボディやネックが振動する際、「振動し易い周波数」と言うものが存在します。 その「共振し易い周波数」と言うのは、木材の種類によって様々です。 低い周波数が振動し易い木材や、高い周波数が振動し易い木材、可聴音域を中心に万遍なく振動し易い木材等々。
この、木材の特性によって、特定の周波数を中心に振動したボディやネックは、サドルやナットを介して再び弦振動に影響を与えます。
言わば内部フィードバックとでも言えるような事象です。
これによって、たとえばボディ材が「可聴音域を超えて超高音まで振動する木材」だったとしたら、弦振動には超高音、すなわち倍音成分までも弦振動にフィードバックします。
ギター内部でこのような事象が起こっていると、弦振動にフィードバックした超高音≒倍音成分はピックアップによって電気信号に変換されます。
『ピックアップの真価が問われるのはココの部分です』。
フィードバックして倍音やら何やらを含んで複雑化した弦振動は、その全てを存分に電気信号に変換できるピックアップ(いわゆるHi-Fiなピックアップ)によってアンプに送られます。

どんなに緻密に設計され、どんなに複雑な弦振動でも存分に電気信号に換えられるピックアップでも、サスティンの時と同じように、弦振動そのものが無ければ電気信号には変換できません。
言い換えれば、音響的に優れた木材を使用し、キッチリとした組み付けをされたギター本体が無いと、弦振動→ボディ振動→弦振動のフィードバックは起こらず、起こったとしても倍音成分と言った「ギターらしい音の成分」は欠如してしまいます。

音響的に優れた木材を”適材適所”に用いた音響設計または数多くの試行錯誤によって設計図を描き、緻密な組み付けを行ない、必要な検品と微調整(チューンナップ)を行ない、必然的に高価になるギターは、上述のような経緯によってユーザにとって魅力的なギターとなり得ます。
もちろん、ギターからの信号を存分に音に変換できるアンプも極めて重要です。
エレキギターと言う楽器は、ギター50%:アンプ50%で音が決まる「楽器」ではありません。 【ギター100%:アンプ100%です】。 いずれが少しでも悪ければ、それがそのまま音に現れます。

アコースティックギターでのブラインドテストで音の違いが(なんとなくでも)分かる人は、エレキギターでも必ず分かります。
自分が弾いた場合などは、アンプを自分のほうに向けることができるので、アコースティックギターよりも第三者的に聴くことができるからです。
私はアコースティック出身なので、エレキの音の違いは分かり易かったくらいです。


少しでもご参考になりましたら幸いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/24件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/12/416:13:06

まず、勘違いがあります。

ピックアップは弦の振動だけを拾って音にしているって事は、その通りですが、
その通りでも無いのですw

弦の振動はボディ、その他の部品の振動の影響を受けた共振なども振幅に含まれます。自身の共振から二次共振も生みます。(ハウリングのようなもの)

なのでボデイ形状や、材質や、その他諸々の色々な振動は弦の振動に影響します。
この影響は想像以上に大きいのです。

ピックアップが拾っている実際の弦の振動は、各部分振動をも含む二次高周波、三時高周波も含む振幅なので、当然にピックアップ以外の部分の影響はモロに受けますよ。

ただ、電気的再生機を通すと、生楽器ほどは、影響の差が出にくくなるようです、アンプや、スピーカーの特性がマスキングするからでしょうね。
(アンプとの相性で、かなり傾向が変化する)

でもよく聞けば、同一ピックアップを使ってボディを変えた場合など、違いは聞き取れます。

聞き取れないなら、耳が、あまり、よろしくない、、かなw

あと、安いから良くない音、高いから、良い音ではありません、
同じ型番のギターでも音質、音色の違いはあります(多少は)、、使い込もでも音は変わります。好みの音と値段は関係ありませんしね。

フラシボー効果もあり、高いものが良く感じる事もありますw

でも高いもののほうが、弾きやすさ、長持ちしやすさには優れてますよ。
心理的効果も有りますので、私は適度に高価なものが好きですw

あと、生楽器は値段と音は。比例する傾向があるようです。

エレキは、多少は有る、と思っておけばいいかなw、と個人的感想です。

lake_u777さん

2015/12/407:03:00

他の回答に重なる部分もありますが、ピックアップが拾うのは弦の振動のみです。
なので弦の振動から得られるものがそのギターの元の音の全てなのですが、ギターの弦の振動はブリッジからナット(もしくはフレット)の間だけで全てが決まるものではないです。
ブリッジやフレットなどから振動はネックや本体に伝わり、ネックや本体固有の振動が今度は逆に弦の振動に重なって行きます。
あなたがソリッドの固い板と言っているものも、それぞれものによって固有の音があります。
木材でも何でもコンっと叩いた時、まあ木材同士だと差がわかりにくいかもしれませんが、堅い木と柔らかい木。密度の高い重い木と軽い木。違う響きがするかと思います。
そういう要素が振動として弦に影響します。
なのでギター本体、ネックなどはギターの音の違いを生み出します。

z_gundam14さん

2015/12/400:24:47

極論

弾く人の腕次第。上級者になってくると高いギターの方が音抜けが良いとかわかるようになる。だから初心者に違いは絶対わからない。でもプレイテック、フォトジェニックなどの安物は作りがひどいものもまざっていて最初からどっかのフレットがちゃんとなんなかったりするが、フェンダーカスタムショップなどの高価なものはほぼない、などの作りの丁寧さは差がでる。あとブランド

lurio75さん

2015/11/3017:40:22

参考にどうぞ。
20数万の価格差を出せるかはその人次第でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=FOYmEIkyTo0&index=1&list=LLs0HyBMgz...

2015/11/2822:05:16

基本、聞き分けられますが、自分の体調によっては聞き分けられないこともありますよ

体は不変じゃありませんから

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。