ここから本文です

解決済みのQ&A

あわびととこぶしの違いはなんなの!?

kainyanyaさん

あわびととこぶしの違いはなんなの!?

  • 質問日時:
    2009/8/4 23:20:42
  • 解決日時:
    2009/8/19 05:44:02
  • 閲覧数:
    10,388
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

baccarat_kazuさん

アワビとトコブシは同じ仲間ですが、大きさ味がかなりことなります。
アワビは大型で、調理は普通殻から外して調理します。造りを初め、天麩羅、塩焼き、酒蒸し、バター焼き、寿司ねたなどバリエーションが広いです。中国ではアワビを干して使います。

一方トコブシは形は似ていても、大きくても7cmぐらいで小さく、味もアワビに劣るので、殻から外さずそのまま煮付けなどにします。

トコブシはアワビに比べて水産価値はかなり低いです。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2009/8/4 23:32:16

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

smiledogjpさん

アワビはアワビでとこぶしはとこぶし。種類が違います。アワビは比較的大きいものなら1つ1キロにもなるものもあります。大きさはアワビなら大人の手のひらほどのものになります。それに比べとこぶしは大きくとも10cm前後です。アワビにも色々黒アワビ、マダカアワビなど種類もありますが、貝殻にあいている穴が4~5で噴火口のように尖っているのがあわび。とこぶしの穴は6~8個で滑らかな所に穴が開いています。とこぶしは手で簡単に剥して取る事ができますが、アワビは吸着力が強くアワビおこしのような道具を使わなければ通常は取る事ができません。値段もアワビのほう値段も高いです。お刺身で食べるならアワビはコリコリと歯ごたえがあります。一方とこぶしは刺身は比較的柔らかく歯の弱い方ならこちらの方が食べやすいです。火を通して食べる場合はアワビが柔らかく、とこぶしは火を通しすぎると硬くなります。私が知っているのはこのくらいです。

vn_katuoさん

和歌山です。
私の県下のだと、大きさの違いの他、火山の数が違います。
アワビは、アワビおこしを使わないと獲れませんが、
トコブシだと岩を起こせば簡単に素手で獲れます。
アワビ、トコブシは禁漁区になる前はよく獲りに行きましたが、
私はトコブシの方が好きです。
自分で獲ったアワビをその日、2切れ程食べる程度です。
残りは友人にあげるのでちょっとした宴会になっていました。
寿司屋だといつのか分からないので食べません。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する