ここから本文です

伯爵、男爵など貴族の称号がありますが、何種類あるのですか?また順位はどんな制...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

sugokawa1966さん

2010/4/1022:06:51

伯爵、男爵など貴族の称号がありますが、何種類あるのですか?また順位はどんな制度なんですか?

補足皆様、回答ありがとうございます。私としましては岩窟王(モンテクリスト伯)あたりの時代と思い、質問しました。

閲覧数:
3,049
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

licca_accilさん

2010/4/1022:31:53

どの国の爵位の事をお尋ねなのかわかりませんので、列挙します。
明治期に日本で導入された爵位については、先の回答の通り、明確に公侯伯子男です。
一方、西洋では叙勲された際の国王との関係により与えられる爵位が異なるだけであり、爵位間に上下関係は存在しません。これは日本の爵位制度が古代中国のそれを参考にしたためです。
中国の爵位は、封じられた領土に応じてそれぞれの爵位が一代限り与えられるというものだったため、こちらも明確な上下関係があったわけではありません。市長と町長の上下関係のようなものです。
使用される単語が同じため誤解を招きがちですが、三者はそれぞれまったく異なる制度です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベストアンサー以外の回答
1〜5件/6件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アップロード写真

カテゴリマスター

na_cochiさん

2010/4/1112:37:39

何種類あるかは、国により異なります。
神聖ローマ帝国の場合は、皇帝、王、大公、公爵(大侯爵)、侯爵、辺境伯、伯爵、城伯、宮中伯、子爵、男爵などがあります。
その他に、爵位ではありませんが、選帝侯といったものもあります。
帝国騎士を貴族に含める場合もあります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/4/1107:18:11

英国では、

1.Duke
2.Marquess
3.Earl
4.Viscount
5.Baron(スコットランドではLord of Parliament)

フランスでは

1.Duc
2.Marquis
3.Comte
4.Vicomte
5.Baron

という5段階の爵位があり、訳語はいずれも

1.公爵
2.侯爵
3.伯爵
4.子爵
5.男爵

となっています。

日本で明治時代に華族制度を設けた際、中国の周の時代の諸侯の序
列として古い本(礼記)に紹介されていた「公侯伯子男」をそのまま
採用したので、外国の貴族の爵位を訳すときはこれをあてています。

実際にはきれいに5つとは限らない(Princeなんてのがあったり)ので、
訳に困るケースもあるのですが、とりあえず常識としてこれを知っ
ておけば大丈夫です。

爵位の継承は英国やフランスでは一人だけです。ドイツや北欧など
では全員が爵位を名乗れたりするので、国によっていろいろです。

> 私としましては岩窟王(モンテクリスト伯)あたりの時代と思い、質問しました。

『モンテ・クリスト伯』関連では、たとえばモルセール伯爵の場合、
爵位を継承するのはアルベールですが、彼は伯爵の長男なので一つ
下の子爵を名乗っています。王政復古の際に英国をまねた貴族院を
作ったときに、貴族の子供たちの儀礼称号という慣習も取り入れた
そうで、長男は父親の一つ下、次男以下は二つ下の爵位を名乗るこ
とになっていました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2010/4/1104:04:17

モンテクリスト伯はイタリアの貴族の称号でおそらく元々は皇帝によって授けられています。
国によって、時代によって違いますが、英国とフランスのケースを述べます。
英国の場合、狭義の貴族 peer に属するのは上から順に公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵です。爵位を有している当人のみが peer であり、夫人や子は「貴族」ではありません。準男爵は騎士階級に属し、peer には含まれません。
英国の場合、称号は分割されず、領地もおおむね長子相続ですので、貴族の規模が他国に比較して桁違いに大きく、かつ人数自体も少人数です。幾つかの例外を除いて(ダービー伯爵家など)、古くからの大貴族は、例えば元々は伯爵であれば適当な時期に侯爵や公爵の爵位が新たに与えられていますので、貴族の規模はおおむね爵位の高低に比例します。もっとも、現代では没落してしまっている家系もずいぶんありますが。
フランスの場合は、基本的な爵位は英国と同様ですが、爵位が男系全体に相続される点が違います。父が伯爵ならば、その子は嫡子はもちろん次男、三男も伯爵ですので、当然、規模は英国と比較してぐっと小さくなりますし、貴族とは名ばかり、という例もずいぶんあります。また、貴族の規模と爵位が必ずしも一致していません。もともと、伯爵、男爵が一番古い爵位で、古くからの大貴族で公爵ではなく伯爵を名乗っている場合があります。
例えばルイ16世の王弟に与えられた爵位は伯爵でしたが、その伯爵の嫡子が公爵であるというような倒錯した事例もあります。モンテクリスト伯がそうであったように、外国の爵位をフランスで名乗る人もいましたので、フランスの状況は英国に比べると混沌としています。

Sir がつくのは騎士階級であって貴族ではありません。
Sir は姓ではなく個人名につきます。ポール・マッカートニーの場合は、ポール卿、もしくはポール・マッカートニー卿であって、決してマッカートニー卿ではありません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/4/1022:39:18

公侯伯子男(こうこうはくしだん)と覚えましょう。
公爵は一般的には王家の親戚とかで、そうとうの大貴族、ロシア大公国とか。
侯爵もかなり大貴族、あのドラキュラは伯爵ではなく、実は侯爵です。ドラキュラ侯爵になります。
イギリスには、男爵の下に準男爵ってのもあるようです。
また、爵位のない貴族で一般的に卿(きょう)と言うのもあります。
ナイト爵と言う場合もあります。
イギリスではサーと言います。サー、トーマス、リプトンとか。
最近ではポールマッカートニーもサーをもらっていますので、マッカートニー卿ですね。w
日本でも戦前は大きな功績を残した人は爵位をもらっていました。
川崎重工の創業者は川崎男爵になっています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

stephantotさん

2010/4/1022:26:39

国によって違います。時代によっても違います

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する