ここから本文です

写真の勉強をしている者です。この二月間、特性曲線とコントラスト・インデックス...

syasinbenkyoutyuさん

2009/12/2911:28:18

写真の勉強をしている者です。この二月間、特性曲線とコントラスト・インデックスの意味が理解できず困っています。先生に聞いても、LOGとか出てきて頭が混乱するだけでネットで調べても難しくて理解できません。

ぶっちゃけて、小学生にでもわかるように教えてもらえませんでしょうか。お手数ですがお願いいたします。

理解できるのは、現像を長くすると特性曲線のガンマ(傾斜)が高くなり、コントラストが上がる事と感度が変化する事、平均ガンマとコントラストインデックスの計る範囲の違いなのですが、それに書いている数値が何の意味があるのか何に応用するのか理解できません。どちらか言うと理論より、実践(白黒写真)で役に立つように教えていただけると幸いです。
よんで解るとおもいますが数学・算数は、全くダメな馬鹿なのです。

補足photog_666さん
0.3が1絞りと簡単そうでノートを見ながら考えています。
僕の場合、プロになりたいので目安程度で良いから、読めるようになりたいです。
それに1月に試験があるので沢山教えてください。

閲覧数:
759
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アップロード写真

カテゴリマスター

photog_6666さん

編集あり2009/12/3002:29:00

難しく考えるほどのものじゃ有りません。縦(濃度D)も横(露光量HかE)も約0.3が1絞り(2倍)と考えてください。なので0.1が1/3絞りなんです。
濃度Dの場合は、0-1-2-3とありますが1が1/10、2が1/100、3が1/1000の透過率か反射率になるのです。絞りで言うと0.3+0.3+0.3=0.9が・・・NDフィルターで言う、2,4,8になり、0.9で1/8に弱まる事になっています。それが1.0で1/10になるわけです。濃度D=2も同じ式で0.3+0.3+0.3+0.3+0.3+0.3+0.3=2.1で7絞り・・・2、4,8,16,32,64,128で1/128の光の量になる。濃度D=2が1/100になるわけです。その延長でD=3は、丁度、1/1000になりますね。数字が大きくなる程に濃度が濃くなっているわけです。(春休みにでも、対数と三角関数は、簡単な部分だけでも、理解しておいた方が良いです。)

横軸のEやHの単位も0.3が1絞り、0.1が1/3絞りでフィルム特性曲線での感度なら、-2.0のところがISO100になるんだけれど安全係数があるのでISO80になるんです。感度規定点は、カブリ+0.1の濃度だから、下のアクロスなら、感度100になっているわけですよね。
http://fujifilm.jp/support/pdf/filmandcamera/datasheet/ff_neopan100...
で、同じように計算すればー1が感度8,-3が感度800で-3から-2まで0.1単位で1/3絞りずつ変わるので800,640、500,400,320,250,200,160,125,100,80になっています。
-2~-1までも80,64,50,40,32,25,20.16,12,10,8になります。
横軸の幅が表すものは、フイルム上で投影された明るさの範囲なんです。右側が明るい部分、左側が暗い部分、この範囲を露光域と呼びます。およそ、順光で1:128でフイルム面上には、1:64程度(フレアーで2:128)の明暗が出来ます。これがグレースケールや光学楔を写して特性曲線のカーブを作り、どれくらいの現像時間にすればどのように再現されるか?結果、どれくらいのフィルム濃度域になるか理解できる事になります。http://fujifilm.jp/business/broadcastcinema/mpfilm/info/exposure/vo...

コントラスト・インデックスは、コダックの実践的な平均ガンマの取り方で規定は、テキストに出ているでしょうから省きます。
利用するには、最初に印画紙コントラスト(露光域)と引き伸ばし機のフレアー要素とキャリエ系数を理解する必要があります。
(キャリエ係数とは、引き伸ばし機のコンデンサータイプと散光式タイプでコントラスト再現が変わるのを数値化したもので散光式が約1.0倍でコンデンサータイプが0.8-0.9倍の濃度で同じ再現になる事を示しています。これは、引き伸ばす上で大きな要素となります。)
印画紙のコントラスト(露光域)は、2号を標準に考えるのが普通でISOレンジでなら銘柄で異なりますが110程度です。(白~黒まで印画紙投影濃度域=1.1になる事)
これを引伸機の投影画面上で白から黒まで1.10(2号紙)に再現するに必要なネガ濃度域をコントラストインデックス・グラフを見て決めるのが使い方です。(γ0.5で露光域2.0ならフィルム濃度幅(特性曲線3角形の垂直部)1.0、キャリエ加味1.0/09で2号紙にプリントできる)
コダックでは、散光式に適したネガは、コントラストインデックスCI=0.6でコンデンサータイプに適しているネガをCI=0.50に仕上げるように推奨しています。この差は、上記のキャリエ係数他の要素を加味したものでメーカーデーターシートのままでなら、散光式用として使え、そのデーターから、現像時間を2割減らし、感度を1絞り落としたものがコンデンサータイプのスタンダードになる旨を公表しています。
コントラストインデックスの使い方は、印画紙側から、考えていく事を理解されたら、十分だとおもいます。今は、印画紙側のコントラストが可変できるので散光、コンデンサーのど真ん中にフィルム現像を持つて行けば大方対応できる事でしょう。
一部の方に誤解がありますが基本の標準調を知り、好みの調子に仕上げる事が出来る応用が簡単に可能だから、勉強する意味があるのです。

人の経験と感覚に委ねるだけが実践技術なのでしょうか?人は、それが曖昧だから、数値化し共有にするのでしょう。学生がこの類の勉強をするのにネガティブな発言は、間違っていると思いますよ。

質問した人からのコメント

2009/12/30 12:08:26

降参 応えて頂き感謝します。特性曲線へ実数を書き込み、自分なりに解釈が出来たようです。画像を扱うなら、理解しなければいけないと言われ焦ってましたが実数だと単純な事でした。晩に理解している友人に携帯で説明すると直接値が出る方法にびっくりしていました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

canonkissfpさん

編集あり2009/12/2923:21:46

補足を読みました。

私はあなたの質問に答える知識を持たないものですが、、、。

とても真面目に写真に取り組まれているのだな~と感心していましたが、、、。

結局、試験のためかよ?!

