ここから本文です

建築用語で鉄骨溶接に関する場面の用語です。はだすき フィーラーってなんでしょう...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

isadnessmailさん

2008/12/1500:51:24

建築用語で鉄骨溶接に関する場面の用語です。はだすき フィーラーってなんでしょうか?この2つの用語の関係はなんでしょうか?検索しても写真あどなくイメージも湧きません。教えてくださいおねがいします

閲覧数:
3,869
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/12/1515:57:11

はだすき(肌隙き):鉄骨表面どおしの隙間。
ボルト接合部等(今回は現場溶接部)で、接合面と添え板との間に部材の板厚差によって生じている隙間のことです。
鉄骨表面を「はだ」と職人は言います。「すき」は隙間の事です。


余談
ついでにこれも覚えれば良いかな。
肌合せ
接合部で二つの材を隙間なく密着させる事。


フィラー(フィーラーって言う職人もおる):鉄骨造の梁において、フィラーは、ボルト接合部等で接合材に板厚差がある場合に隙間を埋める当て板のことです。


用語の関係としては肌隙きが1mm以上あるものは、フィラーを入れて肌を合わせます。

使用例:
「なんやぁ!この肌隙き(隙間が1mm以上)は、フィラー入れてちゃんとやらんか!やり直しやー」

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する