ここから本文です

てんかんとひきつけの違いを教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

joejoy215さん

2009/5/708:45:55

てんかんとひきつけの違いを教えてください。

子供が熱性ひきつけの場合、大人になっても残るのでしょうか?

閲覧数:
9,839
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuharuayuさん

編集あり2009/5/709:55:24

「てんかん」痙攣や意識障害の発作を起こします。
脳の一部で起きる発作を部分発作、全体で起きる発作を全般発作といいます。全般発作のうち、大発作といわれるものは、意識を失って身体の硬直や痙攣がおき、呼吸停止などの症状が見られます。小発作は、一瞬意識を失って動きが止まり、失立発作は、筋肉が瞬間的に弛緩して倒れてしまいます。

「点頭てんかん(ウエスト症候群)」特有の動作を無意識に行う病気です。多くは生後4-7ヶ月の乳児期に始まります。
睡眠の前後に、うなずくようなしぐさをしたり、同時に手足を突っ張るような動作をします。また、手を上下に振るような動作が見られることもあり、このような症状が繰り返されます。発達障害が見られることもあります。

「小児良性てんかん」幼児期にだけ発作が起き、十代半ばには症状がなくなるてんかんです。
唇がぴくぴくする、意識が朦朧とする、手足をばたばたさせるといった症状が主に夜間に起きます。4歳から10歳ごろに見られ、症状は数年続きますが、十代半ばには症状が出なくなります。

「レノックス症候群」2-6歳で発症するてんかん発作の一種です。
突然意識がなくなったり、手足が痙攣したり、力が抜けて倒れるなど、発作の種類はさまざまです。精神や運動能力の発達に影響がある場合があります。

「熱性けいれん」生後6ヶ月から5歳ぐらいの子供に見られる、高熱を出したときに起きる痙攣です。
熱を出しているとき、手足をはじめ全身がけいれんし、意識低下が見られることもあります。数分でおさまりますが、30分以上続くこともあります。

「憤怒けいれん」泣き入りひきつけともいわれます。
かんしゃくを起こして激しく泣き続けているうちにひきつけを起こします。息を止めて、唇が紫になることもあります。まれにけいれんもおこします。

*熱性ひきつけ・・「上記 :熱性けいれん」の場合でしたら、大人になって残ることはないと思われます。

質問した人からのコメント

2009/5/8 00:07:58

成功 とてもわかりやすく説明していただきありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する