ここから本文です

解決済みのQ&A

「要る」を尊敬語・謙譲語に直すと何ですか?

monchy555さん

「要る」を尊敬語・謙譲語に直すと何ですか?

  • 質問日時:
    2008/5/4 16:17:20
  • 解決日時:
    2008/5/11 14:50:13
  • 閲覧数:
    18,259
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

kirdemureさん

「要る」という動詞をそのままの形で尊敬や謙譲に使うことはないでしょう。

「私は辞書が要る」とは言っても、「先生は辞書が要る」とは言えません。
自分以外の人にとって必要なものについては、「先生(など)には、辞書が要る」となるわけですから、
この形で尊敬語にすることはあり得ないのです。
「先生、辞書が要りますか」ということを、敬語を使って尋ねる場合には、
「辞書がご入り用ですか」とか「辞書をお使いになりますか」というふうに、別の語を工夫して使う必要があります。

謙譲語については、「私は辞書が要ります」という場合には、使う必要がありません。
「要る」というのは相手や他者には関わりのないことですから、「へりくだる」必要も意味もないのです。
丁寧で改まった感じの表現にしたいのなら、「必要」「入用」のような熟語を使うか、少し古めかしい「入り用」を
使うなどすると、印象は変わります。

質問した人からのお礼

  • 降参詳しい御回答でよくわかりました。皆さんありがとうございました。
  • コメント日時:2008/5/11 14:50:13

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

candidmiddleさん

「所望」または「入用」と言い換えて表現するのが妥当ではないかと存じます。

尊敬語としての使用例
「会長、もし最新型のコピー機をご所望でしたら私にお申し付けください」

謙譲語としての使用例
「君、このプロジェクトを成功させるために予算は充分あるのだから、あといくら要るのか遠慮しないで言ってくれたまえ」

「はい!社長ありがとうございます。Aシステム修復の費用として、あと3,000万円を所望しております」

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/5/4 18:50:36
  • 回答日時:2008/5/4 17:22:34

tangoya3さん

尊敬語は、「お要りになる」。
謙譲語は……ないと思います。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する