ここから本文です

鈴木達央様の濃いBLCDを探しています。 なるべく受けで皆さんのお進めをお教えて...

miyazi_loveさん

2010/5/117:21:50

鈴木達央様の濃いBLCDを探しています。
なるべく受けで皆さんのお進めをお教えてほしいです

閲覧数:
21,188
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sunanokagiさん

編集あり2010/5/709:31:21

鈴木達央さんのおすすめの【受け作品】を紹介します。
(おすすめな順です)

『センチメンタル・セクスアリス』(攻:安元洋貴さん)
わりと濃いかなと思います。
達央さん演じる主人公はとてもワガママなんですが、なぜか魅力的です。
安元さんの声もとても良いし、ほどよく切ない甘酸っぱいストーリーが素敵です。かなりおすすめです。

『Rush!』(攻:羽多野渉さん)
BLというより、コメディです。達央さんの演じるヤンキー少年がこれまた魅力的です。
絡みはあまりありませんが、非常に面白いので聴いて損はないです。
何度聴いても、羽多野さんの兄役の三宅健太さんには笑わされます。

『手を伸ばして目を閉じないで』(攻:前野智昭さん)
これも絡みは少ない方ですが、切ないストーリーに思わず引き込まれます。
達央さんの迫真の演技が聴けます。

『美しいこと』『愛しいこと』(攻:杉田智和さん)
2枚組・計4枚というボリュームのわりには絡みはほとんどありません。
でも、ストーリーはとても良いです。
ただあまりの報われなさに、途中ツライやら切ないやらで軽くへこみますが、最後まで聴くと感動します。

『ネーム・オブ・ラブ』(攻:小野大輔さん)
そこそこ濃い作品だと思います。
達央さんの声のトーンも自然で聴きやすく、小野さんの声も非常に素敵です。
キャストがいいだけに、ストーリーにもう少し工夫があれば…というのが残念な点です。

『秘密のゴミ箱で恋をして』(攻:成田剣さん)
濃さはフツーぐらいの作品だと思います。
可愛らしい達央さんの演技が新鮮でした。成田さんの声も色気があって良いです。
ただストーリーがダラダラしている印象がありました。


ついでに達央さんの【攻め作品】も…

『個人教授』(受:平川大輔さん)
濃さでいうとダントツです。
絡みシーンが多いわりには心理描写もきちんとしているので、おすすめです。

『恋の心に黒い羽』(受:柿原徹也さん)
オムニバスなので、いろんな作品が聴きたい人にはおすすめです。
テンションの高い達央さんの演技が個人的に好きです。
全体的にコメディよりなので絡みは少なめです。

『薔薇の瞳は爆弾』(受:遊佐浩二さん)
オムニバス作品で、いろんな達央さんが聴けるのでお得感のあるCDです。
ひとつひとつの話がもう少し長かったらなーというのが正直な感想です。
絡みシーンは少ないです。

『アンバランスな熱』(受:羽多野渉さん)
最初の方に濃いめの絡みシーンがあります。
強引な達央さんが聴きたければ、ぜひ。
ただストーリーは心理描写が雑でつまらなく感じます。


長くなりましたが、ご参考になりましたら幸いです。
あくまで一個人の感想に過ぎませんので、あしからず。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

i_sangunさん

編集あり2010/5/223:21:13

こんにちは。
友だちが聴けというので色々聴いてきましたw

私が、『あ、これ……濃い?』
と感じた作品は

「秘密のゴミ箱で恋をして」 鈴木達央×成田剣
「透過性恋愛装置」 鈴木達央×安元洋貴
「アンバランスな熱」 羽多野渉×鈴木達央

……などが印象に残っています。
あんまり数を聴いたことがないので
これくらいしか思い当たりませんww
濃いかどうかも危ういですww


「秘密のゴミ箱で恋をして」(たっつん受け)は
佐藤悠人(たっつん)がハウスキーパーとして秋原修一郎(ナリケンw)の所に
仕事で行くとゆう出だし?です。
たっつん演じる佐藤は言いたいコトをすぐに口にしてしまう男の子で
しょっちゅう契約を切られてきました。
秋原との契約は絶対に切られないように必死に努力してますw
秋原は佐藤を好きになり、どうにかものにしようと……ww

「透過恋愛装置」(たっつん受け)は
北嶋秀司(たっつん)は生意気な建築士で、あるコンペで
牧田和巳(あんげん)と出会います。
牧田ⓢの人間性に触れて、北嶋は恋に落ちてしまいます。
北嶋、本気の恋ですw
北嶋は恋をして性格がガラッっと変ってしまいますw
もう乙女ですww頑張ってアピる姿がかわいいw

「アンバランスな熱」(たっつん攻め:受けでなくすみませんorz)は
まず……えろいですねw
加賀谷竜(わちゃ)の無愛想なクラスメイト、鳴瀬義人(とりさん)に惹かれていました。
義人と家に行くことになり、そこで出迎えたのは義人の弟、鳴瀬真也(たっつん)。
真也は義人とは正反対のやつで、懐かれるw。
そんな加賀がある日、義人の家に行ったが義人は留守。
真也は居たので、あがって待つことに?(記憶があいまいで……
色々あり真也は狂変。←
真也は無理やり加賀を抱いてしまいます。そこへ義人が来てその場面を見られてしまいます。



……といった感じ?の作品たちです。
作品紹介のページの少し参照にしながら説明を書きましたw←
何かゴチャ×②してて分かりにくく、すみませんorz

あ、アンバランスな熱は、正直人間の感情の変化がイマイチで
話の流れがよくわかりませんでした。
でも、濃いのが……とゆうのであればそれはそれで良いかと思います。

少しでも参考にしてくれたら嬉しいです。

長文失礼しました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する