ここから本文です

解決済みのQ&A

歯のフッ素塗布で、本当に害は無いのですか?

takayumi226さん

歯のフッ素塗布で、本当に害は無いのですか?

3歳の子供が居ます。 最近は、幼児期からの虫歯予防の意識が高まっており、歯医者さんでは「フッ素塗布」を推奨しているようで、早い時期にした方が良いと言われています。 「フッ素」というと、それ自体は猛毒と言われており、それを敢えて人体に使うのは、イメージ的には抵抗があるのですが、歯科で使われるフッ素というのは、人体に害の無いものなのでしょうか? 特に、幼児に使うとなると、一層心配になるのですが、世間一般で普通に行われているようなので大丈夫ということでしょうか?また、巷で普通に売られている歯磨きペーストでも、「フッ素配合」というようなものを多く目にしますが、そのような物も乱用の心配などは無いのでしょうか?

できれば、この分野で専門的な知識をお持ちの方の御意見もお聞きできれば幸いです。

  • 質問日時:
    2010/3/24 11:12:57
  • 解決日時:
    2010/3/31 11:36:10
  • 閲覧数:
    3,425
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

pokomichi02さん

フッ素を含む化合物をフッ化物といって、歯科でむし歯予防に使うのはこのフッ化物(多くはフッ化ナトリウム)です。フッ化物の応用については古くからその危険性については十分に研究されており、歯磨きや歯科医院でのフッ素塗布の安全性については確立されていますので安心してよいです。歯科医院で塗布するフッ化物はフッ素濃度にして約9,000ppmこれを通常三ヶ月に一度の適用で危険性はありませんし、歯磨き剤の含有フッ素450~900ppmこれを毎日応用しても安全です。

フッ素の毒性は急性毒性と慢性毒性の両方で論じる必要があります。急性毒性は体重1kg当たりフッ素イオン約5mg摂取で嘔吐・腹痛などが起こります。

慢性毒性として知られているのが歯のフッ素症「斑状歯」で、歯のエナメル質の形成不全により歯の表面が白濁し、審美的な問題となります。これは歯の形成期(0~7歳程度)に約1~2ppm以上のフッ素を含む飲料水を飲み続けることで起こります。ちなみに、生えてきたあとで、歯に新たに斑状歯は決して起こりませんので、幼児のフッ素塗布やフッ化物含有歯磨剤では白濁の心配は全く無い、という事になります。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/3/25 09:51:38
  • 回答日時:2010/3/24 16:48:40

質問した人からのお礼

  • 皆様、丁寧なご説明を有難うございました。
    一般に「フッ素」と呼ばれているので、誤解していたようです。
    安心して、子供の虫歯予防をしたいと思います。
  • コメント日時:2010/3/31 11:36:10

グレード

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

hero_corgiさん

「フッ素」というと、それ自体は猛毒と思っているというのが勘違いで
猛毒なのはフッ化水素酸 (フッ酸)なので歯科で使うフッ素とは別物です
歯科で使う「フッ素」はフッ化ナトリウムで適量なら害はありません。

もちろん科学物質は大量に取れば害があります。
少量なら薬や体に必要な物でも、大量(高濃度)なら害があります
たとえばNaClも害を及ぼしますがなくてはならないものです。

reindeers7777さん

よっぽど高濃度のフッ素を連用すれば歯が白濁したりしますが、手に入る範囲でそのような物は存在しません。
フッ素と言ってもフッ化ナトリウムなんで危険性は…。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/3/24 11:46:55

niibonnさん

先進国の多くでは、フッ素を、一般の家庭用水道水に添加しています。
もちろん虫歯予防のためです。
アメリカでは、すでに半世紀を超えて、実施しているそうです。
結果として、先進国の多くの地域では、40歳以下で虫歯のある人は、いないらしい。
アメリカのテレビドラマを見ていて、若者の変死体を身ながら、主人公がこう言うんです。
「こいつは、虫歯の治療痕跡があるから、アメリカ人じゃない。アメリカに来たのは、成人してからだ。水道にフッ素が入っていない東欧からだらろう。まず、移民局を当たれ・・・」
そんなに効果があるのかと、感心したものです。

フッ素には、食事で歯から溶け出してしまうカルシウムを、再度歯に結合させる効果があるそうです。
月に一度、フッ素を歯医者さんで塗って貰うのも、効果があるのでしょうが、食事ごとに、フッ素水でうがいをする方が、より、効果的という先生もいます。
おっしゃるとおり、フッ素は猛毒ですが、自然界に普通に存在するもので、極小量ですが、人間が生きていく上で、欠かせない元素でもあります。海の物には微量に含まれていて、それを摂取することで、人間は、生命を維持しています。
フッ素により、希に歯が白くなる副作用が出るそうですが、白くなることを、副作用と見るかどうか、微妙ですよね。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する