ここから本文です

芥川賞の基準は何ですか?

crash_the_wolfmanさん

2008/7/1609:42:43

芥川賞の基準は何ですか?

閲覧数:
1,728
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eelkabayakiさん

編集あり2008/7/1721:29:18

芥川賞は純文学の短編に対する最も権威ある新人賞です。
短編というにはあまりに長い作品や、新人というにはあまりに名前が通っている作家は、候補に入っても受賞できなかったことがあります。純文学とは、より芸術性が高い作品と言われており、具体的には新しい文体や新しい切り口への試み、心理の動きを緻密に描写する作品が評価されます。

それに加え、文芸誌「文學界」に掲載された作品の受賞率が異様に高い傾向にあります。ほとんどの候補作品は「文學界」「文藝」「群像」「新潮」「すばる」の五大文芸誌に掲載された作品ですが、芥川賞を主催する文藝春秋社が発行する雑誌が「文學界」だからです。選考委員の先生方が多少出版社側の空気を読んだ選考をしているのでしょう。

しかし、それでも圧倒的に優れた作品は「新潮」に載っていても受賞します。
都知事が決まって言うのは「それは人間の本質を描いているのか?」です。いかに深く、どの時代の人間にも共通するテーマを描いているかというのは大切なようです。死、金策、老いなどが例ですね。
山田詠美先生は、性や女体を新たな文体で描くと評価することが多いです。

最終的には、その作者が受賞したときの話題性も考慮されるようです。

今回の楊逸さんは「文學界新人賞」でデビューしており、いわゆる出世コースに乗っている作家です。「時が滲む朝」も「文學界」の6月号に掲載されています。加えて中国人ということで話題性もありました。人間の本質はどれほど描いてはいないですが、中国人ならではの比喩表現や舞台設定は、純文学の芸術性という観点からは評価されます。上記の多くの基準を満たしていることがわかると思います。

過去の選評を読めば参考になるでしょう。
http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/index.htm

質問した人からのコメント

2008/7/21 14:19:58

抱きしめる 凄いッ!!
此処まで精密に分析しておられたとは!!
判断基準の共通項は、何時の時代も同じですネ!
やはり人間の死生観には、
魂を揺さぶる何かが潜んでいるように私は感じます。
愛人の死、隣人の死、親族の死、仲間の死。
どの作品も死を題材にしたものが、高く評価される傾向にあります。
死の奥に潜む本質こそが、
人間が追い求めて病まなかった、魂の故郷ではないのでしょうか?
沢山の回答有難うございました。
以下の方も有難う☆

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2008/7/1609:50:23

お偉いさんの、さじ加減。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。