ここから本文です

バックスピンの掛け方です。 プロの試合を観ているとバックスピンでボールが戻る...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

lovecats_hさん

2010/2/1903:47:56

バックスピンの掛け方です。
プロの試合を観ているとバックスピンでボールが戻るときがあります。
あれはどうやって打っているのでしょうか?
私には無理だと思いますが、手品を見ているようでタネが知りたいのです。

閲覧数:
2,938
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s4971tさん

2010/2/1912:14:57

凄い回答あるな
スピンが途中で変わればそれこそマジックだね

みんな結構要約しちゃってるからもう少し詳しく説明しとくね

スピンってのはクラブと球が接触した際のギア効果で発生するの
ギアって事は歯車の様に噛み合うってイメージだね
この接触する面積が大きい程ギア効果も大きくなる
ロフトの寝たクラブ程鋭角にヘッド入れても球の下までフェースが潜りこむよね
それだけ接触面積が大きくなるからスピンも強く掛かる
これがスピンの理屈なんだけど戻るかどうかは環境による
スピン量より推進力が高ければ戻らない
って事は高い球程戻し易いと言えるね
それと球をある程度潰さないと接触面積は大きくならない、つまりそんな球とHSが必要と言える
まぁある程度HSがあれば普通にウェッジ使って普通にダウンで打てば普通に球は戻るよ

溝に関しては直接スピンとは関係ないよ
あれはタイヤの溝と意味は同じ
純粋に摩擦係数だけなら無い方が高い
でも球打つ環境って芝あるわ土あるわ場合によって水もある
これらを逃がす為の役割って事
球とフェースの間に何か噛むと摩擦係数がぐんと下がる
所謂フライヤーとかはこの理屈ね
あと角溝がよくスピン掛かるってのは別の理屈
あれは角に無理矢理球引っ掛ける事でHS足りない状態でもスピンが掛かる様にしてるの
だから球に凄いダメージがある

まぁタネもなにもないって事だね

質問した人からのコメント

2010/2/20 05:03:13

わかりやすい説明ありがとうございました。スッキリできました

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜5件/8件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nori_90345さん

2010/2/1912:58:35

私は1ラウンド中に2回ショートホールでワンオンしたボールがバックスピンで戻ってグリーンから出たことがあります。

バックスピンはかかりますが、コントロールは出来てません。無意識にスピンがかかって戻ってしまうものです。

プロや上級者のレベルになればある程度コントロールできるのかもしれませんが、プロのトーナメント中継を見ていても、スピンがかかりすぎて遠くなってしまっていることをよく見かけますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ua28888さん

2010/2/1912:42:23

多かれ少なかれ、誰が打ってもスピンはかかっています。
その量がどれだけかによって、戻る戻らないや戻る量が変わってきます。
(勿論、同じ打ち方で同じスピン量でもグリーン状態やその他の条件によって、毎回変わります)

夜店のスーパーボールを、指で逆回転させ戻すような遊びをしたことないでしょうか?
その時の戻り方も人によって違いますよね。
簡単に言えば、あんな感じです。

指の長さが同じとしても、戻り方は違うはずです。
指の速さや、指の使い方(長く擦るなど)、ボールの飛ばし方(落ち方)などなど

ゴルフはバックスピンがかかれば良いってものでも無い(バックスピンの距離を競う競技じゃない)ですしね。

ある程度、クラブなりに打てるようになると自然と出来るようになりますよ。
スーパーボールのように。。。。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/2/1912:40:26

簡単に‥

早いヘッドスピードで低く打ち出しバックスピンが弱くならない間に着地させる。

通常へッドスピードが早いと高く打ちあがるので低く打ち出す技術が必要。

途中で回転が変わる事はありえません。回転はだんだん弱くなるだけです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mitchy1020さん

2010/2/1911:28:45

タネですか~

それはクラブの溝とボールをコンタクトした時に発生するスピンで
ボールはウェッジとコンタクトするとフェイス面を滑っているのです
ここに溝があるのでバックスピンが発生します

バックスピンがかかりやすい状況もあります

*アゲインスト
*グリーンがうけている
*スピン系のボール使用とウェッジ(ノーメッキなど)
*V字軌道のスイング
*スイングスピード

プロはスピンコントロールをしていますが
すべてバックスピンをかけて戻すということはしていません

なぜならスピンをかけて距離を飛ばすというのは非常に難しく
例えば100yで52で打ったとして105y打って5y戻すとかまでは
リスクが高すぎてプロもあまりしないと思います

また海外ツアーの方がよく見ませんか?

これはグリーンのコンパクションといって硬さを表すものですが
日本よりカタクセッティングされていますので
スピンがほどけないままでグリーンオンしてもどるというのも
あります

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tab3dgs200さん

2010/2/1911:08:11

SWでのプロのショットは、ダウンブローにクラブフェースと
ボールをコンタクトさせているので、鋭いバックスピンが
かかります。

ただ、プロの使用するボールはスピン系ですので、
戻りすぎてグリーンの外に出てしまうこともママあります。

そうならないように、わざとスピンを減らすように
ロフトの立っているAWやPWを使用することもありますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する