、、、キツイことを書きましたが、あなたは馬鹿ではないはずです。頑張ってください!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ryoji_westさん

2009/12/2917:29:32

私…プロやってますが、恥ずかしながらこんな勉強したこと無いです。
先輩カメラマンたちに教えてもらって焼いたり、本で少し勉強したくらいです。
失敗だと思ったら時間をずらして焼きなおす。
そんでそれをデータに取る。
これの繰り返しでした。
印画紙ごとの露光時間もデータに取って手探りでやってましたよ。
時間は少し掛りますが、なんとか出来るんですよね。
理論で固めるより、実践あるのみだと思います。

とまぁ、知識があったほうが仕事は速いでしょうけど。。。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2009/12/2917:16:38

写真を学ぶが 学術的に突き詰めなきゃ
写真の撮影が出来無いのではなく

やれ特性曲線などは大体の基本性能を知るための
目安程度で充分かと思いますよ。

そんな理論で固まってしまった頭では、「芸術」的な
写真の撮影には凝り固まってて対応できなくなりますよ?

無理して難解なグラフを解釈せず、大体こんな曲線なら
性能的にはこんな感じとパターン的に読み参照するのが
吉かとは思いますし、わたしも細かい読み方はしてません。

後は自身の経験とデーターの蓄積による貴方自身のレシピ
(現像の仕方)を持つ様になる事ですよ。

写真学生時代から基本は固めるのは大事ですが、小難しい理論に
とらわれる必要はないですよ、そのまま写真工学の道を突き進むのなら
必要ですが数値に置き換えれない「感性」「表現」間で数値に置き換え
満足するのは意味が少ないと考える、数値的に判断のの基準にするの
は必要ですが細かい数値に拘ってしまってそれしか見えなくなるのは
問題かと思いますよ?明確なデーターのやりとりの説明でないと
photog_666さんの回答で解決するのも難しいかと。
しっかり、担当の講師にデーターの見方をしっかりと説明してもらえる様
にお願いした方が確実かと?試験のために付け焼き刃でなくて、しっかり
学ぶことです、タダでここで聴いても参考程度手取り足取りは学べないも
のですからね。
その先生にお年始挨拶にでも行ってきてくださいな。
意気揚々と数値を並べても、基のデーターがはっきりしないと解説にズレがでませんか?
photog_666さん<責任もって質問者に手取り足取り教える責任を取りますか?

わたしは実務優先の写真を生業う
物としてのアドバイスしかできませんね、残念ですが。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tessar_holicさん

編集あり2009/12/2916:35:15

先生に聞いて分からない…
まあ、本当に分かる生徒なんて数が少ない話だと思いますけどね。
理解できるに越したことは無いでしょうが、先生にでもなるのでなければ、ややこしい数式なんか分かる必要は無いと思いますよ。
液温や時間の変化で出てくる、コントラストなどの変化を数式化しているもので、理論武装するようなものです。
ロガリズムが分からなくても、変化の現象の方を「そういうものなんだ」ときっちり把握すれば良いのではないでしょうかね。
そもそも、何が標準なのかも法律で決まっているものでは無し、仕上りも人それぞれの好みが違うわけですからね。
あなたが写真学校の先生を目指すなら…それも理論の方を教えるつもりなら、ややこしい能書きを並べないと格好つかないし授業料も取れないでしょうが、写真を撮って、写真を仕上げるために勉強しているのなら突き詰めて悩まなくて良いような気がします。
土門拳も木村伊兵衛もそんなもの分からないで写真を作っていたはずです。
土門さんなども若い時は自宅を改造した庵室で夫婦で焼いていたのですからね。

「こうしたら、こうなる」…「理屈はややこしい数式で出しているみたいで、グラフが立ちすぎても寝すぎてもいけないみたい…」
「私の好みはその中のこの辺だ」
「確実にその仕上げに出来るぞ!」
と言う方が大事ではないかと思います。
私などはぐしゃぐしゃのままですが…

反論するようですが…
あれが読めれば目的の仕上げが出来る???
なら、写真学校の卒業生は皆さん優秀なプリント技師で優秀なカメラマンになるでしょう。
実際に撮影されるたフィルムが本当にどんな条件で記録されているか…
商業写真とかのっぺりした風景写真できちんとスポット測光でもして計算した露光をしたものを除き、一般には経験と勘、カメラの癖、自分の露出の癖、仕上げたい画調などを勘案してフィルム現像をするのが普通だと思うのですがね。
それが駄目だと言うなら、カメラマンのほとんどが馬鹿で無知な集団になるでしょう。
怖い世の中ですね。

どうやら、「写真」の意味が私たちとは違うようですね。
「写真関係の技師」を目指していると言う意味らしいですから、端からすれ違いが起きていたようです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「コントラスト・インデックス、特性曲線」に関する質問

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する