ここから本文です

解決済みのQ&A

会計の「消し込み仕訳」ってどうい意味なんでしょうか?

acopanda_kさん

会計の「消し込み仕訳」ってどうい意味なんでしょうか?

  • 質問日時:
    2008/3/28 09:53:09
  • 解決日時:
    2008/4/12 03:33:37
  • 閲覧数:
    12,275
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

itaxsolutionさん

次のケースで呼ばれると思います。
○売掛金、買掛金、手形勘定科目、未収金、未払金、預り金について
決済に基づき現金預金勘定によって残高を消し込む仕訳。
○仮払金、仮受金、前払費用等経過勘定科目について
妥当な科目への振替によって残高を消し込む仕訳。
○決算書の表示上、重要性に乏しい科目などを
他の妥当な科目への振替によって残高を消し去る仕訳。
○すでにある仕訳と同金額で科目だけを貸借逆仕訳によって
その仕訳を取消訂正した履歴を残すための仕訳。

人、シーンによって使い方はいろいろ。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する