ここから本文です

東京都の小学校教員で初任者の後補充とはどういう先生のことですか?また、どんな...

dolphins77spikeさん

2009/4/323:29:34

東京都の小学校教員で初任者の後補充とはどういう先生のことですか?また、どんな入り方をするのですか?教えてください。

閲覧数:
2,545
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cocoshukeさん

2009/4/323:55:48

小学校教員の初任者には校内外で1年間の研修があります。初任者研修といいます。おもに校内での初任者研修には、指導教官(同じ学年の先輩が務めることが多いです)の授業を参観したり、逆に初任者が授業を指導教官に観察されたりするプログラムが週に3時間ずつあります。ここで、必要になるのが後補充の教員です。つまり、初任者が指導教官等の授業を見る3時間と、指導教官が初任者の授業を観察する3時間の計6時間、それぞれの担任の変わりに授業をするのです。後補充というと、「何だろう。穴埋め的な役目?」という印象を受けてしまいますが、図工や音楽の時間に専科の先生が授業をするのと同じように、何か一つの分野をレギュラーで受け持ってもらえるように分担していることが多いと思います。
ちなみに、この後補充を務める先生は、非常勤講師だったり、再雇用の嘱託の先生だったりします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する